はじめての「災害保険」〜知っておきたい基礎知識〜

はじめて家を建てるにあたっては、夢のマイホームを手に入れる喜びがありますが、建てた後の「安心」についても考えておかなければなりません。特に近年、大型台風や集中豪雨など異常気象による被害の様子が毎年のように報道されています。自分たちがいつ被害にあってもおかしくない状況ともいえるでしょう。そこで今回は自然災害に備えるための、「災害保険」について解説していきます。

災害保険の種類は大きく分けて2つ

災害保険は、火事、地震、台風、水害などの影響で、建物や家財などの財産が被害を受けた場合、復旧費用が支払われる保険のことです。災害保険にはいくつか種類があり、大きくは「火災保険」と「地震保険」に分かれています。住宅ローンを組んで家を購入する際は、補償範囲などの違いから火災保険と地震保険の両方に加入するのが一般的です。では、火災保険と地震保険はどのように違うのでしょうか。

火災保険とは

火災保険は、補償の範囲が広く、火事のほか自然災害による損害もカバーしています。例えば、落雷や台風、竜巻、暴風、洪水、水害、高潮、土砂崩れ、雪崩などで損害を受けた場合も契約によっては補償が受けられます。ご自身で補償範囲をしっかりと確認してから契約するようにしましょう。
しかし、一般的な火災保険では、地震、津波、火山の噴火による損害は補償されません。火災保険の契約時には、限度となる保険金額を設定しますが、保険金が支払われるときは損害額に応じて金額が変わるのが特徴です。

火災保険は日常のアクシデントも手厚く補償

火災保険の補償範囲には身近な生活に役立つ対象も含まれています。代表的なものが「盗難」「破損・汚損」などです。「盗難」の場合、自宅に空き巣が入った際、盗まれたものはもちろん、割られた窓ガラスや壊された鍵の修理費用、自宅の軒下に置いていた自転車が盗まれた場合も、契約内容によっては補償の対象となります。家庭環境にあわせて検討することをおすすめします。

<補償対象の可能性があるアクシデント>
① 盗難
・空き巣に破られた窓ガラス、壊された鍵
・軒下で盗まれた自転車

② 破損・汚損
・家の中で子どもが遊んでテレビにぶつかり、倒れて故障した
・家の中で誤って携帯電話を落として、画面が割れた
・コーヒーをこぼしてパソコンが壊れた

③ 建物の損害
・外から飛んできたボールで窓ガラスが割れた
・家具をぶつけて壁に穴が開いた

地震保険とは

地震保険は地震による損害のほか、火災保険ではカバーされない火山の噴火や津波による損害も補償されます。また、地震による火災で損害を受けた場合は、地震保険で補償を受けることになります。なお、火災保険は単独で加入できますが、地震保険は火災保険とセットで加入する必要があります。

補償内容・保険料はどの保険会社も変わらない
地震保険は政府が民間保険会社を再保険する形となっているため、どの保険会社で加入しても補償内容・保険料は変わりません。地震保険の金額は、火災保険の保険金額に対して30~50%の範囲内で契約することができます。ただし、金額の上限が決まっており、建物「5,000万円」、家財「1,000万円」までとなっています。保険金が支払われるときは、建物・家財の損害の程度により、「全損」と認定された場合は保険金額の100%、「大半損」は60%、「小半損」は30%、「一部損」は5%がそれぞれ支払われます。

保険加入時は契約内容の理解が重要


実際に保険加入時は、損をしないためにも契約内容をしっかりと理解することが大切です。特に火災保険については、地震保険と違い、保険会社によって補償範囲などのプランが違います。火災保険は、ひとつの保険で必ず「建物」と「家財」の両方が補償されるわけではありません。補償対象が「建物のみ」「家財のみ」「建物+家財」の3パターンに分かれているものもあります。「建物のみ」を補償する保険に入っていた場合、家財の損害については保険金が支払われません。このように、加入する保険プランによって契約内容に違いがあるため、加入する前にしっかりと確認することが必要です。

災害保険への加入は経済的リスクを防ぐ

住宅を購入する際は住宅ローンを組む方がほとんどです。住宅ローンは30年や35年など長期で組む方も多いはず。住宅ローンを支払っている途中で、住宅が火災や自然災害で損害を受ける可能性はゼロではありません。保険に入っていなければ、住宅ローンと修理費用の支払いが重なり、二重苦となってしまう可能性も。火災保険への加入は、そのような経済的リスクの備えとなるのです。

災害保険契約前に覚えておきたいチェックリスト

【火災保険】
□ 補償の範囲が広い(台風による暴風、豪雨による水害など)
□ 日常生活のアクシデントも補償対象(スマホの破損、PCの故障など)
□ 地震による火災は補償の範囲外
□ 補償範囲は契約プランによって異なる場合が多いので、契約前に家庭環境にあった補償範囲なのかを自分でしっかりチェック

【地震保険】
□ 単独で加入することができず、火災保険と一緒に加入する必要がある
□ 補償範囲は地震、地震よる火災・津波・噴火などが補償範囲
□ 補償内容・保険料はどの会社でも変わらない

ライフスタイルのおすすめ記事

  • 知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    茅葺き屋根は日本だけじゃない? この5月に開催予定の伊勢志摩サミットで注目される伊勢神宮。その本殿の屋根は急な勾配がついた特徴的な形をしています。これは、板の上に草で葺かれた茅葺屋根であるためです。茅葺きの「茅」とは、ス…

  • 個性的な家づくりは収納も含めて考える、わが家にとって使いやすい収納とは

    個性的な家づくりは収納も含めて考える、わが家にとって使いやすい収納とは

    家づくりにとって重要な収納プラン 家を新築したり、リフォームしたりするなら、わが家のライフスタイルに合った家づくりをしたいですね。それには、ライフスタイルに合わせて機能・デザインともに暮らしやすいような内装や外装にしたい…

  • 景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    美しい街並を作り出すものとは ぬけるような青い空に映えるオレンジ色の屋根と白い壁の家並、??そんな南欧の街並にあこがれる人は少なくないでしょう。地中海の青い空と美しいコントラストを作り出している屋根はテラコッタと呼ばれる…

  • ガルバリウム鋼板で作る高機能でスタイリッシュな家

    ガルバリウム鋼板で作る高機能でスタイリッシュな家

    ガルバリウム鋼板の次世代建材 家を建てることになったら、安全で快適な住まいにするために気にしたいことがたくさんあります。耐震性など災害に強いことはもちろん、断熱性や湿気対策も大切です。そして、内外装ともデザインにこだわり…

  • ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

    ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

    外装材選びのポイントは? 建物の屋根と外壁はあわせて外装と呼ばれます。屋根の葺き替えや外壁の張り替えなど、外装の大規模なリフォームが必要になったら、また家を建てることになったら、どのような外装材を選べばいいのでしょう? …

  • 使いやすい間取りでおしゃれな家に

    使いやすい間取りでおしゃれな家に

    おしゃれな家にするには間取りも重要? 家を新築したりリノベーションすることになったら、訪れた人がほめてくれるようなおしゃれな家にしたいですね。内外装のデザインはもちろん、壁紙や床材なども気になりますが、おしゃれな家づくり…

  • 外国風の住宅にするコツ

    外国風の住宅にするコツ

    外国風の住まい作りのポイントは日本との違い 海外の映画やドラマに出てくるインテリアにあこがれる人は少なくないと思います。自宅をリフォームすることになったら、外国風のおしゃれな住まいにしたいと思う人もいることでしょう。その…

  • 窓辺の熱を上手に遮断して、涼しく過ごすためのヒントをご紹介

    窓辺の熱を上手に遮断して、涼しく過ごすためのヒントをご紹介

    夏の暑い時期、エアコンの冷房効率を高めて室内の温度を低く保つには、「窓辺の遮熱対策」を行うのがおすすめです。遮熱対策をすることにはどのような意味があるのか、そしてどのような方法があるのか、興味を持った方は、ぜひ本記事をご…

  • 屋根の人気色 、色彩相談室!

    屋根の人気色 、色彩相談室!

    屋根の色にも流行がある? うららかで過ごしやすくなりました。梅雨に向かう前の春は四季の中でも屋根の塗替えに適した季節です。これから街中の緑も生い茂ってきますから、周辺環境と合わせて家のカラーリングを考えるのもいいかもしれ…

  • 見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    収納で個性的な住まいを演出? ライフスタイルにこだわった個性的な住まいにしたいと思う人は少なくないでしょう。特に戸建住宅なら、外観から内装まで、まるごと思い通りの家づくりができます。わが家の個性を演出するなら、内・外装の…

その他のおすすめ記事

  • 屋根

    ウッドデッキと屋根で作る開放感あるライフスタイル

    ウッドデッキと屋根で作る開放感あるライフスタイル

    ライフスタイルを広げるスペースとは 断熱性の高い現代の住宅の室内は冷暖房がよく効き、季節を問わず暮らしやすくなっています。そうはいっても、気候の良い時期には、住まいの中に自然の風や光を取り入れたいもの。 屋内と外をつなぐ…

  • リフォーム

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    浴室の施工法の違いとは? 自宅の浴室をリフォームすることになったら、快適でくつろげる場所にしたいものですね。ところで、浴室づくりといえば、ユニットバスが主流ですが、在来工法という選択肢もあるのをご存知ですか? 既成のパー…

  • リフォーム

    リフォームやリノベーションはどこに依頼すればいい?

    リフォームやリノベーションはどこに依頼すればいい?

    家にはリフォーム、リノベーションがつきもの? マイホームを購入したら、いつまでも快適に暮らしたいものです。しかし、家は暮らしているうちに必ずリフォームしたい箇所が出てきますし、年数が経てばリノベーションを検討することもあ…

  • ライフスタイル

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    ライフスタイルは変わるものだから 家は長年にわたって暮らすもの。家を建てることになったら、いつまでも家族みんなが快適で暮らしやすい住まいにしたいものです。とはいえ、年月が経つうち、住む人のライフスタイルは変わっていきます…

  • リフォーム

    収納のリフォームトラブルを防ぐには

    収納のリフォームトラブルを防ぐには

    使いやすい収納をつくるには 何かとスペースが限られる日本の住宅事情では、収納に悩むご家庭は少なくないと思います。自宅をリフォームするのなら、後になって「収納が足りない」「なんとなくクローゼットが使いにくい」といったことは…

  • リフォーム

    浴室のリフォーム成功のために抑えておきたいポイントとは

    浴室のリフォーム成功のために抑えておきたいポイントとは

    浴室は快適で安全であってほしい場所 日本人にとって浴室は単に体を洗うだけの場所ではありません。一日の疲れを取り、ゆったり体と心を癒すスペースでもあります。ただ、浴室は住宅の中でも事故が起きやすい場所ともいわれています。浴…

  • ライフスタイル

    家を建てるときに知っておきたい! 住宅の屋根勾配の考え方

    家を建てるときに知っておきたい! 住宅の屋根勾配の考え方

    家を建てようとするとき、ぜひしっかりと考えてほしいのが屋根の勾配をどうするかという問題です。屋根づくりにおいては素材選びとともに、勾配の度合い、屋根の形が重要な意味を持ってきます。 勾配の違いによるメリットとデメリットな…

  • 屋根

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の塗替えをする理由は? 日本の夏といえば、台風がつきもの。台風をはじめとする自然災害が多い日本の住宅においては、屋根メンテナンスをきちんとすることが家の寿命を伸ばす秘訣になります。屋根はつねに紫外線や風雨に直接さらさ…

  • 屋根材

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    再注目される国立代々木競技場 2020年の2度目の東京オリンピック開催に向け、新国立競技場や選手村の建設が急ピッチで進んでいます。一方で、前回開催時の施設を今回も利用することが決まっています。そうした施設の中でも、特に有…

  • 屋根材

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    外壁サイディングってなに? 家を建てたり、外装のリフォームをすることになったら、屋根や外壁にどのような材料を使うかが大きなポイントになります。材料によって建物全体の外観イメージが大きく変わりますし、その後の維持メンテナン…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ