住宅の地震対策-耐震と制震と免震ってどう違うの?-

みなさんは住宅を購入するとき、どのようなポイントを重視しますか? 立地やデザイン、間取りなどさまざまなポイントがある中で、忘れてはならないのが「地震への備え」です。日本は地震大国であり、大地震がいつ、どこで起きてもおかしくないと言われています。そこで今回は、地震対策を語る上でよく使われる3つのワード「耐震」「制震」「免震」について、それぞれの違いをわかりやすく解説していきます。

「耐震住宅」は揺れに耐える

耐震住宅の特徴は、文字どおり「揺れ」に耐えられること。柱や壁、梁など、建物を支える骨組みを強固に造ることで、建物の倒壊を防ぎます。ただし、耐震構造であっても、建物が揺れないわけではありません。そのため、窓ガラスが割れて飛散したり、家具が転倒してケガをしたり、ストーブが倒れて火災が起きたりする可能性も。また、建物の揺れは1階より2階、2階より3階というように上階に行くほど大きくなります。大震災後の余震など、繰り返し揺れることで壁にヒビが入るといった損傷も想定されます。建築基準法が定める耐震基準は1981年に大きく改正され、改正後に建てられた建物においては、最低でも「震度6から7程度の地震で倒壊が守られること」(耐震等級1)が義務付けられています。

「制震住宅」は揺れを吸収する

耐震住宅が建物そのものを強く造るのに対して、制震住宅は装置をプラスすることで建物に伝わる、地震の揺れを抑制します。建物の1階部分の骨組みにダンパーなどの制震装置を取り付けることで、地震の揺れを吸収。耐震住宅に比べて上階ほど揺れが小さく、建物の倒壊防止に加えて、建物内部のダメージも大幅に抑えられるのが特徴です。また、施工が比較的簡単なため、リフォーム工事で地震対策を検討する場合にもおすすめ。しかし、建物が地面に接している以上、揺れが直接伝わることに変わりはありません。

「免震住宅」は揺れを伝えない


免震住宅は、制震住宅よりさらに大がかりな装置を設置し、地震の揺れを遮断します。建物と基礎の間にバネやベアリングといった免震装置を組み込み、地盤と切り離すことで建物に揺れを直接伝えない仕組みです。そのため、耐震、制震に比べて家具の転倒の可能性も低くなります。繰り返しの揺れにも強く、もっとも安全性の高い地震対策と言えるでしょう。弱点としては、縦揺れの地震の場合に効果が発揮されにくいこと、台風などの強風や暴風による揺れを感じやすいことが挙げられます。

耐震・制震・免震のなかでもっとも有効な対策は?

ここまで「耐震」「制震」「免震」の3つを説明してきましたが、住宅に一番有効な対策は何でしょうか? 建物の揺れ方や損傷の可能性、家具・家電の転倒、食器やガラスの飛散の可能性などを考えると、免震住宅がもっとも有効と言えるでしょう。そんな免震住宅でも、注意すべき点がいくつかあります。
・免震装置が高価
・強固な地盤が必要
・地下室の設置ができない
さらに装置のコストだけでなく、定期点検が必要なため、メンテナンスコストもかかります。軟弱な地盤の場合、地盤改良の費用が別途かかることもあり、「コスト面であきらめるしかない」方が多いのが現状です。

コストが抑えられるのは?


では、もっともコストが抑えられるのはどれでしょうか? 耐震住宅は建築基準法で義務付けられているので、当然のことながら追加費用は発生しません。近年は、耐震に力を入れているハウスメーカーが増え、耐震等級1より強度の高い耐震等級2(病院、避難所に指定される建物に求められるレベル)、耐震等級3(警察署、消防署など防災拠点となる建物に求められるレベル)が標準装備されていることも少なくありません。
これに対して、制震装置のコストは標準的な一戸建てで50~100万円前後。予算に余裕があれば、耐震等級の高い家に制振装置をプラスすることで、さらに一段階上の安心が上乗せできそうです。
3つの対策の中で地震の揺れをもっとも抑制できる免震住宅の設置コストは、あくまで目安ですが300~500万円と言われています。ほかの対策と比べると予算が大幅に上がります。
耐震住宅→制震住宅→免震住宅の順にコストがアップしていきます。

性能と費用のバランスを考えて

住宅という高い買い物をする際は、見た目や住み心地につい目を向けてしまいますが、建物そのものを守り、命を守るための備えも大切です。地盤の強さなども十分にチェックし、性能と費用のバランスを考えた上で施工業者と相談することをおすすめします。また「耐震」「制震」「免震」に加えて、建物自体を軽量化することも地震対策として効果的です。新築にはもちろん、リフォームの場合にも有効で、重い屋根をガルバリウム鋼板などの軽くて強い金属の屋根材に葺き替えるだけで建物の軽量化が図れるとともに、建物全体の重心が下がり、揺れの幅を抑えられます。
耐震住宅、制震住宅、免震住宅、それぞれの特徴と建物の軽量化を参考にして、ご自身に合った地震対策を検討してみてはいかがでしょうか。

耐震のおすすめ記事

  • 大震災に耐えた国宝のお寺 現代の在来工法にも通じる耐震対策とは

    大震災に耐えた国宝のお寺 現代の在来工法にも通じる耐震対策とは

      江戸時代以前の耐震対策とは 日本が世界でも有数の地震大国であるのは誰しもが認めるところです。そのため、日本の住宅耐震技術は非常にすぐれたものとなっています。特に1923(大正12)年の関東大震災以降、耐震研…

  • 中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古戸建住宅の購入にあたってのポイントは 新築住宅に比べて物件数が多く価格帯の幅も広い中古住宅。 新築よりもリーズナブルな価格の中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションをと考える人も多いのではないでしょうか。特に、戸…

  • わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    地震のとき、重い屋根は不安?それとも大丈夫? この数年間、日本列島では大きな地震が相次いでいます。わが家の耐震性はどうなのか気になっている戸建住宅のオーナーも多いのではないでしょうか。 木造住宅については、屋根が重いと地…

  • 古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

  • 耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームの重要なポイントとは この春で東日本大震災から5年になりますが、マイホームの耐震性については、気に留めておきたいものです。戸建住宅の耐震性を考える上で、何に気をつければ良いのでしょう。 よく言われているポイ…

  • しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    今、あなたが住んでいる木造住宅は大きな地震が来たとしても倒壊や大破することなく、十分に耐えられる構造や性能を備えているでしょうか? もしも地震対策や耐震性について不安があるのなら、すぐにでも手を打っておくべきです。地震に…

  • 「地震に強い家」とはどんな家? 地震に強い家と弱い家の違い

    「地震に強い家」とはどんな家? 地震に強い家と弱い家の違い

    揺れを感じない小さな地震も含めると、日本では相当な回数の地震が起こっています。そんな日本で暮らしている以上、自宅が地震に弱い家か、それとも地震に強い家なのかは気になるところですね。そこで、ここでは地震に弱い家、強い家それ…

  • ツーバイフォーの家づくりって、どんなもの?

    ツーバイフォーの家づくりって、どんなもの?

    ツーバイフォーって、なに? 住宅を建てるにはいろいろな工法があります。日本で木造住宅を建てる場合、在来工法に次いで多く用いられているのが、ツーバイフォー工法です。通称「ツーバイフォー」や「2 x 4」とも呼ばれることが多…

  • 2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    日本では比較的新しい工法、2×4 現代の日本で木造住宅を建てる場合、主に木造軸組構法と枠組壁工法の2通りの工法があります。 木造軸組構法は古来より日本に伝わる建築工法であることから、在来工法とも呼ばれます。これに対し、通…

その他のおすすめ記事

  • 屋根

    ウッドデッキと屋根で作る開放感あるライフスタイル

    ウッドデッキと屋根で作る開放感あるライフスタイル

    ライフスタイルを広げるスペースとは 断熱性の高い現代の住宅の室内は冷暖房がよく効き、季節を問わず暮らしやすくなっています。そうはいっても、気候の良い時期には、住まいの中に自然の風や光を取り入れたいもの。 屋内と外をつなぐ…

  • 耐震

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古戸建住宅の購入にあたってのポイントは 新築住宅に比べて物件数が多く価格帯の幅も広い中古住宅。 新築よりもリーズナブルな価格の中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションをと考える人も多いのではないでしょうか。特に、戸…

  • ライフスタイル

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    ライフスタイルは変わるものだから 家は長年にわたって暮らすもの。家を建てることになったら、いつまでも家族みんなが快適で暮らしやすい住まいにしたいものです。とはいえ、年月が経つうち、住む人のライフスタイルは変わっていきます…

  • 耐震

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    地震のとき、重い屋根は不安?それとも大丈夫? この数年間、日本列島では大きな地震が相次いでいます。わが家の耐震性はどうなのか気になっている戸建住宅のオーナーも多いのではないでしょうか。 木造住宅については、屋根が重いと地…

  • メンテナンス

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    雨どいが大切な理由 戸建住宅の屋根や外壁は住まいを雨風から守る大切な部分です。それとともに、雨水から家を守るために大きな役割をしているのが雨どいです。雨どいには屋根の付属品のようなイメージがあるかもしれませんが、十分に機…

  • 耐震

    地震に強い家の条件とは

    地震に強い家の条件とは

    家に求められる耐震性能は? この国で住まいについて考えるとき、避けて通れないのが地震対策です。ここ数年でも、記憶に新しい大きな地震がありました。これから家を建てたり、購入するのなら、しっかりと耐震性能を見きわめたいもので…

  • 屋根材

    屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    和風建築と洋風建築、どちらの住宅にもなじむ形状と高いデザイン性が多くの方に評価され、今や日本で普及率No.1と言われているのが「スレート屋根」です。陶器の瓦とも金属とも違うスレートとは、一体どのような素材なのでしょうか?…

  • リフォーム

    リノベーションするなら、住宅の断熱について知っておこう

    リノベーションするなら、住宅の断熱について知っておこう

    住まいの断熱って、どんなもの? 木枯らしが吹く季節になってくると、家の中で暖かく過ごしたいと思う一方、暖房コストも気になりますよね。「家の中がなんだか寒い。暖房が効きにくい。」、そんなふうに感じることがあれば、実は住まい…

  • 耐震

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    今、あなたが住んでいる木造住宅は大きな地震が来たとしても倒壊や大破することなく、十分に耐えられる構造や性能を備えているでしょうか? もしも地震対策や耐震性について不安があるのなら、すぐにでも手を打っておくべきです。地震に…

  • 耐震

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    家の耐震性は外観デザインと関係する? 地震をはじめとする自然災害の多い国、日本での住まい作りでは、耐震性や耐久性がとても大切になります。とはいえ、住宅に求められるのは性能だけではありません。せっかくのマイホームですから、…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ