塩害を防ぎたい! 海風に強い屋根・外壁材の選び方

まだ劣化するほど古くないのに、屋根の金属部分がサビたり、外壁の塗装が剥げたり。
海沿いの地域でよく見られるこの「塩害」は、海水の蒸発によって空気に混じった塩分が海風に運ばれ、建物や自動車に付着することで起こります。

海の近くに住んでいる限り、塩害による建物の劣化を防ぐことはできないのでしょうか?
ここでは、塩分を含む海風にも負けない屋根材や外装材の選び方や、塩害対策についてご紹介します。

海沿いに家を建てるデメリット

素晴らしい景観、窓を開ければ香る潮風。近所で買える海産物はおいしくて……。海を臨む穏やかな暮らしに憧れを抱く方は少なくないでしょう。しかし海沿いに建つ家には、メリットだけでなく、デメリットがあることも忘れてはいけません。

ひとつ目は「塩害」です。塩分を大量に含んだ海風には、金属の腐食を早める働きがあります。屋根や外壁、玄関ドアやアルミサッシ、エアコンの室外機に至るまで、海風にさらされた金属部分は通常の劣化よりもはるかに早いスピードで腐食し、サビが発生するのです。
「我が家は海から離れているから大丈夫!」と安心するのは早計かもしれません。

一般的に、海岸線から200m~500m以内を「重塩害地域」、2km以内を「塩害地域」と呼んでいますが、実際には5km以上離れた場所で被害が出たという報告もあります。風向きと風の強さによって、思いもよらぬところにも被害をもたらすのが塩害の実態なのです。

もうひとつのデメリットは「強風」。海沿いの地域では、海上と陸上の空気の気圧差により、昼間は海側から強い風が吹き込みます。また、海沿いは風を遮るものがないため、時にまっすぐに歩けなくなるほどの突風が吹くことも少なくありません。当然ながら、屋根や外壁も大きなダメージを負うことになるでしょう。海沿いに家を建てるならば、強風に負けない屋根や、強化ガラス、雨戸など設置するなどの対策が必要です。

海沿いに家を建てる場合、屋根や外壁に使うのに避けたほうが良い素材

塩害や強風のリスクはあっても、やはり海沿いでの生活は魅力的です。「それでもここに家を建てたい」と思ったら、まずは屋根や外壁の素材を考えることから始めましょう。海沿いに家を建てる場合、屋根や外壁に使うには不向きな素材があります。それは、スチールやトタンといった「金属」の素材です。

前項でもお伝えした通り、塩分を含んだ海風は金属の腐食を早め、サビを発生させます。サビた金属はやがて強度を失い穴が開いてしまうこともあります。それが屋根や外壁であれば、雨漏りやすきま風の原因となるだけでなく、室内に入りこんだ雨水によって電気機器が故障したり、ショートしたりする可能性もあるのです。

また、同じく塩害に弱い素材として挙げられるのが「窯業サイディング」。これは金属ではなくセメントを主原料とする一般的な外壁材ですが、実はセメントも大量の塩分によって劣化することが分かっています。

海沿いの家の屋根や外壁におすすめの素材

では、海沿いの家に適した素材にはどんなものがあるのでしょうか?屋根材でおすすめしたいのは「ステンレス」です。ステンレスは“ステンレス・スチール”という鉄を主成分とした金属ではありますが、その名の通り、ステン(錆)/レス(ない)=サビない(厳密にはサビにくい)ことで知られています。表面を覆っているクロムという金属の薄い膜が、塩分によるサビを防いでくれるのです。

外壁材のおすすめは「樹脂サイディング」。これは塩化ビニール樹脂というプラスチックを主原料とする素材ですので、サビたり腐ったりする心配はほとんどありません。また、軽くて耐久性があり、防火性にも優れているスグレもの。日本での歴史は浅くシェアはまだ1%程度ですが、上記の特徴から注目を浴びつつあるようです。

近年、屋根材や外壁材として人気の「ガルバリウム鋼板」は金属素材ですが、耐食性に優れたアルミニウムや亜鉛で鉄板をコーティングしているため、サビに強い性質を持っています。さらに上から塗装をすることで、塩害による被害はかなり抑えることができるでしょう。

海沿いに家を建てた場合のメンテナンス方法

サビに強い屋根材や外壁材を選ぶことで塩害をある程度抑えることはできますが、より長持ちさせるには塗装による定期的なメンテナンスが不可欠です。塩害対策に有効な塗料として人気が高いのは「フッ素系塗料」。価格は1平方メートル当たり約3,500円と高めですが、耐用年数が約15年と長くメンテナンスの回数を減らすことができます。もっと高額の「無機系塗料」になると、耐用年数は約25年とさらに長持ち。価格と耐用年数はほぼ比例しますので、トータルで考えるとハイグレードな塗料がお得です。

日常的なメンテナンスとして、こまめに清掃することも大切です。強風や暴風雨に見舞われた後は、ホース、ブラシなどを使って屋根や外壁についた塩分を洗い流しましょう。洗浄の際には高圧洗浄機などを使ってしまうと塗装を剥がしてしまう恐れがあるため注意するようにしましょう。

また、同じ建物であっても、部位によってサビやすさは異なります。屋根など雨の当たる部位では雨によって塩分が洗い流されますが、軒下・軒裏など雨がかかりにくい部位は塩分が洗い流されずに凝縮され、サビが進行してしまうことがあります。そのため、雨がかかりにくい部位は、定期的に水で洗い流すことをおすすめします(屋内への漏水にはご注意ください)。

次世代ガルバリウム鋼板とは?

次世代ガルバリウムは、ガルバリウム鋼板のめっき組成にマグネシウムを追加したものです。独自の合金めっき構造を踏襲しつつ、マグネシウムの働きによってめっき層を強化したため、これまでのガルバリウム鋼板の3倍超の耐食性を獲得することができました。その次世代ガルバリウム鋼板を、屋根や壁材として利用することで、さらに塩害を防ぐことができるようになります。
次世代ガルバリウム鋼板について詳しい説明はこちら

海沿いに暮らしている限り、塩害のリスクは常について回ります。海に近い場所に家を建てる場合は、あらかじめ塩害に関する知識を学んで対策を立てておきましょう。もちろん居住後も、定期的なメンテナンスを忘れないようにしましょう。もし、これから家を建てようと思っている方はぜひ、次世代ガルバリウム鋼鈑の使用を検討してみてください。

屋根材のおすすめ記事

  • 保険を適応できる場合もあり!瓦のひび割れの原因と修理費用の目安

    保険を適応できる場合もあり!瓦のひび割れの原因と修理費用の目安

    屋根の瓦にひび、割れが見つかったときは、早めの修理を心がけるべきです。放置していれば雨漏りや、ひどい場合は屋根の崩落などの危険性にもさらされます。瓦を修理するには業者に依頼するのが最善の策ですが、今回は自分で修理する方法…

  • あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    歴史あるフシギなお寺 東京の中でも、とりわけ江戸情緒が残る街・築地。 その象徴ともいえる、にぎやかな場外市場から1本の通りをへだてた場所にそのお寺はあります。江戸時代から続く歴史と由緒ある寺院ながら、一歩その境内に踏み入…

  • いろいろあります。 住まいを守る「屋根」の素材と特徴

    いろいろあります。 住まいを守る「屋根」の素材と特徴

    屋根は、熱い日差しや冷たい雨風から私たちの住まいを守ってくれる大切な存在です。 もしもあなたが新築やリフォームを考えているのであれば、その素材にもこだわってみませんか? 屋根材にはさまざまな種類があり、それぞれに異なる見…

  • 歴史と現代に見る自然派の屋根材

    歴史と現代に見る自然派の屋根材

    日本で初めての屋根 飛騨高山の白川郷に代表される茅葺きの屋根の家並みは日本の原風景ともいわれます。そんな茅葺き屋根の材料「茅」ですが、これは特定の植物ではなく、ススキなどのイネ科の植物の総称です。この草で葺いた屋根を総じ…

  • 日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    日本の住宅では昔から、屋根瓦を取り付けたタイプが主流となってきました。ひとくちに屋根瓦といってもいくつか種類があり、昔ながらの日本瓦の他に「セメント瓦」と言われる商品があります。ぱっと見たところの大きな違いはありませんが…

  • ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    現代にも通じる洋館のスタイル 「家を建てるなら、おしゃれな洋館のような建物にしたい」そう思う人は少なくないでしょう。日本に洋風建築が入って来た明治以降から昭和初期にかけ、日本で暮らす外国人や裕福な日本人の住宅として、美し…

  • ご存知ですか?あの歴史的建造物の瓦屋根のヒミツ

    ご存知ですか?あの歴史的建造物の瓦屋根のヒミツ

    お城やお寺の意外な瓦屋根 日本のお城や神社仏閣などの屋根には古くから瓦が使われてきました。伝統的な日本の瓦といえば、黒やグレーの陶器瓦が一般的です。そして、伝統的な建築物には、本葺瓦がよく用いられます。また、いぶし銀とい…

  • 快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

    快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

    快適な室内空間づくりで大切なこと 室内の壁と天井は住まいの大きな面積を占める部分ですから、どのような質感や色に仕上げるかで内装のイメージは大きく変わります。また、使用する壁材や天井材の種類によっては室内環境にも影響します…

  • 屋根の雨音がうるさい……屋根の雨音を軽減する方法とは?

    屋根の雨音がうるさい……屋根の雨音を軽減する方法とは?

    自宅の屋根の雨音がうるさくて気になる……というとき、何か雨音を軽減するための効果的な方法はあるのでしょうか?屋根材による雨音の違いとその理由、そして屋根を完全に葺き替えてしまう以外の、コストと手間を抑えた軽減のための対策…

  • 屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    ユニークな異人館 異国情緒ただよう神戸市北野地区の異人館街には、歴史ある美しい洋館が立ち並びます。これらの洋館が異人館と呼ばれるのは、幕末や明治時代以降に欧米人の住居として建てられたためです。北野の異人館には、贅を尽くし…

その他のおすすめ記事

  • メンテナンス

    外壁にひび割れが……ひび割れをしてしまう原因と発見後の対策

    外壁にひび割れが……ひび割れをしてしまう原因と発見後の対策

    外壁のひび割れは見た目が悪くなるだけでなく、ひび割れたところから建物の劣化が始まり非常に危険です。外壁にひび割れを発見した時は放置せず、早めに適切な処置をすることが必要です。外壁がひび割れてしまう原因を解き明かして、正し…

  • 屋根材

    日本最古の洋館は和洋折衷? その意外な屋根材とは

    日本最古の洋館は和洋折衷? その意外な屋根材とは

    明治以前からあった最古の木造洋風住宅 神戸や横浜など、旧居留地であった街には歴史ある洋館が立ち並びます。洋館と呼ばれる洋風の建物はいつごろから建てられるようになったのでしょうか。 それは、明治以降といいたいところですが、…

  • リフォーム

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    浴室の施工法の違いとは? 自宅の浴室をリフォームすることになったら、快適でくつろげる場所にしたいものですね。ところで、浴室づくりといえば、ユニットバスが主流ですが、在来工法という選択肢もあるのをご存知ですか? 既成のパー…

  • 耐震

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    家の耐震性は外観デザインと関係する? 地震をはじめとする自然災害の多い国、日本での住まい作りでは、耐震性や耐久性がとても大切になります。とはいえ、住宅に求められるのは性能だけではありません。せっかくのマイホームですから、…

  • メンテナンス

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    住宅の細かい不具合はリフォームのタイミングで一気に解決 住宅のリフォームをするきっかけや理由は人によりさまざま。とはいえ、戸建住宅の場合、壁紙の貼り替えや古くなったシステムキッチンやユニットバスの交換など、おおよそ10年…

  • ライフスタイル

    あこがれの海外インテリアを上手に取り入れるには

    あこがれの海外インテリアを上手に取り入れるには

    海外インテリアを日本の住まいに取り入れるには 自宅の新築やリフォームをすることになったら、おしゃれでステキな住まいにしたいですね。そこで、気になるのが、ミッドセンチュリーや北欧スタイル、アーリーアメリカンなどのハイセンス…

  • 屋根

    災害に強い家にするために大切な屋根工事・メンテナンス

    災害に強い家にするために大切な屋根工事・メンテナンス

    地震対策で意外に大切なこと 地震や台風など、日本は災害の多い国です。それだけに、大切なわが家をしっかりと守りたいものです。特に、ここ数年は大きな地震が相次いでいることから、自宅の耐震性が気になる方は少なくないでしょう。地…

  • メンテナンス

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根はいつか「葺き替え」が必要に 家は長年にわたって住み続けるもの。戸建住宅でいつまでも快適に暮らしていくには、内外装や設備の適切なメンテナンスやリフォームが欠かせません。住まいの快適さを支えるのは住宅の性能ですが、住宅…

  • ライフスタイル

    海外インテリアに学ぶホテルライクな寝室づくり

    海外インテリアに学ぶホテルライクな寝室づくり

    寝室をお気に入りの空間に 住まいにおける寝室とは、どのような空間でしょう? 寝室は単に寝るだけの部屋と考えている人も多いかもしれません。しかし、本来は1日の疲れを取り、明日への活力を養うための大切な場所です。したがって、…

  • ライフスタイル

    窓まわりを工夫して外国の家のような部屋づくり

    窓まわりを工夫して外国の家のような部屋づくり

    外国風の部屋づくりは窓まわりから? 家を訪れた友人に「まるで、外国の家みたい!」といってもらえるような部屋づくりをしたいと思いませんか? とはいえ、映画や雑誌で見るような外国の家は日本と違い、広くて天井も高く、そのまま真…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ