知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

地震大国として知られる日本。地震の多い地に併せて建築分野でもその対策が進化していますが、地震対策において耐震、制震、免震という三つの技術が用いられているのはご存知でしょうか。ここではそれぞれの特徴とメリット、デメリットを理解して、適切な地震対策をできるようにしましょう。

耐震のメリットとデメリットとは

耐震とは古くから用いられてきた地震対策のための建築技術であり、建物自体の強度を高めることによって振動により壊れるリスクを下げる方法です。壁や柱などの構造部分の素材に丈夫なものを用たり、補強材を追加することで頑強な建物にするものです。耐震は地面に密着している1階では揺れが小さめになりますが 、上層階になるにつれて揺れが大きくなるので、平屋などの高さがあまりない建物に向いている技術です。

耐震性が十分にあると家屋の強度が高くなるため、地震があった時に建物自体が壊れずにそのままの形で残りやすいというメリットがあります。一方で内部に伝わる振動が大きくなるため、家具の転倒や窓ガラスなどが割れるリスクが高いのがデメリットです。また、繰り返し振動を受けることによって徐々に壁や柱などに損傷が生じてしまい、耐震性が低下していくことは否めません。そのため、定期的に耐震性の診断を受け、必要に応じて補強を行って十分な強度の維持をするのが必須です。なお、耐震工事は建築済みの建物にも比較的行いやすいため、後から地震対策を徹底したい時の選択肢として優れています。現在日本でもっとも普及しているのがこの耐震工法を用いた建築です。

制震のメリットとデメリットとは

制震とは建物の内部に工夫をすることで、地震の揺れを吸収できるようにする建築技術です。一般的には振動軽減装置の一種であるダンパーを組み込むか、重りを追加することで振動を軽減できるようにします。技術の違いによって得られる制震効果には大きな違いがあるため、建物の種類と構造、形状に応じて適切な部分に最適な装置を組み込むことが必須です。超高層のオフィスやマンションなどで多く取り入れられている手法です。

制震は繰り返しの揺れにも強いため、長期的にメンテナンスの必要がないのがメリットであり、装置の導入費用についても他の方法に比べると低い傾向があります。また、風などの揺れにも強いのが特徴です。一方で、次に説明する免震と比較すると揺れが大きくなるため、家具の転倒や窓ガラスの破損などのリスクが高いのがデメリットです。また、制震の技術を生かすためには建物の素材や構造に柔軟性が必要になるため、鉄筋コンクリート造では免震のほうが向いています。

免震のメリットとデメリットとは

免震とは建物と基礎の間に免震装置を設置することで、地震による振動を建物に伝わりにくくする技術です。具体的にはゴムと鉄板を交互に重ねた「積層ゴム」のような免震装置が入ることで、横揺れの振動が建物に直接伝わりにくくなり、揺れもゆっくりしたものに変化します。

建物が受ける損傷も少なくて済み、内部の揺れも最小限に食い止められるため、家具の転倒やガラスの破損などのリスクも低いのがメリットです。耐震や制震と併用して地震対策をすることができるのも特徴です。一方、免震構造は横揺れを軽減できるようになっているものの、縦揺れに対してはあまり強くありません。また、導入費用も他の方法と比べると高価なうえ、定期的な点検も必要になってくるので、維持コストが多くかかる点がデメリット。建物と基礎の間に設置する必要があるため、建築する時点で組み込まなければならず、後から追加的に施すにはさらに費用がかかります。

耐震、制震、免震にはそれぞれ異なるメリットとデメリットがあるため、どれが最も優れていると一概に言うことはできません。安全性の高さで免震がよく注目されるようになりましたが、コストパフォーマンスで考えると他の技術を選んだ方が良い場合もあります。地震対策をする時には一つの技術だけにこだわる必要はないので、自宅でどの技術が用いられているのかをまずは確認して、他の技術も併用することを考えてみるのも大切です。それぞれの技術も年々向上してきているため、同じ種類の技術を選び、最新のものに切り替えるのも効果的な対策になります。まずは、安心して暮らせる住まいを維持するために住宅検査を受けて、十分な対策ができているか確認してみてはいかがでしょうか。

耐震のおすすめ記事

  • 中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古戸建住宅の購入にあたってのポイントは 新築住宅に比べて物件数が多く価格帯の幅も広い中古住宅。 新築よりもリーズナブルな価格の中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションをと考える人も多いのではないでしょうか。特に、戸…

  • 在来工法とツーバイフォー、工法に合ったリフォームを

    在来工法とツーバイフォー、工法に合ったリフォームを

      工法によって、リフォームの仕方が変わる? 近年、年数を経た家を建て替えるのではなくリフォームをして暮らしやすさや価値を向上させるケースが多くなっています。また、地震や台風などの災害対策としてのリフォームを考…

  • 「地震に強い家」とはどんな家? 地震に強い家と弱い家の違い

    「地震に強い家」とはどんな家? 地震に強い家と弱い家の違い

    揺れを感じない小さな地震も含めると、日本では相当な回数の地震が起こっています。そんな日本で暮らしている以上、自宅が地震に弱い家か、それとも地震に強い家なのかは気になるところですね。そこで、ここでは地震に弱い家、強い家それ…

  • 在来工法の家づくりって、どんなもの?

    在来工法の家づくりって、どんなもの?

    日本で最も多い家づくりの工法 住宅を建てるにはいろんな構法がありますが、日本で最も多く用いられているのが木造軸組構法です。在来工法とも呼ばれ、木材が豊かなこの国に古くから伝わってきた家づくりの方法です。木の柱や梁(はり)…

  • 大震災に耐えた国宝のお寺 現代の在来工法にも通じる耐震対策とは

    大震災に耐えた国宝のお寺 現代の在来工法にも通じる耐震対策とは

      江戸時代以前の耐震対策とは 日本が世界でも有数の地震大国であるのは誰しもが認めるところです。そのため、日本の住宅耐震技術は非常にすぐれたものとなっています。特に1923(大正12)年の関東大震災以降、耐震研…

  • 「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    わが家の耐震性を再確認 1981年に新耐震基準が施行されましたが、それ以前に建てられた木造住宅と以降のものでは、耐震性に大きな違いがあります。全国の多くの自治体では、新耐震基準以前に建てられた木造住宅などを対象に耐震診断…

  • 耐震性にも優れる美しいデザインの家

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    家の耐震性は外観デザインと関係する? 地震をはじめとする自然災害の多い国、日本での住まい作りでは、耐震性や耐久性がとても大切になります。とはいえ、住宅に求められるのは性能だけではありません。せっかくのマイホームですから、…

  • 古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

  • 地震に強い家の条件とは

    地震に強い家の条件とは

    家に求められる耐震性能は? この国で住まいについて考えるとき、避けて通れないのが地震対策です。ここ数年でも、記憶に新しい大きな地震がありました。これから家を建てたり、購入するのなら、しっかりと耐震性能を見きわめたいもので…

その他のおすすめ記事

  • 耐震

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古戸建住宅の購入にあたってのポイントは 新築住宅に比べて物件数が多く価格帯の幅も広い中古住宅。 新築よりもリーズナブルな価格の中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションをと考える人も多いのではないでしょうか。特に、戸…

  • ライフスタイル

    湿気やカビに悩まされない収納づくりのポイント

    湿気やカビに悩まされない収納づくりのポイント

    収納にはしっかりと湿気対策を 高温多湿の日本で快適な住まいをつくるには、湿気対策が重要になります。それは、居室だけではなく、収納についてもいえることです。家の中には、ふだんあまり開け閉めすることがない収納スペースもあるか…

  • リフォーム

    リフォームやリノベーションの前に考えよう 使いやすいキッチンの条件とは

    リフォームやリノベーションの前に考えよう 使いやすいキッチンの条件とは

    使いやすいキッチンって、どんなもの? キッチンは家の中でも特にモノが多く、長い時間家事をする場所ですから、効率のよい空間であってほしいもの。リフォームやリノベーションをすることになった場合も、何かと要望が多くなる場所です…

  • メンテナンス

    外壁にコケが生えてしまう原因は? コケが生えてしまったときの対処法

    外壁にコケが生えてしまう原因は? コケが生えてしまったときの対処法

    コケは観賞用に育てる分には良いものですが、マイホームの外壁に意図せずに生えてしまったものは非常に迷惑です。コケは見た目が悪いだけでなく、実は家や人にも悪影響を与える恐れがあります。コケに気づいたら、早めに正しく対処してお…

  • メンテナンス

    外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

    外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

    外壁の塗装メンテナンスが必要な理由 ご自宅の外壁が色あせてきたり、汚れが目立ってきたりすれば、それは塗替えメンテナンスが必要なサインかもしれません。外壁は、屋根とともに住まいを雨風や直射日光から守ってくれる大切な部分。外…

  • メンテナンス

    外壁塗装で重要! 外壁の下塗り材の種類と特徴

    外壁塗装で重要! 外壁の下塗り材の種類と特徴

    外装塗装では、耐久性や仕上がりの美しさを求めるために、下塗り・中塗り・上塗りと複数の工程が実施されます。どの工程も大切なのですが、基本となる下塗りは後の作業や仕上がりに大きく影響する重要な作業です。下塗りの持つ意味や、用…

  • 屋根材

    屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    和風建築と洋風建築、どちらの住宅にもなじむ形状と高いデザイン性が多くの方に評価され、今や日本で普及率No.1と言われているのが「スレート屋根」です。陶器の瓦とも金属とも違うスレートとは、一体どのような素材なのでしょうか?…

  • 耐震

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    今、あなたが住んでいる木造住宅は大きな地震が来たとしても倒壊や大破することなく、十分に耐えられる構造や性能を備えているでしょうか? もしも地震対策や耐震性について不安があるのなら、すぐにでも手を打っておくべきです。地震に…

  • 屋根材

    屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

    屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

    ハイグレードな塗装鋼板とは 近年、住宅の外壁や屋根といった外装の材料として普及が進むガルバリウム鋼板をご存知でしょうか? 鋼板でありながら、サビに強く高い耐久性があり、金属特有の軽さから耐震性にもすぐれた建材です。このよ…

  • リフォーム

    リフォームが必要?知っておきたい屋根・外壁のお手入れ

    リフォームが必要?知っておきたい屋根・外壁のお手入れ

    家の状態を長く良好に保つためにできること 新築から数年経ったわが家の屋根や外壁が汚れてきたら、どうすればいいのでしょう。外にさらされている部分だから、多少の汚れは仕方ないでしょうか。 いいえ、その汚れは屋根や外壁リフォー…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ