スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

広く普及しているスレート屋根材とは

青空に風光る季節、日本の住宅街の眺めといえば、青い空に瓦屋根の家並みでしたが、それも懐かしいものとなりましたね。いま、瓦屋根にかわって、広く普及している屋根材はスレートと呼ばれるものです。
スレートには、天然石を使った天然スレートと化粧スレートと呼ばれる人工のものがあります。天然スレートは非常に高価で手に入りにくいため、ほとんど使われていません。一般的には、スレートといえば化粧スレートが使われます。そのため、ここでは、主に化粧スレート(以下スレート)についてお話いたします。
まずは、スレートについて少し知っておきましょう。スレートとはセメントと合成繊維を混ぜて成型し、表面を塗装したもの。色数が豊富なので、和風・洋風どちらの建築にもよくマッチします。瓦と比べると、軽量で耐震性があり、費用もリーズナブルですが、耐久性は低くなります。
一般的なスレートの寿命は20年から25年。とはいえ、この間、何もしなくていいわけではありません。防水性や耐候性を維持するために、10年を目安に塗替えが必要です。
いったん、雨漏りなどのトラブルが起きてしまうと、屋根の葺き替えを行わなければいけない場合もあります。台風などの強風で破損することもあるので、強風の後は異常がないか点検しておきましょう。

気になるメンテナンスや修理の費用

ご自宅の屋根がスレートなら、塗替えや寿命の時期に来ていないでしょうか?もし、破損箇所などあれば、修理が必要です。いずれにしても、費用が気になりますね。
スレート屋根の修理やメンテナンス、葺き替えにかかる費用のおおよその目安は次のとおりです。

・塗替え: 1400?5000円/m2 → 14万?50万円/100m2/2階建て
(塗料の種類・グレードによる。また、スレートや下地などにも傷みがある場合は別途修理代が必要)

・金属屋根への全面葺き替え:
14000円/m2? → 140万円/100m2/2階建て?
(スレート材廃棄処分代込み、アスベストの撤去が必要な場合は別途費用:2万円/m2)

・金属屋根へのカバー工法(重ね葺き):
12000円/m2 → 120万円/100m2/2階建て?

・いずれも、足場代:26万?35万円(100m2/2階建て)が別途必要です。

*以上はあくまでも目安です。建材・工事代金の相場は屋根の形状や状態、また時期によっても変動するので、実際に工事が必要な場合は工務店等に見積り依頼をしてください。

*出典:社団法人日本住宅工事管理協会

屋根工事の相場

葺き替えが必要になったら

スレート屋根の葺き替えにあたって最も注意が必要なのは、アスベスト(石綿)です。古いスレートの場合、人体に有害なアスベストが含有している可能性があります。アスベストを含有するスレートの葺き替えには、廃棄物処理法に定められた対策が必要になり、工期と費用が余分にかかります。アスベストが含有していないスレートの場合も、古いスレートの撤去費用と葺き替え費用、そして約10 年後の塗替えの費用を見込んでおくことが肝心です。
※ 葺き替え材として、一般的なスレートを使用の場合

しかし、葺き替えが必要となったスレート屋根に最適な、新しいリフォーム工法が近年登場しています。
それは、金属屋根によるカバー工法(重ね葺き工法)です。カバー工法とは、既存のスレート屋根を撤去せずに、そのまま上から金属屋根でカバーしてしまう工法です。既存のスレート屋根を下に封じ込めてしまうので、撤去にともなう工期や費用を節約できます。アスベストを含有するスレートは処分費用も高額になるので、カバー工法はとても理にかなった方法と言えますね。軽量で強度も高く、加工も自由な金属素材だからこそ可能なリフォーム工法です。
しかも、いままであったスレートの屋根は、新しい金属屋根の下で断熱材・遮音材としての役割を果たします。そのため室内環境の改善も期待できます。一挙両得というわけです。
そして金属屋根はデザインも多種多様のため、今までと同じ雰囲気にも、はたまたガラリと変わった雰囲気にすることもできます。リフォームの楽しみが広がりますね。

屋根の修理や葺き替えには多額の費用がかかります。施工時だけでなく、その
後のメンテナンスや耐久性など、費用対効果を含めた長期的な視野での検討が大切です。古い屋根が気になる方は、金属屋根によるカバー工法が適用可能か、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか?

屋根材のおすすめ記事

  • 屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    和風建築と洋風建築、どちらの住宅にもなじむ形状と高いデザイン性が多くの方に評価され、今や日本で普及率No.1と言われているのが「スレート屋根」です。陶器の瓦とも金属とも違うスレートとは、一体どのような素材なのでしょうか?…

  • ご存知ですか?あの歴史的建造物の瓦屋根のヒミツ

    ご存知ですか?あの歴史的建造物の瓦屋根のヒミツ

    お城やお寺の意外な瓦屋根 日本のお城や神社仏閣などの屋根には古くから瓦が使われてきました。伝統的な日本の瓦といえば、黒やグレーの陶器瓦が一般的です。そして、伝統的な建築物には、本葺瓦がよく用いられます。また、いぶし銀とい…

  • オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    再注目される国立代々木競技場 2020年の2度目の東京オリンピック開催に向け、新国立競技場や選手村の建設が急ピッチで進んでいます。一方で、前回開催時の施設を今回も利用することが決まっています。そうした施設の中でも、特に有…

  • 今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    外壁サイディングってなに? 家を建てたり、外装のリフォームをすることになったら、屋根や外壁にどのような材料を使うかが大きなポイントになります。材料によって建物全体の外観イメージが大きく変わりますし、その後の維持メンテナン…

  • アルベロベッロと白川郷 異なる屋根材のとんがり屋根の意外な関係

    アルベロベッロと白川郷 異なる屋根材のとんがり屋根の意外な関係

    イタリアのユニークなとんがり屋根 世界には、いろいろな変わった屋根があり、ユニークで美しい屋根が世界遺産となる景観をつくり出している場所があります。そんな場所の1つ、イタリア南部のアルベロベッロという村をご存知ですか? …

  • 歴史と現代に見る自然派の屋根材

    歴史と現代に見る自然派の屋根材

    日本で初めての屋根 飛騨高山の白川郷に代表される茅葺きの屋根の家並みは日本の原風景ともいわれます。そんな茅葺き屋根の材料「茅」ですが、これは特定の植物ではなく、ススキなどのイネ科の植物の総称です。この草で葺いた屋根を総じ…

  • トタン屋根ってどんな屋根? メリットとデメリットとは

    トタン屋根ってどんな屋根? メリットとデメリットとは

    かつては日本全国の住宅で使われていた「トタン屋根」。現在ではスレートやガルバリウム鋼板を使った屋根が主流となり、その需要は減少傾向にありますが、まだまだ各地で活躍している姿を見ることができます。ここでは、そんなトタン屋根…

  • ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    金属瓦は現代の屋根材? 日本建築の屋根といえば、いぶし銀といわれる黒っぽいグレーの瓦屋根を思い浮かべる方も多いでしょう。一方で、最近は、和風の住宅の屋根にガルバリウム鋼板の金属瓦を使うケースが見られます。 ガルバリウム鋼…

  • 屋根の強風・台風対策って屋根材によって違うって、ホント?

    屋根の強風・台風対策って屋根材によって違うって、ホント?

    台風から家を守るには 近年、台風が大型化し北上することが多くなりました。そのため、これまであまり台風が来ないとされてきた地域にも被害が及ぶようになっています。日本中どこでも、台風の強風による被害を受ける可能性があるという…

  • わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

    わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

    いま、人気の屋根材とは 家を建てたり、屋根を葺き替えたりすることになったら、どのような屋根材を選べばいいのでしょう? 一般的な住宅用として、広く普及している屋根材のスレート。また、近年、耐震性が高く丈夫なことから人気上昇…

その他のおすすめ記事

  • 屋根材

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    外壁サイディングってなに? 家を建てたり、外装のリフォームをすることになったら、屋根や外壁にどのような材料を使うかが大きなポイントになります。材料によって建物全体の外観イメージが大きく変わりますし、その後の維持メンテナン…

  • リフォーム

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    浴室の施工法の違いとは? 自宅の浴室をリフォームすることになったら、快適でくつろげる場所にしたいものですね。ところで、浴室づくりといえば、ユニットバスが主流ですが、在来工法という選択肢もあるのをご存知ですか? 既成のパー…

  • メンテナンス

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    雨どいが大切な理由 戸建住宅の屋根や外壁は住まいを雨風から守る大切な部分です。それとともに、雨水から家を守るために大きな役割をしているのが雨どいです。雨どいには屋根の付属品のようなイメージがあるかもしれませんが、十分に機…

  • ライフスタイル

    家を建てるときに知っておきたい! 住宅の屋根勾配の考え方

    家を建てるときに知っておきたい! 住宅の屋根勾配の考え方

    家を建てようとするとき、ぜひしっかりと考えてほしいのが屋根の勾配をどうするかという問題です。屋根づくりにおいては素材選びとともに、勾配の度合い、屋根の形が重要な意味を持ってきます。 勾配の違いによるメリットとデメリットな…

  • ライフスタイル

    スタイリッシュな住宅の外観作りのために

    スタイリッシュな住宅の外観作りのために

    外観イメージを決めるものとは 住宅の外観イメージは住まいの「顔」ともいえる大切なもの。家を新築したり、外装のリフォームをすることになったら、景観にほどよくマッチし、住む人はもちろん訪れる人にも好印象を与える外観にしたいで…

  • 屋根

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    姫路城の屋根の色は白? それともグレー? 国宝であり、日本で初めての世界遺産である姫路城は、白鷺城(はくろじょう、しらさぎじょう)とも呼ばれ親しまれてきました。そう呼ばれるゆえんは、天守群のシルエットが、まるで鳥のシラサ…

  • 屋根

    急な屋根勾配が美しい スタイリッシュな北欧スタイルの家

    急な屋根勾配が美しい スタイリッシュな北欧スタイルの家

    人気の北欧デザインって、どんなもの? 少し前から、日本では北欧デザインの家具や雑貨が人気です。北欧デザインとは、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドといった北欧諸国のデザインの総称で、世界的な評価も高く、家…

  • メンテナンス

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    かつての主流だった和風住宅から、洋風住宅へ。日本の建築様式の移り変わりと共に高い需要が続いている 屋根材が「スレート屋根」です。薄くて軽い板状の素材「スレート」を使用したスレート屋根の寿命は約20年~25年と言われていま…

  • 屋根材

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    ユニークな異人館 異国情緒ただよう神戸市北野地区の異人館街には、歴史ある美しい洋館が立ち並びます。これらの洋館が異人館と呼ばれるのは、幕末や明治時代以降に欧米人の住居として建てられたためです。北野の異人館には、贅を尽くし…

  • 耐震

    在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    「ツーバイフォー(2×4)」は、19世紀に北米で生まれた住宅工法のひとつです。日本には1970年代に導入され、“耐震性の高い工法”として幅広く普及しました。実際、阪神淡路大震災や東日本大震災ではこの工法で建てられた住宅の…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ