あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

歴史あるフシギなお寺

東京の中でも、とりわけ江戸情緒が残る街・築地。
その象徴ともいえる、にぎやかな場外市場から1本の通りをへだてた場所にそのお寺はあります。江戸時代から続く歴史と由緒ある寺院ながら、一歩その境内に踏み入ると、「えっ、ここは日本…?」と思わせるようなエキゾチックで荘厳な建物が目に入ります。その姿は、まるで古代インドの宮殿や寺院のよう。

それが、地元の人たちから「本願寺さん」と呼ばれ、親しまれている築地本願寺です。

ここで、このお寺の歴史について少し触れておきましょう。築地本願寺は江戸時代初期にあたる1617(元和3)年、もともとは築地ではなく浅草に創建されましたが、1657年(明暦3)年のいわゆる「明暦の大火」により、坊舎を焼失してしまいます。再建が望まれたものの、幕府の区画整理により代替地とされたのは、なんと八丁堀付近の海上でした。

海の上にお寺を建てるのはいまでも大変なことですが、八丁堀近くの佃島地域の門徒たちが中心となって、埋立地を造成し、1679(延宝7)年に本堂が再建されます。また、海を埋めて土地を築いたことから、「築地」の地名の由来となりました。

特徴的なドーム屋根の屋根材は?

それから240年あまり後の1923(大正12)年、このお寺に、またも災難が降りかかります。関東大震災による火災で再び本堂を焼失してしまったのです。この後、1934(昭和9)年に再建されたものが現在の築地本願寺本堂です。

日本の仏教寺院としてはとても個性的なデザインですが、誰がこのような建物を設計したのでしょう?それは、当時の東京帝国大学名誉教授であり、建築史家であった伊東忠太博士です。伊東博士は世界の建築史に造詣が深く、築地本願寺の再建にあたり、仏教のルーツである古代インド様式を取り入れました。

特にこの建物のエキゾチックな個性を引き立てているのが、極端な急勾配がついたカマボコ型のドーム屋根です。この屋根は銅板を屋根材として作られたものですが、薄く伸ばすことができ、フレキシブルに加工できる金属の特性を活かしたデザインといえます。

このような意匠が特徴的な築地本願寺ですが、その構造はコンクリートが主体で、付帯設備にも当時の最新技術が取り入れられています。デザイン性とともに建築工学的にも貴重な建造物であり、2014年に国の重要文化財に指定されました。

京都にもあった個性的な銅屋根

エキゾチックな銅屋根を持つお寺の建物は京都にもあります。西本願寺の研修施設である「西本願寺伝道院」です。築地本願寺の再建に先立つ1912年、こちらも伊東忠太の設計により竣工しました。イギリス風のレンガ造りの建物に、玉ねぎ形のイスラム風のドーム屋根が配され、不思議ながらも美しく調和しています。そして、このドーム屋根も銅でできているのです。

世界の建築美を組み合わせることで、日本の建築様式を追求したといわれるこの建物も大規模修復工事を経て、2014年、国の重要文化財に指定されています。

自由度の高い屋根づくりなら

銅は、古くは江戸時代から神社仏閣の屋根材として使われてきました。日本の伝統建築に最もなじみ深い金属の屋根材といえます。明治以降、建築のための金属加工技術が飛躍的に発達し、和洋のスタイルを問わず、歴史に残る革新的で自由な造形も可能となりました。

銅は高価な屋根材ですが、現代では、ガルバリウム鋼板など一般住宅にも使えるリーズナブルで加工性の高い金属の屋根材が登場しています。自由度の高い家づくりに金属屋根はおすすめの屋根材です。

屋根材のおすすめ記事

  • 今も国宝を守る日本最古の瓦屋根とは

    今も国宝を守る日本最古の瓦屋根とは

    瓦屋根はいつからあるの? 昔からこの国で住宅に最も多く使われてきた屋根材といえば、瓦ではないでしょうか。銅やガルバリウム鋼板でできた金属瓦、最近は樹脂製の瓦などもありますが、本来、瓦とは粘土を成形し焼いたものを指します。…

  • 日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    日本の住宅では昔から、屋根瓦を取り付けたタイプが主流となってきました。ひとくちに屋根瓦といってもいくつか種類があり、昔ながらの日本瓦の他に「セメント瓦」と言われる商品があります。ぱっと見たところの大きな違いはありませんが…

  • 塩害を防ぎたい! 海風に強い屋根・外壁材の選び方

    塩害を防ぎたい! 海風に強い屋根・外壁材の選び方

    まだ劣化するほど古くないのに、屋根の金属部分がサビたり、外壁の塗装が剥げたり。 海沿いの地域でよく見られるこの「塩害」は、海水の蒸発によって空気に混じった塩分が海風に運ばれ、建物や自動車に付着することで起こります。 海の…

  • 保険を適応できる場合もあり!瓦のひび割れの原因と修理費用の目安

    保険を適応できる場合もあり!瓦のひび割れの原因と修理費用の目安

    屋根の瓦にひび、割れが見つかったときは、早めの修理を心がけるべきです。放置していれば雨漏りや、ひどい場合は屋根の崩落などの危険性にもさらされます。瓦を修理するには業者に依頼するのが最善の策ですが、今回は自分で修理する方法…

  • アルベロベッロと白川郷 異なる屋根材のとんがり屋根の意外な関係

    アルベロベッロと白川郷 異なる屋根材のとんがり屋根の意外な関係

    イタリアのユニークなとんがり屋根 世界には、いろいろな変わった屋根があり、ユニークで美しい屋根が世界遺産となる景観をつくり出している場所があります。そんな場所の1つ、イタリア南部のアルベロベッロという村をご存知ですか? …

  • 切妻屋根とドームを持つ図書館「中之島図書館」 その屋根材は?

    切妻屋根とドームを持つ図書館「中之島図書館」 その屋根材は?

      築100年を超えて現役の図書館 日本に西洋の建築技術が入ってきたのは、江戸時代末期の19世紀後半ごろ。明治時代以降には、国内外の建築家たちにより歴史に残る西洋風の名建築が数多く建てられるようになりました。そ…

  • 世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の優れた屋根材とは この4月から電力の全面自由化がスタートします。自由化によって事業者間で競争になれば、電気料金は安くなると思いがちですが、そうとは限りません。発電用の燃料費の変動が電気料金に大きく影響するよう…

  • わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

    わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

    いま、人気の屋根材とは 家を建てたり、屋根を葺き替えたりすることになったら、どのような屋根材を選べばいいのでしょう? 一般的な住宅用として、広く普及している屋根材のスレート。また、近年、耐震性が高く丈夫なことから人気上昇…

  • ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    金属瓦は現代の屋根材? 日本建築の屋根といえば、いぶし銀といわれる黒っぽいグレーの瓦屋根を思い浮かべる方も多いでしょう。一方で、最近は、和風の住宅の屋根にガルバリウム鋼板の金属瓦を使うケースが見られます。 ガルバリウム鋼…

その他のおすすめ記事

  • メンテナンス

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    持ち家の価値を維持するために 建築の専門家が住宅の状態を検査するサービス「ホームインスペクション(住宅診断)」が広がりつつあります。中古住宅市場の活性化を目指し、国交省もホームインスペクションを普及させる方針です。これか…

  • ライフスタイル

    景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    美しい街並を作り出すものとは ぬけるような青い空に映えるオレンジ色の屋根と白い壁の家並、??そんな南欧の街並にあこがれる人は少なくないでしょう。地中海の青い空と美しいコントラストを作り出している屋根はテラコッタと呼ばれる…

  • 耐震

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    家の耐震性は外観デザインと関係する? 地震をはじめとする自然災害の多い国、日本での住まい作りでは、耐震性や耐久性がとても大切になります。とはいえ、住宅に求められるのは性能だけではありません。せっかくのマイホームですから、…

  • ライフスタイル

    あこがれの海辺の住まい作りを成功させるには

    あこがれの海辺の住まい作りを成功させるには

    海辺の家であこがれのライフスタイル 南の島の茅葺き屋根のリゾートホテルで海を見ながら過ごすひととき…自宅でそんな気分を味わえたら、と思ったことはありませんか?海の見える家にあこがれている方は少なくないかもしれません。 そ…

  • メンテナンス

    現代の住宅の大敵、雨漏り・湿気はどう防ぐ?

    現代の住宅の大敵、雨漏り・湿気はどう防ぐ?

    雨漏りや湿気が家の大敵なのは、どうして? 梅雨の時期は、どうしても湿度が高くなります。 また、雨漏りも気になるもの。現代の住宅では、湿気や雨漏りは建物に大きなダメージを与える可能性がある大敵です。 その理由は、断熱と気密…

  • 屋根材

    スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

    スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

    広く普及しているスレート屋根材とは 青空に風光る季節、日本の住宅街の眺めといえば、青い空に瓦屋根の家並みでしたが、それも懐かしいものとなりましたね。いま、瓦屋根にかわって、広く普及している屋根材はスレートと呼ばれるもので…

  • リフォーム

    外装リフォームのお得なタイミングの見極め方

    外装リフォームのお得なタイミングの見極め方

    修繕計画を立てて効率よいメンテナンスを 日銀のマイナス金利政策の影響で、預金利息がほぼ0%になっています。貯めて増やすのがむずかしい時代になりましたが、ご自宅の修繕資金は計画されていますか? うちは戸建てなので、マンショ…

  • ライフスタイル

    メルヘンの国の世界遺産と秘境に見る 美しい屋根と外壁の色合い

    メルヘンの国の世界遺産と秘境に見る 美しい屋根と外壁の色合い

    屋根と外壁の色はどう決める? 住宅の外観を形づくる屋根と外壁。どのようなカラーリングにするかで、大きく印象が異なります。屋根と外壁の色合いは家の個性を左右するものといえますが、住む人のこだわりを反映させる一方で、景観との…

  • 屋根

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    姫路城の屋根の色は白? それともグレー? 国宝であり、日本で初めての世界遺産である姫路城は、白鷺城(はくろじょう、しらさぎじょう)とも呼ばれ親しまれてきました。そう呼ばれるゆえんは、天守群のシルエットが、まるで鳥のシラサ…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ