住居の増築リフォームを行うときの注意点

子どもが生まれる、親の介護のために同居する、など人生の過程において家庭環境は変化していきます。購入したマイホームの増築が必要になる可能性は誰にでもあるでしょう。ここでは、増築リフォームのメリットや注意点などについてご紹介していきます。増築を検討している方はぜひ参考にしてください。

増築リフォームとは?

リフォームという言葉には、大きく「増築」「改築」「改装」「修繕」「減築」の5つがあります。このうち、「増築」とは建物の「延べ床面積」を増やす場合を指します。
例えば、部屋の一方向の壁を破って庭に居住スペースを増やしたり、平屋建ての家屋を二階建てにするようなリフォームが増築にあたります。改築の場合は居住スペースの広さは変更せず、トイレや風呂の位置を変更したり、部屋の間取りを変更したりして機能性を高めるようなリフォームのことを指します。

増築リフォームをするメリット

家庭環境が変わる時には、増築以外に引っ越しや建て直しといった方法もありますが、それらと比較し、増築にはどんなメリットがあるのでしょうか。まず、引っ越しする場合は住み慣れた土地を離れて新しい住環境に移るため、子どもの学校や通勤時間などが変わることもありますが、増築ではそのリスクがありません。また、建て直しと比べた場合、建て直し期間中は仮住まいを用意しなくてはならないので、その手配の手間や、取り壊しの費用がプラスしてかかることになります。増築ならば現在の家屋に住んだまま、増築費用以外の出費を抑えられるメリットがあります。

増築リフォームをするにあたっての注意点


メリットの多い増築ですが、実は好き勝手にできるわけではありません。ここではその注意点をまとめました。

・建築基準法に抵触してしまう恐れがある
増築には建築基準法が適用されます。この建築基準法は増築部分だけでなく、既存の建物部分にも適用されますので、既存の建物と増築部分を合わせて、計画しているリフォームが適法かどうか確認する必要があります。特に注意しなければならないのが1981年以前の建物を増築する場合です。この年に『建築基準法施行令改正』が施行されて、耐震基準が新しくなっており、建物全てを改築しなければ耐震基準に抵触して違法となってしまう可能性があります。その場合ほとんど建て直しと変わりがありませんので、事前に既存の建物がいつ建造されたのかを必ず確認しましょう。

・10㎡を超える場合、確認申請が必要となる
自治体へ増築する旨を事前に申告することを、確認申請と呼びます。10㎡を超えるリフォームではこの確認申請が必要です(それ以外に都市計画区域/準都市計画区域、あるいは景観地区等の区域内の建物の場合など必要な場合があるので、必ず居住地域の役所でご確認ください)。申請には費用がかかります。リフォーム時にあわせて施工業者に相談すると良いでしょう。

・増築後雨漏りをしてしまう可能性ある
増築では既存の建物に新しい建物部分を取り付けるため、接合部分ができてしまいます。この接合部分から雨漏りをしたり、腐蝕する可能性があります。接合部分は徹底したコーキング処理と板金処理を行って対策をしますが、居住スペースを優先した設計の場合には雨漏りしてしまうこともあるので、リフォーム業者と相談しながら進めましょう。

増築リフォームではまず申請が必要な場合が多く、また増築部分によっては雨漏りなどの不具合が起こる可能性もあります。メリットも多い増築ですが、ご紹介した注意点を把握して計画的に臨みましょう。

リフォームのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • 屋根材

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    再注目される国立代々木競技場 2020年の2度目の東京オリンピック開催に向け、新国立競技場や選手村の建設が急ピッチで進んでいます。一方で、前回開催時の施設を今回も利用することが決まっています。そうした施設の中でも、特に有…

  • 耐震

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    今、あなたが住んでいる木造住宅は大きな地震が来たとしても倒壊や大破することなく、十分に耐えられる構造や性能を備えているでしょうか? もしも地震対策や耐震性について不安があるのなら、すぐにでも手を打っておくべきです。地震に…

  • 屋根

    屋根勾配って、どうやって決めるの?

    屋根勾配って、どうやって決めるの?

    屋根における重要な要素 屋根は住宅の外装の大きな面積を占める部分です。そのため、その形状や材質は家の外観イメージ並びに住宅の性能に大きく影響します。屋根には形状、軒の出幅といった要素がありますが、特に重要な要素が勾配(屋…

  • 屋根

    驚きの「屋根」活用術

    驚きの「屋根」活用術

    屋根を有効スペースとして考える ぽかぽかと暖かい陽気の日が増えました。気候の良い日には、アウトドアライフを楽しみたいですね。出かけることなく、自宅の庭で子供たちを思い切り遊ばせたり、ガーデニングやバーベキューなどができれ…

  • 屋根

    急な屋根勾配が美しい スタイリッシュな北欧スタイルの家

    急な屋根勾配が美しい スタイリッシュな北欧スタイルの家

    人気の北欧デザインって、どんなもの? 少し前から、日本では北欧デザインの家具や雑貨が人気です。北欧デザインとは、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドといった北欧諸国のデザインの総称で、世界的な評価も高く、家…

  • ライフスタイル

    海外インテリアに学ぶホテルライクな寝室づくり

    海外インテリアに学ぶホテルライクな寝室づくり

    寝室をお気に入りの空間に 住まいにおける寝室とは、どのような空間でしょう? 寝室は単に寝るだけの部屋と考えている人も多いかもしれません。しかし、本来は1日の疲れを取り、明日への活力を養うための大切な場所です。したがって、…

  • リフォーム

    ベランダリフォームで住まいのアクセントづくり

    ベランダリフォームで住まいのアクセントづくり

    「家の顔」づくりに大切なスペース 洗濯物やふとんを干したり、エアコンの室外機置き場として、また植木鉢を置いてガーデニング気分を楽しむなど、ベランダは日々の暮らしに欠かせないスペースです。戸建住宅のベランダを安全に維持して…

  • 耐震

    在来工法の家づくりって、どんなもの?

    在来工法の家づくりって、どんなもの?

    日本で最も多い家づくりの工法 住宅を建てるにはいろんな構法がありますが、日本で最も多く用いられているのが木造軸組構法です。在来工法とも呼ばれ、木材が豊かなこの国に古くから伝わってきた家づくりの方法です。木の柱や梁(はり)…

  • ライフスタイル

    窓まわりを工夫して外国の家のような部屋づくり

    窓まわりを工夫して外国の家のような部屋づくり

    外国風の部屋づくりは窓まわりから? 家を訪れた友人に「まるで、外国の家みたい!」といってもらえるような部屋づくりをしたいと思いませんか? とはいえ、映画や雑誌で見るような外国の家は日本と違い、広くて天井も高く、そのまま真…

  • ライフスタイル

    使いやすい間取りでおしゃれな家に

    使いやすい間取りでおしゃれな家に

    おしゃれな家にするには間取りも重要? 家を新築したりリノベーションすることになったら、訪れた人がほめてくれるようなおしゃれな家にしたいですね。内外装のデザインはもちろん、壁紙や床材なども気になりますが、おしゃれな家づくり…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ