外壁にひび割れが……ひび割れをしてしまう原因と発見後の対策

外壁のひび割れは見た目が悪くなるだけでなく、ひび割れたところから建物の劣化が始まり非常に危険です。外壁にひび割れを発見した時は放置せず、早めに適切な処置をすることが必要です。外壁がひび割れてしまう原因を解き明かして、正しい対策をしっかりと行っておきましょう。

外壁がひび割れをしてしまう原因とは?

ひび割れにもいろいろな種類があり、原因も異なってきます。外壁がひび割れしてしまう原因と、どのようなひび割れをしてしまうのかチェックしましょう。

・ヘアークラック
ヘアークラックは、髪の毛(ヘアー)のように細く、短いひび割れのことを指します。主に塗膜にできやすく、原因は塗膜の経年劣化や塗装作業時の問題が考えられます。塗装作業中に、塗装の間隔を十分に空けられず、乾燥が不十分なまま上塗りしたり、塗膜の上に硬質の塗膜を塗っていたりするとヘアークラックが起こりやすくなると言われています。

・クラック
外壁材に起こるクラックのなかには、浅いものから深く大きなものまであります。ヘアークラックでは塗膜だけでしたが、その下にある下地にまで及んでいると、場合によっては危険なものもあるため注意が必要です。乾燥クラック、構造クラック、縁切れクラックと呼ばれるものがあります。

乾燥クラックはモルタルなどの乾燥が原因で起こるひび割れで、乾燥の過程で水分蒸発によって収縮が起こったためにひび割れてしまったものです。ひび割れの幅は小さく、乾燥してしまえばひびが大きくなることはありません。

構造クラックは建物自体の構造的な欠陥や歪みによって起こるひび割れです。地盤沈下などが原因のこともあります。ひび割れの幅が広く、深さも深くなり、そこから雨水が入って錆びたり、倒壊したりするリスクにもつながる危険なクラックです。

縁切れクラックは、塗装作業が途中で中断されたり、後から補修されたりすることで発生するもので、新旧の継ぎ目でできやすいひび割れです。基本的には外壁塗装は一気に仕上げるものですが、何らかの事情で翌日に持ち越されたりすることもあり、縁切れクラックの原因となります。

外壁材によってもひび割れになりやすい、なりにくいがある?

外壁のひび割れはどんな外壁でも起こるわけでなく、外壁材によってひび割れの起こりやすさが違います。外壁材を検討する時の材料として、ひび割れしにくい材質を知っておくのも良いかも知れません。

基本的には窯業系の外壁はひび割れが発生しやすい傾向があります。石膏・セメントを混ぜ合わせて硬化した外壁材は吸水性が高く、表面塗膜が劣化すると湿気が入りやすくなり、気温によって伸縮をしてひび割れの可能性が高くなります。また、砂とセメントを水で混ぜ合わせて塗ったモルタル壁もひび割れのリスクが高いです。

反対に、ガルバリウム鋼板などの鋼板系はひび割れが起きにくい外壁です。サビが起こりにくく軽くて丈夫なガルバリウム鋼板は、メンテナンスフリーとされています。ただし、絶対にメンテナンスが必要ないというわけではなく、適宜塗り替えメンテナンスを行うことでキズやサビを防ぎ、美観と機能性をより長く保つことができます。

外壁のひび割れを放っておくとどうなる?

外壁のひび割れを放っておいた場合、建物がリスクを負う可能性もあります。ちょっとしたひびだからと言って、気軽に考えていると、被害が大きくなるかも知れないので、ひび割れを見つけたら早めに対処した方が安全です。外壁のひび割れから起こる可能性のあるリスクをチェックして、対策の大切さを考えておきましょう。

・雨漏りの原因になる場合がある
外壁のひび割れが原因で雨漏りがすることは意外と多く、原因が分かりにくいので注意が必要です。

・家が傾いてしまう原因になる場合がある
劣化が進んだり、構造上の問題でひび割れしていたりする場合には倒壊の恐れもあります。

・建物が劣化する原因になる場合がある
雨水が浸透すると建物の劣化にもつながります。

・見た目の美観を損なう
もちろん、ひび割れは見た目にも影響します。

外壁のひび割れの対処法とは?

外壁のひび割れは自分で対処する方法と専門業者に任せる方法があります。自分での判断が難しい場合や、補修に自信がない場合には、業者に依頼する方が安心です。自分で対処する方法はチョーク式、スプレー式、DIYでの補修方法があります。

・チョーク式
セメントチョークを手で塗る方法です。適度な圧を加えながら、セメントを外壁に定着していきます。ある程度の力と時間が必要です。

・スプレー式
セメントをスプレーで噴射して定着させます。手軽ですがセメントが周囲に飛び散るため、材料がムダになりやすい方法です。

・DIYにトライ
外壁を洗浄してから養生テープでひびの周囲を保護して、下地のプライマーとシーリング材を塗ります。シーリング材をひびに埋めたらヘラで成形して乾燥させます。養生テープを外した後、最後に塗装して完了です。

・専門業者に依頼する
ひびの幅が1ミリを超える場合は非常に危険な可能性が高いです。専門業者に相談することをおすすめいたします。


外壁のひび割れは、これ以上の悪化を防ぐためにも、早期対処が必要です。ひび割れが進むと建物自体の劣化につながり、場合によっては建物が倒れる可能性さえあります。ひび割れを見つけたら、安全のためにも、見た目のためにも適切な対処を考えられてはいかがでしょう。

メンテナンスのおすすめ記事

  • 外壁をツートンカラーにするなら、どんな色の組み合わせがおすすめ?

    外壁をツートンカラーにするなら、どんな色の組み合わせがおすすめ?

    外壁塗装をする際にはカラー選びが重要になってきます。どのカラーを選ぼうか迷ったときには、思い切っておしゃれにツートンカラーにしてしまうのはいかがでしょうか。ここでは、ツートンカラーの外壁塗装についてご紹介していきます。 …

  • 外壁の塗装メンテナンスって、どんなことをするの?

    外壁の塗装メンテナンスって、どんなことをするの?

      外壁メンテナンスの基本とは わが家でいつまでも快適に暮らすためには、適切にメンテナンスを行って家を良好な状態に保つことが欠かせません。特に戸建住宅の場合は、雨風から直接住まいを守ってくれる外装のメンテナンス…

  • 外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

    外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

    外壁の塗装メンテナンスが必要な理由 ご自宅の外壁が色あせてきたり、汚れが目立ってきたりすれば、それは塗替えメンテナンスが必要なサインかもしれません。外壁は、屋根とともに住まいを雨風や直射日光から守ってくれる大切な部分。外…

  • 手入れは大変? 勾配天井がある家のメリットとデメリット

    手入れは大変? 勾配天井がある家のメリットとデメリット

    古民家風のカフェなどに入ると、勾配天井になっていることがあります。こうした天井はなんとなく趣もあって、素敵だなと感じている方も多いのではないでしょうか。もしかすると、自宅の新築やリフォームで勾配天井を採用してみようと考え…

  • チョーキング現象の原因と対処法とは? 予防法についてもお伝えします

    チョーキング現象の原因と対処法とは? 予防法についてもお伝えします

    最近自宅の外壁がなんだか古臭くなってきた、と感じることはあるでしょうか。もしかすると、それは塗装のチョーキング現象かもしれません。チョーキング現象という言葉は建築用語ですので、あまり聞きなじみがないという方も多いかもしれ…

  • 家がボロボロに……家庭でもできるシロアリ対策

    家がボロボロに……家庭でもできるシロアリ対策

    シロアリは木造住宅にとって大敵です。シロアリが発生してしまうと家の土台や根太(ねだ)なども浸食されますし、放置しておくと被害は拡大します。ここでは、木造住宅の天敵とも言えるシロアリへの対策についてご紹介しますので、被害を…

  • 外壁塗装を行う際に検討しよう! 汚れにくい外壁塗装とは?

    外壁塗装を行う際に検討しよう! 汚れにくい外壁塗装とは?

    外壁塗装を行う際に検討したいのは、汚れにくい外壁塗装選びです。汚れにくい外壁塗装を選ぶことで、メンテナンスや清掃の手間を減らして長く快適な状態をキープできます。外壁が汚れる、または汚れて見える理由を解き明かし、汚れにくく…

  • リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    住宅の細かい不具合はリフォームのタイミングで一気に解決 住宅のリフォームをするきっかけや理由は人によりさまざま。とはいえ、戸建住宅の場合、壁紙の貼り替えや古くなったシステムキッチンやユニットバスの交換など、おおよそ10年…

  • 外壁塗装後に塗り残しを発見してしまった場合の対処法

    外壁塗装後に塗り残しを発見してしまった場合の対処法

    外壁塗装を行なった時に起こるトラブルとして多いのが、色のムラや塗り残し。せっかく費用と手間をかけたのに、仕上がりが完璧でないとがっかりしてしまいますよね。ここでは塗り残しの原因や予防策について説明します。 外壁塗装工事で…

  • 油断は禁物! ゲリラ豪雨で雨漏りしてしまう前にやっておくべきメンテナンス

    油断は禁物! ゲリラ豪雨で雨漏りしてしまう前にやっておくべきメンテナンス

    近年、「ゲリラ豪雨」と呼ばれる局地的な集中豪雨が多くなりました。ゲリラ豪雨は、予期しないときに突然、せまい範囲に集中的に降る激しい雨のことで、住宅などに大きな被害をもたらすこともあります。 ゲリラ豪雨だけでなく、日本は梅…

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

    ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

    外装材選びのポイントは? 建物の屋根と外壁はあわせて外装と呼ばれます。屋根の葺き替えや外壁の張り替えなど、外装の大規模なリフォームが必要になったら、また家を建てることになったら、どのような外装材を選べばいいのでしょう? …

  • メンテナンス

    屋根や外壁の遮熱塗装で夏の住まいを快適に

    屋根や外壁の遮熱塗装で夏の住まいを快適に

    遮熱って、なに? 断熱との違いは? 今夏は記録的な猛暑となり、外出を控えたいほど暑い日が多くなっています。熱中症を防ぐためにも屋内を涼しく保つことが大切ですが、冷房のための電気料金も気になるところです。暑い夏だからこそ、…

  • 屋根

    軒の出幅や屋根勾配ってなに? 新築の屋根工事で大切なこと

    軒の出幅や屋根勾配ってなに? 新築の屋根工事で大切なこと

    屋根は家づくりの重要ポイント 屋根は、住まいを直射日光や雨風から守ってくれる大切な部分です。屋根をどう作るかで、住宅の性能や外観のイメージにも大きく関係します。このように家づくりにおいて屋根は重要なポイントといえますが、…

  • 屋根

    屋根の形にはどのようなものがある? 屋根の形状と特徴

    屋根の形にはどのようなものがある? 屋根の形状と特徴

    住まいの建て替えやリフォームの際、屋根の形状を変えることがあります。小規模なリフォームの場合だと屋根にまで手を加えることは少ないかもしれませんが、屋根のリフォームや建て替えとなると、屋根についての知識も必要になってきます…

  • リフォーム

    窓のリフォームを行うときに注意しておくべきポイント

    窓のリフォームを行うときに注意しておくべきポイント

    窓をリフォームする事で、日常生活のさまざまな悩みを解決する事ができます。しかし、リフォームを行う上で注意すべきポイントがいくつかあります。そこで今回は、窓のリフォームを行うときの注意点やメリット、工事の種類などについてご…

  • ライフスタイル

    どう選べばいい? 部屋に付ける照明器具の選び方

    どう選べばいい? 部屋に付ける照明器具の選び方

    部屋につける照明器具は、その選択によっていろいろな演出ができる大切なもの。部屋の快適性を高めるとともに、見て楽しむインテリアとして活躍するものもあります。照明器具の種類とシェード、そしてライトの明るさや色の選び方について…

  • 屋根

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    屋根ってメンテナンスが必要なの? ここ数年、中古住宅のリフォームやリノベーションが増えています。これからは、1度建てた住宅を長く大切に維持していく傾向にあるようです。 マイホームを長持ちさせ、いつまでも快適に暮らすには定…

  • リフォーム

    リフォーム後のトラブルを避けるために、ライフスタイルとキッチンのタイプの関係を知っておこう

    リフォーム後のトラブルを避けるために、ライフスタイルとキッチンのタイプの関係を知っておこう

    キッチンのタイプ選びで大切なことは キッチンは家の中でも家事作業をする時間が長く、使い勝手によっては毎日の暮らしの快適さが違ってきます。それだけにリフォームのときには、何かとこだわりたい場所です。後から「こんなはずじゃな…

  • 屋根

    降雪量の多い地方の家におすすめ! 無落雪屋根の特徴とメリット

    降雪量の多い地方の家におすすめ! 無落雪屋根の特徴とメリット

    降雪量の多い地方 に暮らす人々を憂鬱にさせる冬の重労働といえば“雪下ろし”。不安定な屋根に上がって積もった雪をスコップで何度もかき下ろす作業は、時間と労力を費やすだけでなく、大きな事故にも繋がりかねません。そんな重労働か…

  • リフォーム

    「雨漏りがなければ大丈夫」は大間違い! 屋根のリフォームのタイミングと方法は?

    「雨漏りがなければ大丈夫」は大間違い! 屋根のリフォームのタイミングと方法は?

    雨漏りしてからでは遅すぎる 家を構成する部位の中でも、屋根は直接雨風から住まいを守ってくれる重要な部分です。しかしながら、日ごろはあまり屋根のことを気にしていない人が多いのではないでしょうか? また、新築から何年も経過し…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ