リノベーションとは違う? スケルトンリフォームとは

みなさんは「スケルトンリフォーム」という言葉はご存知ですか?自由な間取りを選べて快適な住まいを作れる方法ですが、スケルトンリフォームにはリスクや注意点もあります。リノベーションとも似ていますが混同せずに正しい意味や効果、コストなどを理解しておくことが必要です。

スケルトンリフォームとは?

スケルトンリフォームとは、一度骨組みの状態に戻してからリフォームを行う、自由度の高いリフォームのことを指します(フルリフォームとも言われます)。リフォームの方法には、設備の入れ替えなど部分的に行うものもありますが、スケルトンリフォームでは既存の間取りにとらわれず、骨組み以外は全く新しい部屋や空間を作ることができます。メリットは新築するより費用を安く抑えつつも、内装を自分好みにできることが挙げられます。中古マンションなどでも内装や設備を一新させ、間取りを自分たちのライフスタイルに合わせやすくなります。

また、スケルトンリフォームの同義語で「リノベーション」という言葉があります。リノベーションは「住まいを作りかえて、物件の価値を向上させる」という意味を持った言葉です。リノベーションでも大幅な間取りや内装、設備の変更が行われますが、スケルトン状態にしなくてもできるケースも含まれます。

スケルトンリフォームを検討するべきシーンとは?

スケルトンリフォームは、部分的なリフォームと違い、全体が新築同様に仕上がりますが、大きな予算がかかるため、本当に必要であるか慎重に判断することが必要です。以下のような状況ではスケルトンリフォームの検討をするとよいでしょう。

・家族の構成に大きな変化があり、大々的なリフォームが必要な場合
家族構成や家族のライフスタイルに変化があった場合には、大幅な住まい構成の変更が必要になる場合があります。とはいえ新築したり引っ越ししたりすると住む場所も変わるため、通勤や通学の問題なども出てきます。このような場合にはスケルトンリフォームが最適です。

また、中古物件を購入して、自分たちの家族構成やライフスタイルに合わせてスケルトンリフォームを行うということもできます。物件の入手コストが安く、立地の良い中古物件は、間取りが合わない場合にはスケルトンリフォームを行って住みやすくすることで活用しやすくなります。

・築年数が古く、配管からの交換が必要な場合
築年数の古い住宅は、配管から交換が必要となる場合が大半です。部分的にリフォームを依頼しても、いざ工事をしてみたら配管工事も必要になったというケースもあります。築年数が15~20年を過ぎている住宅の場合には、配管の交換のタイミングに合わせてスケルトンリフォームを検討したほうがトータルでコストダウンできる可能性があります。

・設備入れ替えや部分リフォームを何度も繰り返してしまう場合
こまごまとした部分的なリフォームは、そのたびにお金がかかるうえ、2度手間、3度手間になることで工費がかさみやすくなります。スケルトンリフォームであれば費用もまとまった金額となり、部分リフォームを繰り返すよりもトータルでコストダウンできることがあります。

スケルトンリフォームの費用と工期とは?

スケルトンリフォームの費用の目安は10~15万円/㎡と考えておきましょう。水回りなどの設備には広さに関係なくコストがかかるため、狭い住居の場合には1㎡あたりの単価は割高になります。また、設備のグレードや材質にこだわるとコストはアップします。配管の移動のない、部屋の間取りの変更だけのリフォームならコストダウンできる可能性は高くなるでしょう。ただし住宅は見えない基礎部分も大切なので、コストを削る部分の検討には注意が必要です。

工期は100㎡以内なら着工後1カ月半程度の完工が一般的です。ただしその前には打ち合わせや契約などにかかる時間もあります。想定以上に打ち合わせが長引くこともあります。また、工事期間も特注工事が多くなると、その分長くかかります。入居するタイミングに希望がある場合には、余裕をもった予定管理が必要です。

スケルトンリフォームの注意点とは?

スケルトンリフォームは、自由度が高いものの、構造や管理規約、権利上での制約によって全て自由にできないこともあります。マンションの場合には、窓のサッシや玄関のドアはリフォームできず、配管の位置も変えられないなどの制約があります。構造上では可能でも、管理規約で制限されている場合もありますので、事前に確認が必要です。

また、将来物件を売る際には、個性的すぎる間取りは買い手がつきづらい可能性が高くなります。次の買い手もリフォームを考えている場合には現在の物件状況は関係なく、リフォームによってまわりの物件よりも価値が高くなることもありません。

スケルトンリフォームは使い方によっては今ある住まいを新築同様の状態にして、より快適な環境を作ることができます。ただし、スケルトンリフォームはメリットばかりではないため、注意点についても確認が必要です。自分も含めた家族の状況がスケルトンリフォームに適していることが分かったら、事前にしっかりと計画したうえで、あなた好みの住居を作りましょう。

リフォームのおすすめ記事

  • リフォームのトラブル事例集

    リフォームのトラブル事例集

    リフォームのトラブルが急増 ここ数年間で屋根や外壁のリフォームをめぐるトラブルが相次いでいます。 特に、訪問販売によるトラブルが急増しています。突然の訪問で屋根や外壁の不具合を指摘しリフォームを「即契約」させるケースが多…

  • 部屋が広くなる? 屋根裏をリフォームするメリットや注意点

    部屋が広くなる? 屋根裏をリフォームするメリットや注意点

    リフォーム工事の一つである屋根裏リフォーム。きっと、あなたも屋根裏のデッドスペースを有効活用したいと思ってこの記事をご覧になっていることでしょう。屋根裏に秘密基地のような部屋ができたらなんだかワクワクしますよね。でも、屋…

  • リフォームトラブルを防いで思い通りの家づくりをするために大切なこと

    リフォームトラブルを防いで思い通りの家づくりをするために大切なこと

    思い通りにリフォームするには 自宅をリフォームすることになったら、完成後の住まいへの夢や希望がふくらむものです。しかし、いざ完成してから、「キッチンがなんとなく使いにくい」「予算が大幅にオーバーしてしまった」「外観や内装…

  • リフォームで押し入れをクローゼットにする際のポイント

    リフォームで押し入れをクローゼットにする際のポイント

    自宅の和室の押し入れがクローゼットになったらいいのに、と思ったことはありませんか?お気に入りの洋服が増えた、新しい家族が増えて洋服が入りきらなくなった。そんな時にクローゼットも増えたら、大事な洋服を処分しなくても済みます…

  • リフォームでロフトを付けよう! ロフトのメリットとデメリット

    リフォームでロフトを付けよう! ロフトのメリットとデメリット

    家にロフトがあるとさまざまなシーンでその利便性を実感する事ができるでしょう。収納しきれない物をしまったり、寝室にしたりとさまざまなことに活用ができそうです。そこで、ここではリフォームでロフトをつけるメリットとデメリット、…

  • リフォームの際に吹き抜けを作るメリットと注意点

    リフォームの際に吹き抜けを作るメリットと注意点

    個性的な家に仕上げることができ、開放感を感じられる吹き抜けは人気がありますが、今回は吹き抜けのメリットとデメリットの両方についてお伝えしたいと思います。注意すべきポイントをしっかりおさえて、吹き抜けを取り入れるかどうかを…

  • 収納のリフォームトラブルを防ぐには

    収納のリフォームトラブルを防ぐには

    使いやすい収納をつくるには 何かとスペースが限られる日本の住宅事情では、収納に悩むご家庭は少なくないと思います。自宅をリフォームするのなら、後になって「収納が足りない」「なんとなくクローゼットが使いにくい」といったことは…

  • 快適な玄関にしよう! 玄関をリフォームするメリット

    快適な玄関にしよう! 玄関をリフォームするメリット

    家の“顔”とも言える玄関。“顔”だけあって、玄関を変えるだけで家のイメージ全体も変わるものなので、リフォームの際にはこだわりたいものです。ここでは玄関リフォームのメリットや種類についてご紹介します。 玄関リフォームを検討…

  • 断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    外壁のリフォームが必要になったら 外壁は屋根とともに雨風から住まいを守ってくれる大切な部分です。そのため、外壁にはいろんな性能が求められますが、なかでも、快適に暮らすために重要になるのが断熱性です。断熱性が高ければ、冷暖…

  • リフォームやリノベーションを予算内で納める方法って?

    リフォームやリノベーションを予算内で納める方法って?

    リフォーム・リノベーションの予算オーバーを防ごう 自宅をリフォームやリノベーションすることになったら、「理想の家づくりがしたい!」といったふうに夢が広がります。とはいえ、他の買物と同じように、リフォーム、リノベーションも…

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    あこがれの海外インテリアを上手に取り入れるには

    あこがれの海外インテリアを上手に取り入れるには

    海外インテリアを日本の住まいに取り入れるには 自宅の新築やリフォームをすることになったら、おしゃれでステキな住まいにしたいですね。そこで、気になるのが、ミッドセンチュリーや北欧スタイル、アーリーアメリカンなどのハイセンス…

  • 屋根

    切妻屋根のファサードがシンボル 生まれ変わったもう1つの公会堂

    切妻屋根のファサードがシンボル 生まれ変わったもう1つの公会堂

    大阪のもう1つの公会堂? 大阪市の公会堂といえば、有名なのが、市の中心部・中之島公園に位置する中央公会堂です。「中之島公会堂」とも呼ばれ親しまれている大阪市中央公会堂は築100年を迎える、赤レンガの壁とアーチ状の銅屋根の…

  • ライフスタイル

    個性的な家づくりは収納も含めて考える、わが家にとって使いやすい収納とは

    個性的な家づくりは収納も含めて考える、わが家にとって使いやすい収納とは

    家づくりにとって重要な収納プラン 家を新築したり、リフォームしたりするなら、わが家のライフスタイルに合った家づくりをしたいですね。それには、ライフスタイルに合わせて機能・デザインともに暮らしやすいような内装や外装にしたい…

  • リフォーム

    リフォームやリノベーションの前に考えよう 使いやすいキッチンの条件とは

    リフォームやリノベーションの前に考えよう 使いやすいキッチンの条件とは

    使いやすいキッチンって、どんなもの? キッチンは家の中でも特にモノが多く、長い時間家事をする場所ですから、効率のよい空間であってほしいもの。リフォームやリノベーションをすることになった場合も、何かと要望が多くなる場所です…

  • リフォーム

    リノベーションの予算はどう考えればいい?

    リノベーションの予算はどう考えればいい?

    リノベーションは大きな買い物 既存の住宅の内外装や設備を一新し、新築同様かそれ以上の状態に改修するリノベーション。新築よりも割安な費用で済むこともあり、近年注目されています。「古くなってきたわが家を住みやすく手直ししたい…

  • リフォーム

    空き家をリフォーム、リノベーションして居住するメリット

    空き家をリフォーム、リノベーションして居住するメリット

    近年、全国的に増え続けている空き家。総務省が発表した平成25年度住宅・土地統計調査のデータでも、空き家率は過去最高の13.5%となっています(※1) 。なぜ、いま空き家が増えてきているのでしょうか。ここでは、空き家が増え…

  • 耐震

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古戸建住宅の購入にあたってのポイントは 新築住宅に比べて物件数が多く価格帯の幅も広い中古住宅。 新築よりもリーズナブルな価格の中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションをと考える人も多いのではないでしょうか。特に、戸…

  • リフォーム

    収納のリフォームトラブルを防ぐには

    収納のリフォームトラブルを防ぐには

    使いやすい収納をつくるには 何かとスペースが限られる日本の住宅事情では、収納に悩むご家庭は少なくないと思います。自宅をリフォームするのなら、後になって「収納が足りない」「なんとなくクローゼットが使いにくい」といったことは…

  • メンテナンス

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    住宅の細かい不具合はリフォームのタイミングで一気に解決 住宅のリフォームをするきっかけや理由は人によりさまざま。とはいえ、戸建住宅の場合、壁紙の貼り替えや古くなったシステムキッチンやユニットバスの交換など、おおよそ10年…

  • ライフスタイル

    外国風の住宅にするコツ

    外国風の住宅にするコツ

    外国風の住まい作りのポイントは日本との違い 海外の映画やドラマに出てくるインテリアにあこがれる人は少なくないと思います。自宅をリフォームすることになったら、外国風のおしゃれな住まいにしたいと思う人もいることでしょう。その…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ