とんがり屋根の異人館 風見鶏の大切な役割とは?

神戸北野を代表する異人館

歴史ある異人館が建ち並び、多くの観光客が訪れる神戸市北野地区。その中でもひときわ有名で、この街を代表する建物が「風見鶏の館」の愛称で親しまれる旧トーマス邸です。なぜ、そう呼ばれているかは、その外観を見ればすぐにわかります。

その外観の大きな特長は、尖塔といえるほどの急勾配のとんがり屋根とその先に取り付けられた金属製の風見鶏。1970年代にテレビドラマの舞台になり、全国的に知られるようになりました。

風見鶏の館は、ドイツ人建築家のゲオルグ・デ・ラランデの設計により、1909年(明治42年)ごろ、同じドイツ出身の貿易商であったゴットフリート・トーマス氏の自邸として建てられました。れんがの外壁にハーフ・ティンバー(木骨構造)の2階部分や石積みの玄関などを組み合わせた造りで、屋根は塔屋つきのスレート葺き寄棟(よせむね)造りとなっています。

 

デ・ラランデとスレート屋根

れんがの壁の異人館は神戸でもめずらしく、重厚な造りながら、あまり重さを感じさせないエレガントなイメージがこの建物にあります。それは屋根のデザインのせいかもしれません。細いとんがり屋根となだらかな寄棟の屋根はスレートで葺かれています。

スレートは薄い板状の屋根材で、このとんがり屋根のような急勾配から緩い勾配の屋根にまで対応できます。旧トーマス邸の屋根のデザインはスレートの特長を活かしたものといえますが、その質感と屋根の形状がうまくマッチして軽やかなリズムをつくり出しています。

設計者のデ・ラランデは、1900年代初頭、旧トーマス邸以外にも日本でさまざまな建築を手がけました。1910年(明治43年)ごろには東京都新宿区(現在は東京都小金井市の江戸東京たてもの園に移築)に自邸を建てましたが、この家も屋根が特長的です。スレート葺きのマンサード屋根と呼ばれる上部は緩く下部は急な2段階の勾配がついたもので、ユニークな表情の屋根となっています。

 

風見鶏の本来の役割

さて、話を風見鶏の館に戻しましょう。

とんがり屋根とその先端の風見鶏はおしゃれなアクセントになっていますが、実は、この鶏は単なる装飾品ではありません。本来、風見鶏には風向計という大切な役割があるのです。

風向計とは、風が吹いてくる方向を測定する器械で、現代では、飛行機の垂直尾翼のような形で風速計を兼ねたものがよく使われます。風見鶏は最もシンプルな気象観測器になりますが、正しく風向きを測るには、鶏がつねに風に向くようにしなければなりません。旧トーマス邸の風見鶏は当時の最高水準のベアリング技術により作られたものでした。

また、高い尖塔を備えた旧トーマス邸のスタイルは一般の住宅としてはめずらしいものですが、それは風見鶏を設置するためだったと考えられます。風向計を設置するのは、高いのはもちろんのこと、障害物のない広く開けた場所が望ましいからです。

 

 

旧トーマス邸の風見鶏の意味

では、なぜ、旧トーマス邸に風見鶏が設置されたのでしょう?

この家のオーナー、トーマス氏は貿易を営んでいましたが、そのビジネスにとって風見鶏は大切なものでした。当時の物流は海上輸送が主流で、風向きは船の運航に大きく関わります。トーマス氏は風向きを読むことで、貨物船の運航状況といつごろ神戸港に積み荷が到着するか予測していたのです。

デザイン的にも美しいとんがり屋根と風見鶏には、こんな重要な意味があったのです。旧トーマス邸が建てられてから100年以上が経ちましたが、そのシンボルの風見鶏は今日も風に吹かれながら神戸の街を見守っています。

ライフスタイルのおすすめ記事

  • 中古物件購入後によくあるトラブルとは?

    中古物件購入後によくあるトラブルとは?

    中古物件を購入した後にトラブルになった、という話を聞いたことはあるでしょうか。実はだれの身にも起こる可能性があり、決して他人事ではないと言えます。ここでは、中古物件購入後に起きがちなトラブルの内容や、トラブルに気づいたと…

  • ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

    ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

    外装材選びのポイントは? 建物の屋根と外壁はあわせて外装と呼ばれます。屋根の葺き替えや外壁の張り替えなど、外装の大規模なリフォームが必要になったら、また家を建てることになったら、どのような外装材を選べばいいのでしょう? …

  • 屋根勾配がデザインのポイント? 歴史に残るおしゃれな屋根の家

    屋根勾配がデザインのポイント? 歴史に残るおしゃれな屋根の家

    おしゃれな家は屋根がポイント? 「おしゃれな家を建てたい!」と思ったら、何を参考にすればいいのでしょうか。まずは建築の歴史に残るおしゃれな住宅を見ることをおすすめします。とりわけ1920年代に成立したモダニズムと呼ばれる…

  • 窓辺の熱を上手に遮断して、涼しく過ごすためのヒントをご紹介

    窓辺の熱を上手に遮断して、涼しく過ごすためのヒントをご紹介

    夏の暑い時期、エアコンの冷房効率を高めて室内の温度を低く保つには、「窓辺の遮熱対策」を行うのがおすすめです。遮熱対策をすることにはどのような意味があるのか、そしてどのような方法があるのか、興味を持った方は、ぜひ本記事をご…

  • 個性的な家づくりは収納も含めて考える、わが家にとって使いやすい収納とは

    個性的な家づくりは収納も含めて考える、わが家にとって使いやすい収納とは

    家づくりにとって重要な収納プラン 家を新築したり、リフォームしたりするなら、わが家のライフスタイルに合った家づくりをしたいですね。それには、ライフスタイルに合わせて機能・デザインともに暮らしやすいような内装や外装にしたい…

  • 外国人も興味津々、神社の屋根デザインあれこれ

    外国人も興味津々、神社の屋根デザインあれこれ

    屋根を見れば建てられた時代がわかる このところ、伊勢神宮の式年遷宮と出雲大社(写真)の大遷宮が重なり、京都では下鴨神社、上賀茂神社の遷宮が続きました。その話題はテレビやネットなどでも取り上げられ、日本国内はもちろん、外国…

  • カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールという考え方 家は快適に暮らすための場所であるのはもちろんですが、住む人のセンスやライフスタイルを表現できる場でもあります。おしゃれな家づくりをするなら、内装から外観までトータルにコーディネートしたいもので…

  • モデル・香菜子さんインタビュー:使ってみて分かる本当に良いものの美しさ

    モデル・香菜子さんインタビュー:使ってみて分かる本当に良いものの美しさ

    モデル、イラストレーター、デザイナーと、いくつもの顔を持つ香菜子さん。二児の母でもある彼女は、本当に欲しいものを自分で作り、自然体のライフスタイルを実践することで、多くの女性からの支持を得ています。そんな彼女に、ご自身の…

  • 天然の木材を使った家のナチュラルな内装づくり

    天然の木材を使った家のナチュラルな内装づくり

    心地よく飽きのこない内装づくりなら 家は長年にわたって暮らすものなので、その内側は心地よく飽きのこないデザインにしたいものです。また、数年前にはシックハウス症候群が問題になったことからも、天然木などの自然素材を活かしたナ…

  • あこがれの海辺の住まい作りを成功させるには

    あこがれの海辺の住まい作りを成功させるには

    海辺の家であこがれのライフスタイル 南の島の茅葺き屋根のリゾートホテルで海を見ながら過ごすひととき…自宅でそんな気分を味わえたら、と思ったことはありませんか?海の見える家にあこがれている方は少なくないかもしれません。 そ…

その他のおすすめ記事

  • 屋根材

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根のデザインと屋根材選び 住まいを守る上で屋根はとても重要なものであり、さらには住宅の外装の大部分を占めることから、外観イメージにも大きく影響します。したがって、家を建てるときに、どのような屋根にするかは大きな問題です…

  • 屋根

    屋根に太陽光発電を設置する際の注意点

    屋根に太陽光発電を設置する際の注意点

    近年ではスマートハウスやゼロエネルギーハウス(ZEH)が話題となっています。また、2020年の省エネ基準適合住宅の義務化などもあり、ますます太陽光発電に注目が集まっています。ここでは、太陽光発電を設置できる屋根の種類やメ…

  • ライフスタイル

    あこがれの海辺の住まい作りを成功させるには

    あこがれの海辺の住まい作りを成功させるには

    海辺の家であこがれのライフスタイル 南の島の茅葺き屋根のリゾートホテルで海を見ながら過ごすひととき…自宅でそんな気分を味わえたら、と思ったことはありませんか?海の見える家にあこがれている方は少なくないかもしれません。 そ…

  • メンテナンス

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    持ち家の価値を維持するために 建築の専門家が住宅の状態を検査するサービス「ホームインスペクション(住宅診断)」が広がりつつあります。中古住宅市場の活性化を目指し、国交省もホームインスペクションを普及させる方針です。これか…

  • 耐震

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古戸建住宅の購入にあたってのポイントは 新築住宅に比べて物件数が多く価格帯の幅も広い中古住宅。 新築よりもリーズナブルな価格の中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションをと考える人も多いのではないでしょうか。特に、戸…

  • 屋根

    軒の出幅や屋根勾配ってなに? 新築の屋根工事で大切なこと

    軒の出幅や屋根勾配ってなに? 新築の屋根工事で大切なこと

    屋根は家づくりの重要ポイント 屋根は、住まいを直射日光や雨風から守ってくれる大切な部分です。屋根をどう作るかで、住宅の性能や外観のイメージにも大きく関係します。このように家づくりにおいて屋根は重要なポイントといえますが、…

  • 屋根

    屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    外観イメージを左右する屋根の色 屋根の塗替えリフォームをすることになったら、どのように色を選べばいいのでしょう? 屋根は外壁とともに、住宅の外観イメージを構成する主要な部分。屋根の色選びによって、家の見た目は大きく変わり…

  • 屋根材

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根の雨漏りの意外な原因 雨の多い季節になりました。木造住宅の大敵、雨漏りをしっかり防いでいきたいものです。 雨漏りの原因といえば、屋根の瓦やスレートの破損、ズレ、または窓のサッシまわりのシーリングの劣化などが考…

  • メンテナンス

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    かつての主流だった和風住宅から、洋風住宅へ。日本の建築様式の移り変わりと共に高い需要が続いている 屋根材が「スレート屋根」です。薄くて軽い板状の素材「スレート」を使用したスレート屋根の寿命は約20年~25年と言われていま…

  • メンテナンス

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根はいつか「葺き替え」が必要に 家は長年にわたって住み続けるもの。戸建住宅でいつまでも快適に暮らしていくには、内外装や設備の適切なメンテナンスやリフォームが欠かせません。住まいの快適さを支えるのは住宅の性能ですが、住宅…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ