住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

住まいを長持ちさせるために大切なこと

春の花が咲き、過ごしやすい季節になりました。比較的気候が穏やかに安定しているこの時期に、ご自宅のお手入れについて考えてみてはいかがでしょう。いつまでも快適に暮らすために、マイホームは大切にしたいものです。
住まいを長持ちさせるには、掃除など日ごろからの手入れはもちろんのこと、適切な「メンテナンス」も欠かせません。住宅といえば、内装に目が向きがちですが、高温多湿で自然災害の多い日本では、むしろ外装が重要なポイントになります。外装とは屋根や外壁のことですが、必要な補修をきちんと行うかどうかで、暮らしやすさや家そのものの寿命が大いに違ってきます。
屋根や外壁にダメージがあると、雨水が浸入し、柱や梁が腐食するといったように、家にとって深刻な事態になることもあります。したがって、外装を良い状態で維持することは、家を長持ちさせることになるのです。そこで、今回は、そのための補修工事についてお話しします。

どのような工事が必要なの?

ここでは、屋根や外壁のトラブルの種類とそのメンテナンスをご紹介します。

・塗装のふくれ、はがれ(塗膜の劣化)
塗料が乾くと表面に膜が形成されます。これが塗膜と呼ばれるものですが、屋根や外壁は塗装することで、塗膜によって雨水から守られます。雨風や紫外線にさらされるうちに塗膜は劣化しますが、ふくれやはがれはそのサイン。
その場合、劣化した塗膜をはがして塗替え工事を行います。塗膜が劣化したまま放置しておくと、下地まで傷めてしまい雨漏りを起こすことも。そうなると、大規模なリフォームが必要になりかねません。

・シーリングの劣化
シーリングとは屋根材の継ぎ目や外壁のサイディングなどの継ぎ目、サッシまわりの防水加工のことです。シーリング剤で目地やすき間が埋められていますが、経年による劣化で、ひび割れのようなすき間ができると、雨水が浸入します。シーリングの補修には、既存のシーリング剤の上から充填する「打ち増し工法」と古いシーリング剤をすべて除去し、新しくシーリングし直す「打ち替え工法」があります。

・ひび割れ(クラック)
クラックとも呼ばれるひび割れは建物のどのような部分でも発生する可能性があります。また、ひび割れの大きさ・深さもさまざまです。塗膜(塗装の表面の膜)のみの浅いものであれば、メンテナンスの必要がないか、あっても塗替えのみで済みます。しかし、ひび割れが内側のモルタル層や下地におよんでいると、防水性能に影響します。こうした場合は、ひび割れの深さによってシーリング剤や樹脂を注入するなどの工事が必要です。

早めの発見、早めのメンテナンスが基本

外装のトラブルは一見小さなものでも、放置すると雨漏りや内部構造の腐食につながることもあります。早めの発見、早めの対処がかかせません。そのためには、定期的なチェックが大切です。
屋根材や外壁材は種類によって耐久性や寿命が異なりますが、大切なマイホームには、丈夫で長持ちするものを選びたいですね。
小さな補修工事でも積み重なると費用の負担も重くなります。優れた材料を選ぶことも住まいを長持ちさせるための重要なポイントです。
たとえば金属などの素材を屋根材に選ぶことも、今や住まいを長持ちさせる選択肢の一つとなっています。技術の進歩による建材の進化についても情報を得ることで、大切な家を賢く守って行きたいものですね。

メンテナンスのおすすめ記事

  • 玄関ドアの塗装は必要? 玄関ドアの塗装を考えるべきタイミング

    玄関ドアの塗装は必要? 玄関ドアの塗装を考えるべきタイミング

    その家の顔ともいうべき玄関ドア。しかし、そのドアの塗装が剥げていたり色褪せていたりすると、これだけで家全体の印象が悪くなりかねません。そのため、玄関ドアの塗装や補修が必要になるわけですが、塗装のタイミングや、塗装ではなく…

  • 外壁の塗装メンテナンスって、どんなことをするの?

    外壁の塗装メンテナンスって、どんなことをするの?

      外壁メンテナンスの基本とは わが家でいつまでも快適に暮らすためには、適切にメンテナンスを行って家を良好な状態に保つことが欠かせません。特に戸建住宅の場合は、雨風から直接住まいを守ってくれる外装のメンテナンス…

  • 外壁にコケが生えてしまう原因は? コケが生えてしまったときの対処法

    外壁にコケが生えてしまう原因は? コケが生えてしまったときの対処法

    コケは観賞用に育てる分には良いものですが、マイホームの外壁に意図せずに生えてしまったものは非常に迷惑です。コケは見た目が悪いだけでなく、実は家や人にも悪影響を与える恐れがあります。コケに気づいたら、早めに正しく対処してお…

  • しっかり計画をたてよう! 戸建住宅の修繕計画の立て方

    しっかり計画をたてよう! 戸建住宅の修繕計画の立て方

    新築で購入した憧れの戸建住宅。しかし、屋根や外壁、ピカピカのキッチンやバスルームも、長い年月を重ねれば劣化は避けられません。いつまでも快適に暮らし続けるにはどうしたら良いのでしょうか。 答えは、メンテナンスやリフォームと…

  • DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク

    DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク

    DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク 自宅の外壁塗装は道具を揃えることでDIYでも行うことができます。しかし、DIYにはメリット・デメリットがあり、これらを十分に理解しておかないと後で後悔する可能性があります…

  • 外壁や屋根の塗装は雨の日でもできる? 塗装作業への影響について

    外壁や屋根の塗装は雨の日でもできる? 塗装作業への影響について

    外壁や屋根の塗装は家を守るためにも一定周期で行う必要がありますが、その塗装を長持ちさせるためには適した季節に塗装作業をすることが大切です。そこで、塗装に適した季節はいつ頃なのか、雨の日に塗装はしてもよいのか、その場合作業…

  • 外壁塗装を行う際に検討しよう! 汚れにくい外壁塗装とは?

    外壁塗装を行う際に検討しよう! 汚れにくい外壁塗装とは?

    外壁塗装を行う際に検討したいのは、汚れにくい外壁塗装選びです。汚れにくい外壁塗装を選ぶことで、メンテナンスや清掃の手間を減らして長く快適な状態をキープできます。外壁が汚れる、または汚れて見える理由を解き明かし、汚れにくく…

  • チョーキング現象の原因と対処法とは? 予防法についてもお伝えします

    チョーキング現象の原因と対処法とは? 予防法についてもお伝えします

    最近自宅の外壁がなんだか古臭くなってきた、と感じることはあるでしょうか。もしかすると、それは塗装のチョーキング現象かもしれません。チョーキング現象という言葉は建築用語ですので、あまり聞きなじみがないという方も多いかもしれ…

  • 外壁にカビができる原因と落とし方とは? 予防する方法も紹介

    外壁にカビができる原因と落とし方とは? 予防する方法も紹介

    家の外壁が汚れている、こすってみてもなかなかシミが落ちない……という場合、その汚れやシミの正体はカビかもしれません。そこで、そもそもなぜ外壁にカビができるのか、カビを落として再びカビができないようにするにはどうすればよい…

  • 家がボロボロに……家庭でもできるシロアリ対策

    家がボロボロに……家庭でもできるシロアリ対策

    シロアリは木造住宅にとって大敵です。シロアリが発生してしまうと家の土台や根太(ねだ)なども浸食されますし、放置しておくと被害は拡大します。ここでは、木造住宅の天敵とも言えるシロアリへの対策についてご紹介しますので、被害を…

その他のおすすめ記事

  • メンテナンス

    家がボロボロに……家庭でもできるシロアリ対策

    家がボロボロに……家庭でもできるシロアリ対策

    シロアリは木造住宅にとって大敵です。シロアリが発生してしまうと家の土台や根太(ねだ)なども浸食されますし、放置しておくと被害は拡大します。ここでは、木造住宅の天敵とも言えるシロアリへの対策についてご紹介しますので、被害を…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ