しっかり計画をたてよう! 戸建住宅の修繕計画の立て方

新築で購入した憧れの戸建住宅。しかし、屋根や外壁、ピカピカのキッチンやバスルームも、長い年月を重ねれば劣化は避けられません。いつまでも快適に暮らし続けるにはどうしたら良いのでしょうか。

答えは、メンテナンスやリフォームといった修繕計画を立てておくことです。将来的にどんな修繕が必要になり、それにはどれほどのお金がかかるのか?
大体の目安と、修繕費用の貯め方についてご紹介していきます。

家は購入してからが大事

マイホームを持つことが将来の夢という人は少なくないでしょう。しかし、家は手に入れることがゴールではありません。長年にわたって良い状態を維持し、快適に暮らし続けるのが大切です。

日本では、これまで住宅と言えば、新築で「購入」するものというイメージが強く、そのの「メンテナンス」や「リフォーム」についての関心度はあまり高くありませんでした。しかし、最近では新築価格の上昇などから、住宅をなるべく長持ちさせ、いつまでも快適に暮らしたい という人々が増えてきています。購入した住宅を長持ちさせるためには、適切な時期にメンテナンスやリフォームを行う必要があます。事前にしっかりと修繕計画を立てましょう。

住宅の修繕計画とは、住宅の部位と設備ごとの工事の内容、実施時期、費用の概算を含め、家を良い状態でキープしていくための総合的なプランです。

修繕計画といえば、マンションにつきものと思えますが、戸建住宅こそ修繕計画が大切です。多くの住人が共同で修繕積立を行うマンションに対し、戸建住宅のオーナーは1世帯。そのため、自分の家をきちんと維持できるかは自分次第となります。ご自宅 のどのような部位や設備にいつ、どのようなメンテナンスやリフォームが必要になるのか把握し、修繕計画を立てましょう。

内外装と主要な設備の耐用年数

修繕計画を立てる上で、知っておきたいのが内外装や主要な設備の耐用年数です。おおよその目安は次の通りです。

<外壁>

・モルタル壁:15~20年
・窯業系サイディング:15~20年
・金属系サイディング:15~20年

<屋根>

・日本瓦:40~60年
・人工スレート:20~25年
・一般的な金属屋根:20~30年

<躯体>

・土台、床組:土台以外は20~30年で全面取替え

<内装関係>

・壁紙:約10年で張替え
・建具関係:15~30年
・アルミサッシ:15~30年
・フローリング:状況によって検討

<設備>

・ユニットバス:10年~15年
・トイレ(全体):15年~20年
・エアコン:10年
・給湯器:10年
・ガスコンロ:10年
・換気扇:10年
(以上、出典:住宅金融支援機構 フラット35「マイホーム維持管理ガイドライン」、各メーカーの設計標準使用期間

*これは、あくまでも一般的な目安です。各部位・設備とも実際の耐用年数は建物の立地条件や使用状況、グレードなどにより異なります。

一口に家といっても、いろんな部位と設備から構成され、それぞれ耐用年数があることがわかりますね。耐用年数を過ぎたものは、取り替えや全面補修が必要になりますが、それまでの間、何もしなくていいわけではありません。トラブルを防ぎ、良い状態を維持していくためには、定期的なメンテナンスも必要です。

戸建住宅を建築後の修繕の目安

主要な部分のメンテナンスとしては、新築から10年経過した時点で、スレートや金属屋根・外壁の塗替え、土台の防腐・防蟻処理をするのがよいとされています。壁紙の張替えや給湯器などの交換も同じ時期です。
その後も、ある一定の年数が経つごとにリフォームやメンテナンスが必要になります。その一般的な目安は次の通りです。

<新築から10年後>

・屋根・外壁の塗替え
・土台の防腐・防蟻処理
・壁紙の張替え
・設備の交換:給湯器、ガスコンロ、換気扇、エアコン
⇒おおよそに必要な修繕費用:約300万円

<新築から15年後>

・設備の交換:ユニットバス
・屋根・外壁の塗替え
⇒おおよそに必要な修繕費用:約200万円

<新築から20年後>

・屋根の塗替え、または葺き替え
・外壁の塗替え、または張替え
・土台の防腐・防蟻処理
・壁紙の張替え
・設備の交換:給湯器、ガスコンロ、換気扇、エアコン、トイレ
⇒おおよそに必要な修繕費用:約300万円~500万円

<新築から30年後>

・屋根・外壁の塗替え
・土台の防腐・防蟻処理
・壁紙の張替え
・設備の交換:給湯器、ガスコンロ、換気扇(レンジフードと想定)、エアコン、ユニットバス、キッチン
⇒おおよそに必要な修繕費用:約500万円

こうしてみると、けっこう費用がかかりそうです。概算費用を知るためにも、修繕計画を立てる際は、ハウスメーカーや住宅の販売会社などに相談することをおすすめします。おおよその費用がわかれば、その金額を目標に日ごろから費用を積み立てるようにすれば安心ですね。

修繕費用はどう積み立てていけば良い?

ここまでの項目でご紹介してきたように、戸建住宅の修繕には非常にお金がかかります。将来的なライフプランを組み立てている方は多いとは思いますが、「子どもの学費」「老後の蓄え」は想定していても、「家の修繕費用」まで考えている方は決して多くはないでしょう。想定外の出来事に100万円単位のお金を払う……これは大変な出費です。そこでお勧めしたいのは、マンション購入者が毎月支払う「修繕費」の感覚で、一定の金額を積み立てておくこと。あらかじめまとまったお金があれば、いざという時に慌てずに済みます。
積み立ては、銀行や生命保険会社などで簡単に申し込むことができますよ。

なるべく修繕費用を抑えるには?

家の修繕に高額の費用がかかってしまうのは仕方のないこと。しかしながら、屋根に関してはいくつかの方法で、葺き替え等の大がかりな修繕を先延ばしにすることができます。例えば、定期的な塗替えをすること。一般的なスレート屋根は放っておくと10数年で劣化が目立ってきます。そこで、10年を目安に塗替えを行うことにより、最大20~25年は使い続けることができるようになります。
他には、塗料自体にこだわること。金属屋根の場合、「フッ素系樹脂」の入った塗装鋼板を使用することにより、約20年間塗替えが不要となります。屋根の塗装は約30万~40万円、葺き替えをすると100万円以上かかると言われています。修繕費用はその内容・コストと頻度の両面から、長い目で見て検討することが大切です。

マンションと違って月々の修繕費を払う必要のない戸建住宅ですが、劣化や故障は同じように発生します。「まだ新築だから」と油断しているうちに修繕の時期を迎えてしまった…なんてことにならないように、上記を参考にして修繕計画を立て、戸建住まいの方もマンションと同じように修繕費用を積み立てておきましょう。

メンテナンスのおすすめ記事

  • 外壁塗装で重要! 外壁の下塗り材の種類と特徴

    外壁塗装で重要! 外壁の下塗り材の種類と特徴

    外装塗装では、耐久性や仕上がりの美しさを求めるために、下塗り・中塗り・上塗りと複数の工程が実施されます。どの工程も大切なのですが、基本となる下塗りは後の作業や仕上がりに大きく影響する重要な作業です。下塗りの持つ意味や、用…

  • 外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

    外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

    外壁の塗装メンテナンスが必要な理由 ご自宅の外壁が色あせてきたり、汚れが目立ってきたりすれば、それは塗替えメンテナンスが必要なサインかもしれません。外壁は、屋根とともに住まいを雨風や直射日光から守ってくれる大切な部分。外…

  • 部屋の壁紙、クロスの汚れが気になる……家庭でもできるクロス汚れの落とし方

    部屋の壁紙、クロスの汚れが気になる……家庭でもできるクロス汚れの落とし方

    壁のクロスの汚れが知らないうちに溜まっており、気がついたときには落としにくくなっていた、ということはありませんか。壁の汚れをきれいにする際には、その汚れの種類によって落とし方も変わってきます。ここでは壁の汚れの正しい落と…

  • 外壁塗装時に発生する臭いの対処法

    外壁塗装時に発生する臭いの対処法

    家を新築するときや外壁をリフォームするときに外壁塗装を行いますが、そこで心配になるのが臭いの問題です。外壁塗装時に気になる臭いは何なのか、身体に害はあるのか?その対策について詳しくご紹介します。 家の中が臭い!外壁塗装時…

  • 外壁や屋根の塗装は雨の日でもできる? 塗装作業への影響について

    外壁や屋根の塗装は雨の日でもできる? 塗装作業への影響について

    外壁や屋根の塗装は家を守るためにも一定周期で行う必要がありますが、その塗装を長持ちさせるためには適した季節に塗装作業をすることが大切です。そこで、塗装に適した季節はいつ頃なのか、雨の日に塗装はしてもよいのか、その場合作業…

  • スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレートって、どんな屋根材? 住宅用の屋根材として広く普及しているものに人工スレートがあります。人工スレートとは、セメントと各種の繊維を混ぜ、薄く平たい板状に成型し、表面を塗装で仕上げたものです。スレートには、天然石でで…

  • 現代の住宅の大敵、雨漏り・湿気はどう防ぐ?

    現代の住宅の大敵、雨漏り・湿気はどう防ぐ?

    雨漏りや湿気が家の大敵なのは、どうして? 梅雨の時期は、どうしても湿度が高くなります。 また、雨漏りも気になるもの。現代の住宅では、湿気や雨漏りは建物に大きなダメージを与える可能性がある大敵です。 その理由は、断熱と気密…

  • 在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

    在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

    住宅工法の種類を知ろう 家を建てることになったら、いろいろと知っておきたいことがあります。その中でも基本となるのが住宅の工法です。工法とは建物の骨組み(躯体)をつくる方法のこと。在来工法とツーバイフォーがよく知られていま…

  • 外壁にひび割れが……ひび割れをしてしまう原因と発見後の対策

    外壁にひび割れが……ひび割れをしてしまう原因と発見後の対策

    外壁のひび割れは見た目が悪くなるだけでなく、ひび割れたところから建物の劣化が始まり非常に危険です。外壁にひび割れを発見した時は放置せず、早めに適切な処置をすることが必要です。外壁がひび割れてしまう原因を解き明かして、正し…

  • 住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    雨どいが大切な理由 戸建住宅の屋根や外壁は住まいを雨風から守る大切な部分です。それとともに、雨水から家を守るために大きな役割をしているのが雨どいです。雨どいには屋根の付属品のようなイメージがあるかもしれませんが、十分に機…

その他のおすすめ記事

  • 屋根

    屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    外観イメージを左右する屋根の色 屋根の塗替えリフォームをすることになったら、どのように色を選べばいいのでしょう? 屋根は外壁とともに、住宅の外観イメージを構成する主要な部分。屋根の色選びによって、家の見た目は大きく変わり…

  • ライフスタイル

    ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

    ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

    外装材選びのポイントは? 建物の屋根と外壁はあわせて外装と呼ばれます。屋根の葺き替えや外壁の張り替えなど、外装の大規模なリフォームが必要になったら、また家を建てることになったら、どのような外装材を選べばいいのでしょう? …

  • 屋根材

    わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

    わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

    いま、人気の屋根材とは 家を建てたり、屋根を葺き替えたりすることになったら、どのような屋根材を選べばいいのでしょう? 一般的な住宅用として、広く普及している屋根材のスレート。また、近年、耐震性が高く丈夫なことから人気上昇…

  • 屋根

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    住宅の外観デザインのポイントは これから家を建てることになったら、家の中も外も思い通りのデザインにしたいですね。このごろは、立地環境やライフスタイルにあわせて、住宅の外観にこだわる人が増えています。道行く人が感心するよう…

  • 屋根材

    いろいろあります。 住まいを守る「屋根」の素材と特徴

    いろいろあります。 住まいを守る「屋根」の素材と特徴

    屋根は、熱い日差しや冷たい雨風から私たちの住まいを守ってくれる大切な存在です。 もしもあなたが新築やリフォームを考えているのであれば、その素材にもこだわってみませんか? 屋根材にはさまざまな種類があり、それぞれに異なる見…

  • 屋根

    屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    東京駅の屋根に注目 日本の首都・東京の玄関といえる東京駅。保存復原プロジェクトにより、2012年に丸の内駅舎が創建当時の姿を取り戻しました。国の重要文化財でもある駅舎ですが、駅として日々機能しながら、観光スポットとしても…

  • 屋根材

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    ユニークな異人館 異国情緒ただよう神戸市北野地区の異人館街には、歴史ある美しい洋館が立ち並びます。これらの洋館が異人館と呼ばれるのは、幕末や明治時代以降に欧米人の住居として建てられたためです。北野の異人館には、贅を尽くし…

  • リフォーム

    リフォームやリノベーションはどこに依頼すればいい?

    リフォームやリノベーションはどこに依頼すればいい?

    家にはリフォーム、リノベーションがつきもの? マイホームを購入したら、いつまでも快適に暮らしたいものです。しかし、家は暮らしているうちに必ずリフォームしたい箇所が出てきますし、年数が経てばリノベーションを検討することもあ…

  • リフォーム

    外装リフォームのお得なタイミングの見極め方

    外装リフォームのお得なタイミングの見極め方

    修繕計画を立てて効率よいメンテナンスを 日銀のマイナス金利政策の影響で、預金利息がほぼ0%になっています。貯めて増やすのがむずかしい時代になりましたが、ご自宅の修繕資金は計画されていますか? うちは戸建てなので、マンショ…

  • リフォーム

    浴室のリフォーム成功のために抑えておきたいポイントとは

    浴室のリフォーム成功のために抑えておきたいポイントとは

    浴室は快適で安全であってほしい場所 日本人にとって浴室は単に体を洗うだけの場所ではありません。一日の疲れを取り、ゆったり体と心を癒すスペースでもあります。ただ、浴室は住宅の中でも事故が起きやすい場所ともいわれています。浴…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ