いろいろあります。 住まいを守る「屋根」の素材と特徴

屋根は、熱い日差しや冷たい雨風から私たちの住まいを守ってくれる大切な存在です。
もしもあなたが新築やリフォームを考えているのであれば、その素材にもこだわってみませんか? 屋根材にはさまざまな種類があり、それぞれに異なる見た目や特徴を持っています。古くからある瓦、近年注目を集めているガルバリウム鋼板などの主要な屋根材から、あなたの暮らしに最適なものを見つけ出しましょう。

快適な住まいを守る屋根

春は仕事や学業などで新しいことが始まるシーズンです。この時期は引越しをされる方も多いでしょう。心機一転の春は「家」についていろいろと見直したり、考えたりするのによい季節なのかもしれません。今回は、快適な住まいを守るための「屋根」の素材と特徴について説明します。

住まいを考えるとき、間取りや内装などとは違い、「屋根」を意識することは少ないかもしれません。しかし、実は、屋根は住宅にとって非常に大切なもの。直接外にさらされている屋根は、雨風や雪、寒暖差、地域や季節によっては台風や大雪などから日々私たちの暮らしを守ってくれる大切な部分です。

もし、屋根にダメージがあると雨水が浸入し家の内部の柱や梁にまで影響をおよぼし、家全体の寿命を縮めることもあります。また、その材質によっては、地震や火災に対する防災性も異なってきます。
こうしたことから、屋根は住まいの耐久性の要といえるのです。

屋根の素材と寿命・メンテナンスの方法

住宅の耐久性を左右する屋根ですから、そのメンテナンスやリフォームも重要になります。実際に雨漏りがあってからでは、内部まで被害にあってしまい屋根だけの修理では済まなくなる可能性があるのです。そうしたトラブルが起きないよう定期的なメンテナンスが必要ですが、その時期は屋根材の種類によって異なります。

ここで、一般的な屋根材の種類とその特徴について少し知っておきましょう。

瓦屋根(和瓦・洋瓦)

和瓦は、粘土を使った陶器製で非常に重く、断熱性や遮音性に優れた屋根材です。
瓦自体の寿命は長く40~60年と言われていますが、下地となる木材の腐食などもあり、一般的な和瓦屋根の寿命は20~25年ほど。瓦以外の傷みや破損を定期的にチェック&修理することが主なメンテナンス方法となります。

洋瓦は、主に洋風建築の屋根に使われる瓦で、原料とメンテナンス方法は和瓦と同じもの。Sの字のような形の「S型」と、ほぼ平らな「F型」があり、どちらもデザイン性の高い外観を楽しめます。

セメント瓦(コンクリート瓦)

セメントと砂を主原料とする瓦で、「厚形スレート」とも呼ばれている屋根材です。
陶器製の瓦に比べると軽量で価格もややお手頃ですが、小さな衝撃で割れやすく、耐用年数も約15年と短め。またセメント自体の防水性が低いので、塗料が剥げて風雨にさらされると劣化が進み、雨漏りなどのトラブルを引き起こすことも。そのため、10年を迎える前にメンテナンスを行い、塗料の塗り替えやひび割れた瓦の交換などをする必要があります。

スレート

セメントに繊維材料を混ぜあわせた「化粧スレート」と、天然鉱石を使った「天然スレート」がありますが、天然スレートは高価で手に入りにくく、一般的に“スレート”といえば化粧スレートを指します。薄い平板状で非常に軽く、価格もお手頃。豊富なカラーバリエーションで幅広い世代に好まれており、数ある屋根材の中でも普及率はトップクラスです。

寿命は約20年~25年とかなり長持ちですが、表面の塗装が剥げると急激に劣化してしまうため、10年に1度は塗装によるメンテナンスを行いましょう。

ステンレス屋根

ステンレスは鉄にクロムやニッケルなどを加えた合金で、「ステン(錆)レス(ない)」の名の通り錆びにくく腐食に強い屋根材です。重さは陶器瓦の約1/10と非常に軽量。そのため建物の重心が低くなり、地震で倒壊するリスクを下げることができます。

他の屋根材に比べるとかなり高価な上、薄い金属であるために防音性や断熱性は劣りますが、耐久性はピカイチで、ほとんどメンテナンスをしなくても約50年はもつと言われているほど 。ただし錆びや劣化がまったく起こらないわけではなく、経年によって表面の塗料に劣化が生じてしまうため、10年~15年を目途に塗装をし直すと美しい外観を保つことができます。

金属屋根(ガルバリウム鋼板)

ガルバリウム鋼板とは、鉄板を基板とし、 アルミニウムと亜鉛の合金めっきを施した金属素材です。同じ金属であるステンレスほど高い耐食性はないものの、同等に軽量で、耐震性・耐火性に優れています。それでいて価格はステンレスの約6割とかなり控えめ。金属屋根の中でも特に高い人気を誇る屋根材です。ある程度傾斜のついた水はけの良い屋根であれば、寿命は約40年。15年に一度は塗装によるメンテナンスをすることが望ましいですが、最近では20年間メンテナンスフリーのものも登場しています。

長年にわたり家を守るものだから

こうしてみると、屋根材によって特性やコスト、メンテナンス方法が異なります。また、コストについては新築や葺き替えの時だけでなく、メンテナンスや修理の際も費用がかかります。例えば、比較的安価でそれなりに寿命もあるスレートやセメント瓦、塗装鋼板はそれぞれ一般的には10年程で塗替えが必要だといわれているため、その分の費用も考えなければなりません。
そのため、メンテナンスやリフォームの時期に、耐久性や防災性の高い屋根材への葺き替えを検討されてもいいかもしれません。住まいの要である屋根のリフォームは家全体を守るリフォームでもあります。

屋根のリフォームの際には耐久性や防災性そしてコストの面から納得いく屋根材を選んでリフォームすることで安心して暮らすことができます。例えばガルバリウム鋼板に代表される金属屋根であれば、耐震性も優れ、防災性やメンテナンスの容易さにも優れており、耐久性もトタンなどの初期の金属屋根と比べても飛躍的に向上しています。

ぜひこの機会に、わが家の屋根について見直してみませんか?

屋根材のおすすめ記事

  • ご存知ですか?あの歴史的建造物の瓦屋根のヒミツ

    ご存知ですか?あの歴史的建造物の瓦屋根のヒミツ

    お城やお寺の意外な瓦屋根 日本のお城や神社仏閣などの屋根には古くから瓦が使われてきました。伝統的な日本の瓦といえば、黒やグレーの陶器瓦が一般的です。そして、伝統的な建築物には、本葺瓦がよく用いられます。また、いぶし銀とい…

  • スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

    スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

    広く普及しているスレート屋根材とは 青空に風光る季節、日本の住宅街の眺めといえば、青い空に瓦屋根の家並みでしたが、それも懐かしいものとなりましたね。いま、瓦屋根にかわって、広く普及している屋根材はスレートと呼ばれるもので…

  • どの素材がおすすめ? 台風に強い屋根材の選び方

    どの素材がおすすめ? 台風に強い屋根材の選び方

    建物の中でもっとも風雨の影響を受けるのは屋根です。台風が頻繁に上陸する地域にお住まいの方や、引越する予定がある方は、マイホームを守る要である屋根であり、それを構成する“屋根材”選びにも慎重にならなければいけません。台風に…

  • あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    歴史あるフシギなお寺 東京の中でも、とりわけ江戸情緒が残る街・築地。 その象徴ともいえる、にぎやかな場外市場から1本の通りをへだてた場所にそのお寺はあります。江戸時代から続く歴史と由緒ある寺院ながら、一歩その境内に踏み入…

  • 瓦屋根にもいろいろあるってホント? 瓦の種類を知ろう

    瓦屋根にもいろいろあるってホント? 瓦の種類を知ろう

    瓦屋根の材料はいろいろある? 瓦屋根は、文字通り瓦で葺いた屋根のことです。日本各地どこの住宅地でもよく見かけ、古くから神社仏閣やお城の屋根にも使われてきました。このように、瓦は、私たち日本人にとってとてもなじみ深い屋根材…

  • 災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

    災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

    東大に江戸時代の瓦屋根 日本を代表する最高学府、東京大学。その本郷キャンパスのシンボルとなっているのが、通称「赤門」です。江戸時代後期に建てられたものですが、もともとは何の門だったのか、ご存知ですか? 赤門は、旧加賀藩の…

  • 屋根の雨音がうるさい……屋根の雨音を軽減する方法とは?

    屋根の雨音がうるさい……屋根の雨音を軽減する方法とは?

    自宅の屋根の雨音がうるさくて気になる……というとき、何か雨音を軽減するための効果的な方法はあるのでしょうか?屋根材による雨音の違いとその理由、そして屋根を完全に葺き替えてしまう以外の、コストと手間を抑えた軽減のための対策…

  • 屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

    屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

    ハイグレードな塗装鋼板とは 近年、住宅の外壁や屋根といった外装の材料として普及が進むガルバリウム鋼板をご存知でしょうか? 鋼板でありながら、サビに強く高い耐久性があり、金属特有の軽さから耐震性にもすぐれた建材です。このよ…

  • スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根の雨漏りの意外な原因 雨の多い季節になりました。木造住宅の大敵、雨漏りをしっかり防いでいきたいものです。 雨漏りの原因といえば、屋根の瓦やスレートの破損、ズレ、または窓のサッシまわりのシーリングの劣化などが考…

その他のおすすめ記事

  • 耐震

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    地震のとき、重い屋根は不安?それとも大丈夫? この数年間、日本列島では大きな地震が相次いでいます。わが家の耐震性はどうなのか気になっている戸建住宅のオーナーも多いのではないでしょうか。 木造住宅については、屋根が重いと地…

  • 屋根材

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の優れた屋根材とは この4月から電力の全面自由化がスタートします。自由化によって事業者間で競争になれば、電気料金は安くなると思いがちですが、そうとは限りません。発電用の燃料費の変動が電気料金に大きく影響するよう…

  • 屋根材

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    外壁サイディングってなに? 家を建てたり、外装のリフォームをすることになったら、屋根や外壁にどのような材料を使うかが大きなポイントになります。材料によって建物全体の外観イメージが大きく変わりますし、その後の維持メンテナン…

  • 屋根材

    屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    和風建築と洋風建築、どちらの住宅にもなじむ形状と高いデザイン性が多くの方に評価され、今や日本で普及率No.1と言われているのが「スレート屋根」です。陶器の瓦とも金属とも違うスレートとは、一体どのような素材なのでしょうか?…

  • メンテナンス

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    どんなに小まめに掃除をしている家でも、年月が経過すれば劣化してしまうもの。特に、雨や風、雪や紫外線などから私たちの暮らしを守ってくれている“屋根”は大きなダメージを負うことになります。 ちょっとした色あせ程度であれば塗装…

  • ライフスタイル

    知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    茅葺き屋根は日本だけじゃない? この5月に開催予定の伊勢志摩サミットで注目される伊勢神宮。その本殿の屋根は急な勾配がついた特徴的な形をしています。これは、板の上に草で葺かれた茅葺屋根であるためです。茅葺きの「茅」とは、ス…

  • 屋根材

    あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    歴史あるフシギなお寺 東京の中でも、とりわけ江戸情緒が残る街・築地。 その象徴ともいえる、にぎやかな場外市場から1本の通りをへだてた場所にそのお寺はあります。江戸時代から続く歴史と由緒ある寺院ながら、一歩その境内に踏み入…

  • リフォーム

    初めてのリフォームを成功させるために

    初めてのリフォームを成功させるために

    リフォームって、どうするの? 気に入って購入したマイホームも、何年か暮らすうちに修繕や変更したい箇所が出てきます。そこで、リフォームを検討することになりますが、初めての場合は、どこ(誰)に依頼すればいいのか、どのように進…

  • メンテナンス

    住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるために大切なこと 春の花が咲き、過ごしやすい季節になりました。比較的気候が穏やかに安定しているこの時期に、ご自宅のお手入れについて考えてみてはいかがでしょう。いつまでも快適に暮らすために、マイホームは…

  • 屋根材

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根のデザインと屋根材選び 住まいを守る上で屋根はとても重要なものであり、さらには住宅の外装の大部分を占めることから、外観イメージにも大きく影響します。したがって、家を建てるときに、どのような屋根にするかは大きな問題です…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ