部屋の壁紙、クロスの汚れが気になる……家庭でもできるクロス汚れの落とし方

壁のクロスの汚れが知らないうちに溜まっており、気がついたときには落としにくくなっていた、ということはありませんか。壁の汚れをきれいにする際には、その汚れの種類によって落とし方も変わってきます。ここでは壁の汚れの正しい落とし方についてご説明します。

クロスについた手垢やヤニによる壁紙の汚れの落とし方

クロスの汚れで多いのが、手垢やヤニによるもの。手垢やヤニ汚れはお掃除の便利グッズとして有名なアイテムを利用して、落とすことができます。

クロスの気になる汚れを落とす前には、あらかじめ壁紙に付いたホコリを取り去っておきましょう。はたきをかけるか掃除機で吸い取っておくと、汚れの上に溜まったホコリがなくなり、直接汚れにアプローチできます。

・用意するもの
① セスキ炭酸ソーダ(重曹を水に溶かしたものをスプレーに入れても可)。アルカリ性の成分で油汚れを落とすのに使われています。
② 雑巾
③ スプレーボトル

・手順
セスキ炭酸ソーダをスプレーボトルの中で、水500CCに対して小さじ1の割合で混ぜて、セスキ炭酸ソーダ水を作ります。
スプレーで雑巾(なければ不要になった布でも可)に吹きかけて、汚れを拭き取ります。
あまり強く拭くと壁紙を傷つけることもあるので注意してください。

クロスについた油系の汚れの落とし方

油系の汚れは同じ油を含ませた布で拭き取る方法もありますが、昔ながらのお掃除グッズ、重曹を使ったやり方もあります。重曹には汚れを分解する作用もありますし、細かい粒子に研磨作用もあり、頑固な汚れにも活躍するものです。

・用意するもの
① 重曹
② ラップ
③ 雑巾
④ 酢

・手順
水に重曹を加えてペースト状にします。ペーストを汚れた部分に塗布したら、ラップを張り、10分待ちます。その後は乾拭きするか、お酢を水で2~3倍に薄めたものをスプレーして拭き取っても良いでしょう。酢の酸性により重曹のアルカリ分を、きれいに拭き取ることができます。

クロスについたボールペンやクレヨンの汚れの落とし方

子どもの落書きやうっかりと付いてしまったボールペンなどは、油系の汚れと同じであり、対策も同様の方法でできます。また、それ以外の方法として、いくつかのアイテムでこする方法があります。汚れの頑固さの段階によって使うアイテムを変えて試してみると良いでしょう。

・用意するもの
汚れの頑固さによって、消しゴム<メラミンスポンジ<歯磨き粉と歯ブラシ<除光液の順で有効

・手順
クロスの汚れた部分を道具でこするだけです。ただし、擦りすぎると壁紙が傷む恐れがあるので、あまり力を入れすぎないようにします。また、除光液を使う場合にはインクがにじんで悪化する場合もあります。汚れが目立たなくなるくらいを目安として、やりすぎないことが必要です。

クロスについたカビによる汚れの落とし方

壁のカビ汚れは専用のカビ取り剤を使うのが心配な場合には、食品としても利用されているアイテムを活用して落とします。


・用意するもの
① お酢
② セスキ炭酸ソーダまたは重曹スプレー
③ 雑巾

・手順
お酢を浸した雑巾でカビを拭きます。その後で、セスキ炭酸ソーダか重曹のスプレーを吹きかけて乾拭きで拭き取ります。お酢の変わりに、より殺菌作用の高い消毒用エタノールを使うことも可能です。お酢やエタノールで殺菌をしてから重曹などを使うと、カビ発生の原因となる汚れを分解することもでき、カビ予防にもなります。

クロス別!汚れないようにするコツとは?

クロスにはいくつかの種類があります。それぞれの特徴と汚れないようにするコツを押さえておくと、クロスをキレイに長持ちさせることができます。また、壁紙の種類に限らず、タバコや調理中の油煙を防ぐためにこまめに通気・換気をすることも必要です。紫外線によって色あせすることもあるので、カーテンや紫外線カットフィルムなどの対策も考えましょう。

・ビニールクロス
一般的な住居に多いクロスです。お手入れも簡単ですが、掃除をする際には洗剤を残すと変色する恐れがあるため、最後に固く絞った雑巾で拭き取ることが必要です。こまめに掃除をして、汚れを残さないことが大切です。

・紙クロス
一般住宅への使用は少ないタイプのクロスです。汚れが落としにくく、水拭きをするとシミの元になります。手垢などの一部の汚れは消しゴムで落とせますが、基本的には日ごろから汚さないように注意が必要です。

・織物(布)クロス
織物クロスは、柔らかい布を固く絞ったものに中性洗剤を付けて掃除することができます。ポンポンと叩くように汚れを落とします。輪染みができるリスクがあるので、最初は目立たないところで試してみることが必要です。

クロスの汚れは避けられないことも多く、気がついたら落としにくくなっていたということがあります。また、頑固な汚れを落とそうとして、反対に汚れが広がったり、クロスが傷ついてしまったりということもあります。上記を試してみてもクロスの汚れが落ちない場合には、クロスの張り替えも検討しましょう。

メンテナンスのおすすめ記事

  • 屋根や外壁の遮熱塗装で夏の住まいを快適に

    屋根や外壁の遮熱塗装で夏の住まいを快適に

    遮熱って、なに? 断熱との違いは? 今夏は記録的な猛暑となり、外出を控えたいほど暑い日が多くなっています。熱中症を防ぐためにも屋内を涼しく保つことが大切ですが、冷房のための電気料金も気になるところです。暑い夏だからこそ、…

  • 玄関ドアの塗装は必要? 玄関ドアの塗装を考えるべきタイミング

    玄関ドアの塗装は必要? 玄関ドアの塗装を考えるべきタイミング

    その家の顔ともいうべき玄関ドア。しかし、そのドアの塗装が剥げていたり色褪せていたりすると、これだけで家全体の印象が悪くなりかねません。そのため、玄関ドアの塗装や補修が必要になるわけですが、塗装のタイミングや、塗装ではなく…

  • リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    住宅の細かい不具合はリフォームのタイミングで一気に解決 住宅のリフォームをするきっかけや理由は人によりさまざま。とはいえ、戸建住宅の場合、壁紙の貼り替えや古くなったシステムキッチンやユニットバスの交換など、おおよそ10年…

  • 屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根はいつか「葺き替え」が必要に 家は長年にわたって住み続けるもの。戸建住宅でいつまでも快適に暮らしていくには、内外装や設備の適切なメンテナンスやリフォームが欠かせません。住まいの快適さを支えるのは住宅の性能ですが、住宅…

  • 住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    雨どいが大切な理由 戸建住宅の屋根や外壁は住まいを雨風から守る大切な部分です。それとともに、雨水から家を守るために大きな役割をしているのが雨どいです。雨どいには屋根の付属品のようなイメージがあるかもしれませんが、十分に機…

  • チョーキング現象の原因と対処法とは? 予防法についてもお伝えします

    チョーキング現象の原因と対処法とは? 予防法についてもお伝えします

    最近自宅の外壁がなんだか古臭くなってきた、と感じることはあるでしょうか。もしかすると、それは塗装のチョーキング現象かもしれません。チョーキング現象という言葉は建築用語ですので、あまり聞きなじみがないという方も多いかもしれ…

  • スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレートって、どんな屋根材? 住宅用の屋根材として広く普及しているものに人工スレートがあります。人工スレートとは、セメントと各種の繊維を混ぜ、薄く平たい板状に成型し、表面を塗装で仕上げたものです。スレートには、天然石でで…

  • ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    持ち家の価値を維持するために 建築の専門家が住宅の状態を検査するサービス「ホームインスペクション(住宅診断)」が広がりつつあります。中古住宅市場の活性化を目指し、国交省もホームインスペクションを普及させる方針です。これか…

  • ベランダやバルコニーから雨漏りをする原因

    ベランダやバルコニーから雨漏りをする原因

    雨漏りというと屋根が原因のように思われがちですが、ベランダやバルコニーから起こることもあるのはご存知でしょうか。放置しておくと建物の劣化を引き起こすため、早めの対策が必要です。天井のシミなどを見つけたら、まずはベランダや…

その他のおすすめ記事

  • メンテナンス

    ベランダやバルコニーから雨漏りをする原因

    ベランダやバルコニーから雨漏りをする原因

    雨漏りというと屋根が原因のように思われがちですが、ベランダやバルコニーから起こることもあるのはご存知でしょうか。放置しておくと建物の劣化を引き起こすため、早めの対策が必要です。天井のシミなどを見つけたら、まずはベランダや…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ