今どきのおしゃれな家に和室は不要?それとも必要?

和室があれば、何かと便利?

ライフスタイルの欧米化にともない、現代は和室のない家が増えています。これから家を建てるなら、欧米風のモダンな家にしたいと思う人も多いでしょう。そんなおしゃれな家には和室は不要かもしれません。

とはいえ、あれば何かと役に立つのが和室です。和室の大きな特徴は畳敷きの床ですが、畳には程よいクッション性や防音性があります。乳幼児期のお子さんがいる、またはこれから生まれる予定のお宅なら、添い寝をしたり、はいはいやよちよち歩きさせたりするのにちょうど良いのではないでしょうか。また、畳敷きの和室の方がくつろげるという年配の人も多いでしょう。さらに、来客に泊まってもらうときなど、和室はフレキシブルに使える空間です。

そこで、現代の住まいにあった和室づくりについてお伝えします。

置き畳で手軽に和室コーナーを

お子さんが小さい間は和室があれば便利だけど、成長した後は洋室にしたいといったケースもあるでしょう。通常の和室は畳床(たたみどこ)を作り、畳を敷き込みます。
そのため、和室から洋室にリフォームするには、畳を取り外した後の床面の高さを他の部屋に合わせる必要があるので、大がかりな工事となります。
将来のリフォームが手軽に済むようにしたい場合、おすすめなのが置き畳です。置き畳は、フローリングなどの床の上に文字通り置くだけ。ユニット畳やフロア畳とも呼ばれます。置き畳は畳屋さんにオーダーで作ってもらうこともできますが、近年は建材メーカーなどから既製品も販売されています。既製品のサイズは半畳(90センチ角)前後、裏面にすべり止めがついていて動かないようになっているタイプが一般的です。この置き畳をリビングルームの一角や子供部屋に敷けば、すぐに和室コーナーができあがります。不要なときは手軽に取り外せるので、ライフスタイルの変化にフレキシブルに対応できますね。

小上がりという選択肢も

畳の風合いは好きだけど、床座は足腰への負担になるという人も少なくないかと思います。そんな場合は、和室コーナーを椅子の座面くらいの高さの「小上がり」にするのはどうでしょう?
リビングの一角などに小上がりがあれば、腰掛けて洗濯物をたたむなど、ちょっとした家事をするのにも便利です。本来、床をあげて小上がりにするには大がかりな工事になりますが、最近では、畳とセットになった既成の小上がりユニットがあります。こちらは、半畳や1畳タイプのボックス型ユニットを組み合わせて設置するだけなので、プチリフォーム感覚で小上がりの和室ができ、ユニットの内部は収納として使えます。

「色」で今どきの和室づくり

このように意外と手軽にできる和室スペースですが、洋風デザインの住宅につくるにあたって気になるのが、カラーコーディネート。とはいっても、今では、あまり心配いりません。最近の畳表は従来のいぐさに加え、和紙、麻などがあり、特に和紙の置き畳はカラーバリエーションが豊富です。小上がりユニット用の畳もメーカーによっては色が選べます。

なので、例えば、子供部屋なら、明るめの色やパステルカラーにしたり、2色を組み合わせて市松模様にしたりすれば、ポップな和室ができあがります。また、リビングなどの1部を和室コーナーにする場合は、本来の床と同系色の畳にすれば落ち着いた雰囲気になります。床と違う系統色の畳にして、カーテンの色とあわせるようにすれば、部屋全体の統一感を保ちながら良いアクセントになるでしょう。

以上を参考に、今どきのおしゃれな家にマッチする和室づくりを楽しんでいただければと思います。

ライフスタイルのおすすめ記事

  • おしゃれな家づくりは窓辺から! 窓装飾の種類を知っておこう

    おしゃれな家づくりは窓辺から! 窓装飾の種類を知っておこう

    窓辺にこだわるおしゃれな家 外国風のおしゃれな家にあこがれても、日本の住宅事情ではスペースの広さや天井の高さなど外国とは大きく異なります。そのため、おしゃれな家づくりは難しいと考える人も多いかもしれません。しかし、壁や天…

  • 見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    収納で個性的な住まいを演出? ライフスタイルにこだわった個性的な住まいにしたいと思う人は少なくないでしょう。特に戸建住宅なら、外観から内装まで、まるごと思い通りの家づくりができます。わが家の個性を演出するなら、内・外装の…

  • とんがり屋根の異人館 風見鶏の大切な役割とは?

    とんがり屋根の異人館 風見鶏の大切な役割とは?

    神戸北野を代表する異人館 歴史ある異人館が建ち並び、多くの観光客が訪れる神戸市北野地区。その中でもひときわ有名で、この街を代表する建物が「風見鶏の館」の愛称で親しまれる旧トーマス邸です。なぜ、そう呼ばれているかは、その外…

  • あこがれの海辺の住まい作りを成功させるには

    あこがれの海辺の住まい作りを成功させるには

    海辺の家であこがれのライフスタイル 南の島の茅葺き屋根のリゾートホテルで海を見ながら過ごすひととき…自宅でそんな気分を味わえたら、と思ったことはありませんか?海の見える家にあこがれている方は少なくないかもしれません。 そ…

  • 在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    ライフスタイルは変わるものだから 家は長年にわたって暮らすもの。家を建てることになったら、いつまでも家族みんなが快適で暮らしやすい住まいにしたいものです。とはいえ、年月が経つうち、住む人のライフスタイルは変わっていきます…

  • 知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    茅葺き屋根は日本だけじゃない? この5月に開催予定の伊勢志摩サミットで注目される伊勢神宮。その本殿の屋根は急な勾配がついた特徴的な形をしています。これは、板の上に草で葺かれた茅葺屋根であるためです。茅葺きの「茅」とは、ス…

  • 屋根勾配がデザインのポイント? 歴史に残るおしゃれな屋根の家

    屋根勾配がデザインのポイント? 歴史に残るおしゃれな屋根の家

    おしゃれな家は屋根がポイント? 「おしゃれな家を建てたい!」と思ったら、何を参考にすればいいのでしょうか。まずは建築の歴史に残るおしゃれな住宅を見ることをおすすめします。とりわけ1920年代に成立したモダニズムと呼ばれる…

  • 屋根の人気色 、色彩相談室!

    屋根の人気色 、色彩相談室!

    屋根の色にも流行がある? うららかで過ごしやすくなりました。梅雨に向かう前の春は四季の中でも屋根の塗替えに適した季節です。これから街中の緑も生い茂ってきますから、周辺環境と合わせて家のカラーリングを考えるのもいいかもしれ…

  • ガルバリウム鋼板で作る高機能でスタイリッシュな家

    ガルバリウム鋼板で作る高機能でスタイリッシュな家

    ガルバリウム鋼板の次世代建材 家を建てることになったら、安全で快適な住まいにするために気にしたいことがたくさんあります。耐震性など災害に強いことはもちろん、断熱性や湿気対策も大切です。そして、内外装ともデザインにこだわり…

その他のおすすめ記事

  • 耐震

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    地震のとき、重い屋根は不安?それとも大丈夫? この数年間、日本列島では大きな地震が相次いでいます。わが家の耐震性はどうなのか気になっている戸建住宅のオーナーも多いのではないでしょうか。 木造住宅については、屋根が重いと地…

  • 屋根材

    いろいろあります。 住まいを守る「屋根」の素材と特徴

    いろいろあります。 住まいを守る「屋根」の素材と特徴

    屋根は、熱い日差しや冷たい雨風から私たちの住まいを守ってくれる大切な存在です。 もしもあなたが新築やリフォームを考えているのであれば、その素材にもこだわってみませんか? 屋根材にはさまざまな種類があり、それぞれに異なる見…

  • 耐震

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    家の耐震性は外観デザインと関係する? 地震をはじめとする自然災害の多い国、日本での住まい作りでは、耐震性や耐久性がとても大切になります。とはいえ、住宅に求められるのは性能だけではありません。せっかくのマイホームですから、…

  • メンテナンス

    現代の住宅の大敵、雨漏り・湿気はどう防ぐ?

    現代の住宅の大敵、雨漏り・湿気はどう防ぐ?

    雨漏りや湿気が家の大敵なのは、どうして? 梅雨の時期は、どうしても湿度が高くなります。 また、雨漏りも気になるもの。現代の住宅では、湿気や雨漏りは建物に大きなダメージを与える可能性がある大敵です。 その理由は、断熱と気密…

  • メンテナンス

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    どんなに小まめに掃除をしている家でも、年月が経過すれば劣化してしまうもの。特に、雨や風、雪や紫外線などから私たちの暮らしを守ってくれている“屋根”は大きなダメージを負うことになります。 ちょっとした色あせ程度であれば塗装…

  • 耐震

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    わが家の耐震性を再確認 1981年に新耐震基準が施行されましたが、それ以前に建てられた木造住宅と以降のものでは、耐震性に大きな違いがあります。全国の多くの自治体では、新耐震基準以前に建てられた木造住宅などを対象に耐震診断…

  • ライフスタイル

    見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    収納で個性的な住まいを演出? ライフスタイルにこだわった個性的な住まいにしたいと思う人は少なくないでしょう。特に戸建住宅なら、外観から内装まで、まるごと思い通りの家づくりができます。わが家の個性を演出するなら、内・外装の…

  • ライフスタイル

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールという考え方 家は快適に暮らすための場所であるのはもちろんですが、住む人のセンスやライフスタイルを表現できる場でもあります。おしゃれな家づくりをするなら、内装から外観までトータルにコーディネートしたいもので…

  • 耐震

    知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    地震大国として知られる日本。地震の多い地に併せて建築分野でもその対策が進化していますが、地震対策において耐震、制震、免震という三つの技術が用いられているのはご存知でしょうか。ここではそれぞれの特徴とメリット、デメリットを…

  • 屋根材

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根のデザインと屋根材選び 住まいを守る上で屋根はとても重要なものであり、さらには住宅の外装の大部分を占めることから、外観イメージにも大きく影響します。したがって、家を建てるときに、どのような屋根にするかは大きな問題です…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ