わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

地震のとき、重い屋根は不安?それとも大丈夫?

この数年間、日本列島では大きな地震が相次いでいます。わが家の耐震性はどうなのか気になっている戸建住宅のオーナーも多いのではないでしょうか。
木造住宅については、屋根が重いと地震のときに大きく揺れるとよくいわれています。一般的な住宅用の屋根材の中で重い屋根といえば、瓦屋根になりますが、「わが家は瓦屋根だけど、大丈夫?」と不安に思っている方もいるかもしれません。
実は、瓦屋根の家だからといって、必ずしも耐震性が低いとは限りません。次のような場合は耐震性に配慮されている可能性が高いのです。

・屋根を支える壁が十分な強度を有している。
・比較的近年に建てられた家で、防災瓦(通常の瓦より軽く減震効果がある)を使っている。
・地震の揺れや台風の風に強いガイドライン工法により施工されている。

自宅の瓦屋根の耐震性について疑問がある場合は施工した建築会社などに確認してみましょう。
とはいえ、これらの条件があてはまったとしても、大丈夫とは言いきれません。地震により住宅が倒壊する原因は屋根だけではないからです。

地震による家屋倒壊の要因とは

一方、軽量で耐震性が高いとされるスレートや金属屋根の家でも、屋根以外の部分に問題があれば不安材料となります。
地震で住宅が倒壊する場合、その要因は一つではありませんが、いくつか共通するものがあります。阪神・淡路大震災での家屋倒壊の原因の多くが次のようなものでした。

・1981年に新耐震基準が導入される前の古い建築工法で建てられた。かつ、木材が老朽化していた。
・窓が多い、間仕切りのない大部屋があるなど、壁面積が少なく、強度的に不安がある。
・柱と梁や土台の接合部が専用の金物で留められていないため、激しい縦揺れにより柱が抜けた。

木造戸建住宅の耐震性については、1981年と2000年に建築基準法の改正が行われ、耐震性能の基準が大幅に引き上げられました。

こんなことがあれば、耐震診断を

わが家の耐震性がどの程度のものか、また、どこにどのような耐震リフォームが必要になるかは、耐震診断を受けてみないとわかりません。1981年以前の建物に加え、近年に建てられた家でも上記の倒壊要因にプラスして次の項目に1つでも当てはまれば、耐震診断を受けることをおすすめします。

・部分的に窓が多いなど、壁の配置がアンバランスになっている。
・平面図で見たときに凸凹が多いなど、建物が複雑な形をしている。
・外壁や基礎に目につくクラック(ひび割れ)が入っている。
・柱や梁、土台に雨漏りによる腐食やシロアリ被害がある。
・地盤が軟弱で、建物が沈んでいる、または傾いている。
・長年にわたり、外壁や屋根のメンテナンスやリフォームをしていない。

耐震性は家全体で考える

こうしてみると、耐震のポイントは屋根だけではないことがわかりますね。
耐震性が高いとされる軽い屋根でも、以上のような問題があれば、安全とは言い切れません。したがって、住宅の耐震性については、建物を部分的に見るのではなく、ポイントとなる各部分を確認した上で総合的に検討することが重要なのです。
そのためには、ぜひ耐震診断を受けましょう。それが、地震から大切なマイホームを守る第一歩となります。

▼心配な人は1度ここで問診をしてみましょう。
「誰でもできるわが家の耐震診断」
http://www.kenchiku-bosai.or.jp/seismic/kodate/wooden_wagaya.html

耐震のおすすめ記事

  • 知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    地震大国として知られる日本。地震の多い地に併せて建築分野でもその対策が進化していますが、地震対策において耐震、制震、免震という三つの技術が用いられているのはご存知でしょうか。ここではそれぞれの特徴とメリット、デメリットを…

  • 地震に備えて屋根工事をしよう! 耐震性に優れている屋根とは?

    地震に備えて屋根工事をしよう! 耐震性に優れている屋根とは?

    耐震性を考えて屋根工事をしよう、と目にしたことがある方も少なくないと思います。では、耐震性に優れている屋根とはいったいどのような屋根なのでしょうか。ここでは、耐震性に優れた屋根、地震に強い屋根にするにはどんな工事が必要な…

  • 在来工法の家づくりって、どんなもの?

    在来工法の家づくりって、どんなもの?

    日本で最も多い家づくりの工法 住宅を建てるにはいろんな構法がありますが、日本で最も多く用いられているのが木造軸組構法です。在来工法とも呼ばれ、木材が豊かなこの国に古くから伝わってきた家づくりの方法です。木の柱や梁(はり)…

  • 在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    「ツーバイフォー(2×4)」は、19世紀に北米で生まれた住宅工法のひとつです。日本には1970年代に導入され、“耐震性の高い工法”として幅広く普及しました。実際、阪神淡路大震災や東日本大震災ではこの工法で建てられた住宅の…

  • 中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古戸建住宅の購入にあたってのポイントは 新築住宅に比べて物件数が多く価格帯の幅も広い中古住宅。 新築よりもリーズナブルな価格の中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションをと考える人も多いのではないでしょうか。特に、戸…

  • 耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームの重要なポイントとは この春で東日本大震災から5年になりますが、マイホームの耐震性については、気に留めておきたいものです。戸建住宅の耐震性を考える上で、何に気をつければ良いのでしょう。 よく言われているポイ…

  • 2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    日本では比較的新しい工法、2×4 現代の日本で木造住宅を建てる場合、主に木造軸組構法と枠組壁工法の2通りの工法があります。 木造軸組構法は古来より日本に伝わる建築工法であることから、在来工法とも呼ばれます。これに対し、通…

  • 在来工法とツーバイフォー、工法に合ったリフォームを

    在来工法とツーバイフォー、工法に合ったリフォームを

      工法によって、リフォームの仕方が変わる? 近年、年数を経た家を建て替えるのではなくリフォームをして暮らしやすさや価値を向上させるケースが多くなっています。また、地震や台風などの災害対策としてのリフォームを考…

  • 「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    わが家の耐震性を再確認 1981年に新耐震基準が施行されましたが、それ以前に建てられた木造住宅と以降のものでは、耐震性に大きな違いがあります。全国の多くの自治体では、新耐震基準以前に建てられた木造住宅などを対象に耐震診断…

その他のおすすめ記事

  • 耐震

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

  • メンテナンス

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    かつての主流だった和風住宅から、洋風住宅へ。日本の建築様式の移り変わりと共に高い需要が続いている 屋根材が「スレート屋根」です。薄くて軽い板状の素材「スレート」を使用したスレート屋根の寿命は約20年~25年と言われていま…

  • メンテナンス

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    家を守る大切な外壁や屋根の工事だから 外壁や屋根の修繕・リフォームが必要になったら、外装業者に工事を依頼することになります。外装は住宅全体を雨風から守る重要な部分ですから、きっちりとした施工が欠かせません。とはいえ、屋根…

  • 屋根

    災害に強い家にするために大切な屋根工事・メンテナンス

    災害に強い家にするために大切な屋根工事・メンテナンス

    地震対策で意外に大切なこと 地震や台風など、日本は災害の多い国です。それだけに、大切なわが家をしっかりと守りたいものです。特に、ここ数年は大きな地震が相次いでいることから、自宅の耐震性が気になる方は少なくないでしょう。地…

  • 耐震

    在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    「ツーバイフォー(2×4)」は、19世紀に北米で生まれた住宅工法のひとつです。日本には1970年代に導入され、“耐震性の高い工法”として幅広く普及しました。実際、阪神淡路大震災や東日本大震災ではこの工法で建てられた住宅の…

  • 屋根材

    世界遺産の大屋根は修理中 有名すぎるお寺の屋根材は?

    世界遺産の大屋根は修理中 有名すぎるお寺の屋根材は?

    京都・清水の舞台の高さは? 千年の都として栄えた古都・京都。二条城や平等院など「古都京都の文化財」として知られる17ヵ所の文化財は世界遺産にも指定されています。 そうした文化財群のなかでも、特に有名なのが清水寺です。この…

  • 耐震

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    家の耐震性は外観デザインと関係する? 地震をはじめとする自然災害の多い国、日本での住まい作りでは、耐震性や耐久性がとても大切になります。とはいえ、住宅に求められるのは性能だけではありません。せっかくのマイホームですから、…

  • 屋根

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の塗替えをする理由は? 日本の夏といえば、台風がつきもの。台風をはじめとする自然災害が多い日本の住宅においては、屋根メンテナンスをきちんとすることが家の寿命を伸ばす秘訣になります。屋根はつねに紫外線や風雨に直接さらさ…

  • リフォーム

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家は永遠じゃない? 家を購入したり、建てたりしたなら、いつまでも快適に暮らしたいものですね。とはいえ、新築から10年以上経てば、何かしらメンテナンスや修繕が必要になってきます。 また、エアコンや給湯器などの住宅設備の多く…

  • リフォーム

    「雨漏りがなければ大丈夫」は大間違い! 屋根のリフォームのタイミングと方法は?

    「雨漏りがなければ大丈夫」は大間違い! 屋根のリフォームのタイミングと方法は?

    雨漏りしてからでは遅すぎる 家を構成する部位の中でも、屋根は直接雨風から住まいを守ってくれる重要な部分です。しかしながら、日ごろはあまり屋根のことを気にしていない人が多いのではないでしょうか? また、新築から何年も経過し…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ