Supported by NIPPON STEEL 日鉄鋼板株式会社

屋根と暮らしのスタイルマガジンRoofstyle

外壁にひび割れが……ひび割れをしてしまう原因と発見後の対策

外壁のひび割れは見た目が悪くなるだけでなく、ひび割れたところから建物の劣化が始まり非常に危険です。外壁にひび割れを発見した時は放置せず、早めに適切な処置をすることが必要です。外壁がひび割れてしまう原因を解き明かして、正しい対策をしっかりと行っておきましょう。

外壁がひび割れをしてしまう原因とは?

ひび割れにもいろいろな種類があり、原因も異なってきます。外壁がひび割れしてしまう原因と、どのようなひび割れをしてしまうのかチェックしましょう。

・ヘアークラック
ヘアークラックは、髪の毛(ヘアー)のように細く、短いひび割れのことを指します。主に塗膜にできやすく、原因は塗膜の経年劣化や塗装作業時の問題が考えられます。塗装作業中に、塗装の間隔を十分に空けられず、乾燥が不十分なまま上塗りしたり、塗膜の上に硬質の塗膜を塗っていたりするとヘアークラックが起こりやすくなると言われています。

・クラック
外壁材に起こるクラックのなかには、浅いものから深く大きなものまであります。ヘアークラックでは塗膜だけでしたが、その下にある下地にまで及んでいると、場合によっては危険なものもあるため注意が必要です。乾燥クラック、構造クラック、縁切れクラックと呼ばれるものがあります。

乾燥クラックはモルタルなどの乾燥が原因で起こるひび割れで、乾燥の過程で水分蒸発によって収縮が起こったためにひび割れてしまったものです。ひび割れの幅は小さく、乾燥してしまえばひびが大きくなることはありません。

構造クラックは建物自体の構造的な欠陥や歪みによって起こるひび割れです。地盤沈下などが原因のこともあります。ひび割れの幅が広く、深さも深くなり、そこから雨水が入って錆びたり、倒壊したりするリスクにもつながる危険なクラックです。

縁切れクラックは、塗装作業が途中で中断されたり、後から補修されたりすることで発生するもので、新旧の継ぎ目でできやすいひび割れです。基本的には外壁塗装は一気に仕上げるものですが、何らかの事情で翌日に持ち越されたりすることもあり、縁切れクラックの原因となります。

外壁材によってもひび割れになりやすい、なりにくいがある?

外壁のひび割れはどんな外壁でも起こるわけでなく、外壁材によってひび割れの起こりやすさが違います。外壁材を検討する時の材料として、ひび割れしにくい材質を知っておくのも良いかも知れません。

基本的には窯業系の外壁はひび割れが発生しやすい傾向があります。石膏・セメントを混ぜ合わせて硬化した外壁材は吸水性が高く、表面塗膜が劣化すると湿気が入りやすくなり、気温によって伸縮をしてひび割れの可能性が高くなります。また、砂とセメントを水で混ぜ合わせて塗ったモルタル壁もひび割れのリスクが高いです。

反対に、ガルバリウム鋼板などの鋼板系はひび割れが起きにくい外壁です。サビが起こりにくく軽くて丈夫なガルバリウム鋼板は、メンテナンスフリーとされています。ただし、絶対にメンテナンスが必要ないというわけではなく、適宜塗り替えメンテナンスを行うことでキズやサビを防ぎ、美観と機能性をより長く保つことができます。

外壁のひび割れを放っておくとどうなる?

外壁のひび割れを放っておいた場合、建物がリスクを負う可能性もあります。ちょっとしたひびだからと言って、気軽に考えていると、被害が大きくなるかも知れないので、ひび割れを見つけたら早めに対処した方が安全です。外壁のひび割れから起こる可能性のあるリスクをチェックして、対策の大切さを考えておきましょう。

・雨漏りの原因になる場合がある
外壁のひび割れが原因で雨漏りがすることは意外と多く、原因が分かりにくいので注意が必要です。

・家が傾いてしまう原因になる場合がある
劣化が進んだり、構造上の問題でひび割れしていたりする場合には倒壊の恐れもあります。

・建物が劣化する原因になる場合がある
雨水が浸透すると建物の劣化にもつながります。

・見た目の美観を損なう
もちろん、ひび割れは見た目にも影響します。

外壁のひび割れの対処法とは?

外壁のひび割れは自分で対処する方法と専門業者に任せる方法があります。自分での判断が難しい場合や、補修に自信がない場合には、業者に依頼する方が安心です。自分で対処する方法はチョーク式、スプレー式、DIYでの補修方法があります。

・チョーク式
セメントチョークを手で塗る方法です。適度な圧を加えながら、セメントを外壁に定着していきます。ある程度の力と時間が必要です。

・スプレー式
セメントをスプレーで噴射して定着させます。手軽ですがセメントが周囲に飛び散るため、材料がムダになりやすい方法です。

・DIYにトライ
外壁を洗浄してから養生テープでひびの周囲を保護して、下地のプライマーとシーリング材を塗ります。シーリング材をひびに埋めたらヘラで成形して乾燥させます。養生テープを外した後、最後に塗装して完了です。

・専門業者に依頼する
ひびの幅が1ミリを超える場合は非常に危険な可能性が高いです。専門業者に相談することをおすすめいたします。


外壁のひび割れは、これ以上の悪化を防ぐためにも、早期対処が必要です。ひび割れが進むと建物自体の劣化につながり、場合によっては建物が倒れる可能性さえあります。ひび割れを見つけたら、安全のためにも、見た目のためにも適切な対処を考えられてはいかがでしょう。

記事についてお気軽に
お問い合わせください。

お問い合わせ

メンテナンスのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

金属素材を使った建築をご紹介

快適な暮らしと美しい未来づくりへ

金属屋根を選ぶ3つの理由

Popular Keyword

PAGETOP