外国人も興味津々、神社の屋根デザインあれこれ

屋根を見れば建てられた時代がわかる

このところ、伊勢神宮の式年遷宮と出雲大社(写真)の大遷宮が重なり、京都では下鴨神社、上賀茂神社の遷宮が続きました。その話題はテレビやネットなどでも取り上げられ、日本国内はもちろん、外国でも日本の神社に興味を持つ人が増えています。

遷宮とは、神社の本殿を造営または修理して新しくし、以前とは異なる本殿にご神体を移すことをいいます。そして、この遷宮を定期的に行うことが式年遷宮で、通常は祭礼をともないます。
遷宮のニュースでは、神社の建築がクローズアップされ、その独特な様式に注目した方も少なくないでしょう。とりわけ、神社建築で特徴的なのが屋根です。神社の本殿の屋根のデザインを見れば、その建築様式や建立されたおおよその時代がわかるといわれています。

当然ながら、日本には数多くの神社があります。神社によって建築様式が少しずつ違っていても、共通する独特のルールがあり、そうしたルールも屋根に表われています。

最も古い神社の屋根は

神社は日本特有の宗教である神道において、神様や先祖をお祀りするための施設です。そうした神社の建築様式は、仏教伝来の前後で大きく変わり、その変化は屋根を見ればわかります。
神様をお祀りする本殿を持つ神社の最も古い建築様式は住吉造、大社造、神明造の3つで、それぞれの様式を代表する神社は次の通りです。

・住吉造:住吉大社(大阪市)
・大社造:出雲大社(島根県)
・神明造:伊勢神宮(三重県) ※「伊勢神宮」は通称で正式名称は「神宮」

この3つの神社は6世紀初頭の仏教伝来以前からの歴史があり、屋根には共通する特徴があります。
これらの神社の屋根はどれも棟から軒にかけて反りのない直線的な形をした切妻造(きりづまづくり)と呼ばれるもの。
屋根材は住吉大社と出雲大社は桧皮(ひわだ)葺き、伊勢神宮は茅葺きで、瓦を使っていません。さらに、共通して、屋根の上には千木(ちぎ)と堅魚木(かつおぎ)という飾りがついています。千木は屋根の両端に設置された交差した2本の板木、堅魚木は屋根の棟に水平に置かれた丸太状の木です。
この千木と堅魚木は神社らしさを象徴する装飾で、これ以降から現代にかけての神社にもよく見られます。

仏教伝来で屋根のデザインが変わる

仏教が日本に伝わると、神社の建築は寺院建築の影響を受け、屋根のデザインも変わっていきます。直線的だった形状がお寺の屋根のように軒先にかけ反りのあるデザインになっていきました。

この時代に生まれたのが、京都の上賀茂神社に代表される流造(ながれづくり)と呼ばれる様式です。軒先に向けて反った本殿の屋根のひさしを長く伸ばし、その下に、以前にはなかった向拝(こうはい)という拝礼のための場所が設けられるようになりました。

江戸時代の神社に金属屋根?

これよりさらに時代を下ると、元々は別の建物だった礼拝のための拝殿と本殿を一体化させた権現造(ごんげんづくり)などが登場します。その代表格が日光東照宮(栃木県)で、たくさんの棟がつらなる大きく複雑な屋根を持つ形式から八棟造(やつむねづくり)とも呼ばれています。
日光東照宮の現在の主な社殿群は1636年の創建ですが、当時、屋根には桧皮と銅瓦が使われていました。江戸時代に金属屋根があったとは驚きですね。

全国の神社の屋根を見ていくと、伝統的な建築様式が守られている一方で、時代に合わせた変化がわかります。現代では、神社の屋根には銅等の金属がよく使われています。また軽くて耐震性があり耐久性が高いことから、金属屋根は神社仏閣にも需要があるようです。いまの時代に合った屋根材といえますね。
このように屋根のつくりは様々で素材にも多くの種類があります。住まいを守る「屋根」について思いを巡らせるのも楽しいかもしれませんね。

▼屋根材の種類についてご興味のある方はここをクリックしてください。
「いろいろあります。住まいを守る「屋根」の素材。」
http://roofstyle.niscs.nipponsteel.com/article/20160307h.htm

ライフスタイルのおすすめ記事

  • スタイリッシュな住宅の外観作りのために

    スタイリッシュな住宅の外観作りのために

    外観イメージを決めるものとは 住宅の外観イメージは住まいの「顔」ともいえる大切なもの。家を新築したり、外装のリフォームをすることになったら、景観にほどよくマッチし、住む人はもちろん訪れる人にも好印象を与える外観にしたいで…

  • 在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    ライフスタイルは変わるものだから 家は長年にわたって暮らすもの。家を建てることになったら、いつまでも家族みんなが快適で暮らしやすい住まいにしたいものです。とはいえ、年月が経つうち、住む人のライフスタイルは変わっていきます…

  • 床から音が……床がきしむ原因と対策

    床から音が……床がきしむ原因と対策

    床がきしむ音は、音量自体は小さなものかもしれませんが、一度聞いてしまうとその後もずっと気になってしまうものです。家が古いから、木材だからといった理由だけでなく、新築でも起こりうるのはご存知ですか?床がきしむ原因は意外なこ…

  • 今どきのおしゃれな家に和室は不要?それとも必要?

    今どきのおしゃれな家に和室は不要?それとも必要?

    和室があれば、何かと便利? ライフスタイルの欧米化にともない、現代は和室のない家が増えています。これから家を建てるなら、欧米風のモダンな家にしたいと思う人も多いでしょう。そんなおしゃれな家には和室は不要かもしれません。 …

  • ペットとともに暮らすためのリフォームとは

    ペットとともに暮らすためのリフォームとは

    室内で暮らすペットが増えている? 現代の日本では、少子化の一方、犬や猫を飼うご家庭が多くなりました。特に犬を飼っている世帯のうち、室内で飼うことが多い小型犬の割合が1995年の26%から2014年には63%ととても高くな…

  • 天然の木材を使った家のナチュラルな内装づくり

    天然の木材を使った家のナチュラルな内装づくり

    心地よく飽きのこない内装づくりなら 家は長年にわたって暮らすものなので、その内側は心地よく飽きのこないデザインにしたいものです。また、数年前にはシックハウス症候群が問題になったことからも、天然木などの自然素材を活かしたナ…

  • ガルバリウム鋼板で作る高機能でスタイリッシュな家

    ガルバリウム鋼板で作る高機能でスタイリッシュな家

    ガルバリウム鋼板の次世代建材 家を建てることになったら、安全で快適な住まいにするために気にしたいことがたくさんあります。耐震性など災害に強いことはもちろん、断熱性や湿気対策も大切です。そして、内外装ともデザインにこだわり…

  • 照明に工夫しておしゃれな家づくり

    照明に工夫しておしゃれな家づくり

    おしゃれな家づくりのコツは照明にあり? 自宅を新築したりリフォームする際には、おしゃれな家にしたいですね。それには、内外装のデザインにこだわる、家具や生活雑貨のテイストを揃えるなど、いくつかのコツがありますが、照明の使い…

  • ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

    ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

    外装材選びのポイントは? 建物の屋根と外壁はあわせて外装と呼ばれます。屋根の葺き替えや外壁の張り替えなど、外装の大規模なリフォームが必要になったら、また家を建てることになったら、どのような外装材を選べばいいのでしょう? …

  • 屋根の人気色 、色彩相談室!

    屋根の人気色 、色彩相談室!

    屋根の色にも流行がある? うららかで過ごしやすくなりました。梅雨に向かう前の春は四季の中でも屋根の塗替えに適した季節です。これから街中の緑も生い茂ってきますから、周辺環境と合わせて家のカラーリングを考えるのもいいかもしれ…

その他のおすすめ記事

  • 屋根

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の塗替えをする理由は? 日本の夏といえば、台風がつきもの。台風をはじめとする自然災害が多い日本の住宅においては、屋根メンテナンスをきちんとすることが家の寿命を伸ばす秘訣になります。屋根はつねに紫外線や風雨に直接さらさ…

  • 屋根

    軒の出幅や屋根勾配ってなに? 新築の屋根工事で大切なこと

    軒の出幅や屋根勾配ってなに? 新築の屋根工事で大切なこと

    屋根は家づくりの重要ポイント 屋根は、住まいを直射日光や雨風から守ってくれる大切な部分です。屋根をどう作るかで、住宅の性能や外観のイメージにも大きく関係します。このように家づくりにおいて屋根は重要なポイントといえますが、…

  • 屋根

    屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    外観イメージを左右する屋根の色 屋根の塗替えリフォームをすることになったら、どのように色を選べばいいのでしょう? 屋根は外壁とともに、住宅の外観イメージを構成する主要な部分。屋根の色選びによって、家の見た目は大きく変わり…

  • ライフスタイル

    外国風の住宅にするコツ

    外国風の住宅にするコツ

    外国風の住まい作りのポイントは日本との違い 海外の映画やドラマに出てくるインテリアにあこがれる人は少なくないと思います。自宅をリフォームすることになったら、外国風のおしゃれな住まいにしたいと思う人もいることでしょう。その…

  • メンテナンス

    住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるために大切なこと 春の花が咲き、過ごしやすい季節になりました。比較的気候が穏やかに安定しているこの時期に、ご自宅のお手入れについて考えてみてはいかがでしょう。いつまでも快適に暮らすために、マイホームは…

  • メンテナンス

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    かつての主流だった和風住宅から、洋風住宅へ。日本の建築様式の移り変わりと共に高い需要が続いている 屋根材が「スレート屋根」です。薄くて軽い板状の素材「スレート」を使用したスレート屋根の寿命は約20年~25年と言われていま…

  • 屋根

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    住宅の外観デザインのポイントは これから家を建てることになったら、家の中も外も思い通りのデザインにしたいですね。このごろは、立地環境やライフスタイルにあわせて、住宅の外観にこだわる人が増えています。道行く人が感心するよう…

  • ライフスタイル

    メルヘンの国の世界遺産と秘境に見る 美しい屋根と外壁の色合い

    メルヘンの国の世界遺産と秘境に見る 美しい屋根と外壁の色合い

    屋根と外壁の色はどう決める? 住宅の外観を形づくる屋根と外壁。どのようなカラーリングにするかで、大きく印象が異なります。屋根と外壁の色合いは家の個性を左右するものといえますが、住む人のこだわりを反映させる一方で、景観との…

  • ライフスタイル

    景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    美しい街並を作り出すものとは ぬけるような青い空に映えるオレンジ色の屋根と白い壁の家並、??そんな南欧の街並にあこがれる人は少なくないでしょう。地中海の青い空と美しいコントラストを作り出している屋根はテラコッタと呼ばれる…

  • 屋根材

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根のデザインと屋根材選び 住まいを守る上で屋根はとても重要なものであり、さらには住宅の外装の大部分を占めることから、外観イメージにも大きく影響します。したがって、家を建てるときに、どのような屋根にするかは大きな問題です…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ