どんなことをするの? 耐震診断から耐震補強の流れを知っておこう

耐震診断・耐震補強は大切だけど

地震の多いこの国では、住宅の耐震性はとても大切です。今後も大きな地震の可能性が予測されており、家族を守るためにも、わが家がどのくらい安全なのか知っておきたいものです。そんなことから、耐震診断や耐震補強の重要性がよく語られています。
とはいえ、診断、補強とも具体的にはどんなことをするかピンとこない人も多いのではないでしょうか。この機会に、その流れや内容について知っておきましょう。
木造住宅の耐震診断から補強のおおまかな流れは次の通りです。

1.耐震診断
耐震診断の基準としては日本防災協会発行のマニュアルが広く使われており、3種類の診断法があります。
・誰でもできるわが家の耐震診断 http://www.kenchiku-bosai.or.jp/seismic/wagayare/taisin_flash.html
・一般診断
・精密診断(必要に応じて)

2.補強設計(補強が必要な場合)

3.補強工事

次に、各ステップの詳しい内容について見ていきましょう。

木造住宅の耐震診断とは

3つの診断法のうち、「誰でもできるわが家の耐震診断」は一般の住宅オーナーや住人みずからがインターネット上で簡易的に診断できるようになっています。まずは、これを使ってわが家の耐震診断をしてみましょう。その結果によって、専門家による診断が必要なのかどうかがわかります。
専門家による診断の必要性がある場合は、耐震補強をするべきかどうかを見きわめるために建築士などが「一般診断」を行います。住宅の耐震性にとって重要となる次のような箇所や事項を現地で内外装をはがさずに調査した上で診断します。

<現地調査での確認箇所・事項>
・外観や内観:天井裏から床下まで、また塀など住宅の外回り
・設計図面と建物の現況の照合:増改築の有無など
*設計図面がなければ、平面図や耐力壁の配置図を作成

<診断のポイント>
・地盤、基礎:地盤の種類と基礎の造り
・建物の形:立体的にも平面的にもなるべくシンプルな形状が望ましい
・壁のバランス:建物の形と併せた壁の配置バランス
・壁の量:耐力壁(横からの力に耐えうる壁)の量が十分か
・老朽・腐朽度:腐食やシロアリ被害の有無

一般診断の結果、耐震補強に進むこともできますが、より効率よく補強工事をするために、さらに詳細な「精密診断」を行うことがあります。

耐震補強設計とは

診断の結果、建物が地震で倒壊する可能性があると判断された場合は、倒壊しないレベルまで建物の強度を高めなければなりません。そのために、どこをどう補強するか計画を立て、補強する箇所を示す設計図を作成します。この一連の作業が耐震補強設計です。
補強工事をするには、それなりに費用や日数がかかります。費用や工期がどれくらいになるのか、また工事についての疑問や希望があれば、この段階で設計者とよく相談しましょう。

耐震補強の工事内容は

耐震補強設計にもとづき、必要に応じて次のような工事を実施します。

・基礎の補強:無筋コンクリートの基礎に鉄筋コンクリートを増設する、ひび割れを樹脂でふさぐ
・接合部の補強:柱、梁、筋交いなどの接合部を補強金物で固定する
・壁の補強:耐力壁を増やす、バランスよく配置する
・腐朽箇所対策:腐食、劣化した部材を交換、補強する

こうして耐震診断・補強の流れと内容を見ると、住宅の耐震性にとって何が大事なのかがわかりますね。耐震診断や補強には自治体の助成金が受けられる場合があります。わが家の耐震性が気になるなら、まずは役所やリフォーム会社などに相談してみましょう。

耐震のおすすめ記事

  • ツーバイフォーと免震の組み合わせなど 戸建住宅の耐震構造には種類があるって、ホント?

    ツーバイフォーと免震の組み合わせなど 戸建住宅の耐震構造には種類があるって、ホント?

    耐震、制振、免震の違いは? 日本において、大切なわが家を守っていく上でどうしても重要になるのが、地震対策です。特に戸建住宅の場合、家を守るのはオーナー自身ですから、耐震については気になるところです。近年は、「耐震」に加え…

  • 「地震に強い家」とはどんな家? 地震に強い家と弱い家の違い

    「地震に強い家」とはどんな家? 地震に強い家と弱い家の違い

    揺れを感じない小さな地震も含めると、日本では相当な回数の地震が起こっています。そんな日本で暮らしている以上、自宅が地震に弱い家か、それとも地震に強い家なのかは気になるところですね。そこで、ここでは地震に弱い家、強い家それ…

  • しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    今、あなたが住んでいる木造住宅は大きな地震が来たとしても倒壊や大破することなく、十分に耐えられる構造や性能を備えているでしょうか? もしも地震対策や耐震性について不安があるのなら、すぐにでも手を打っておくべきです。地震に…

  • 地震に備えて屋根工事をしよう! 耐震性に優れている屋根とは?

    地震に備えて屋根工事をしよう! 耐震性に優れている屋根とは?

    耐震性を考えて屋根工事をしよう、と目にしたことがある方も少なくないと思います。では、耐震性に優れている屋根とはいったいどのような屋根なのでしょうか。ここでは、耐震性に優れた屋根、地震に強い屋根にするにはどんな工事が必要な…

  • わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    地震のとき、重い屋根は不安?それとも大丈夫? この数年間、日本列島では大きな地震が相次いでいます。わが家の耐震性はどうなのか気になっている戸建住宅のオーナーも多いのではないでしょうか。 木造住宅については、屋根が重いと地…

  • 在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    「ツーバイフォー(2×4)」は、19世紀に北米で生まれた住宅工法のひとつです。日本には1970年代に導入され、“耐震性の高い工法”として幅広く普及しました。実際、阪神淡路大震災や東日本大震災ではこの工法で建てられた住宅の…

  • ツーバイフォーの家づくりって、どんなもの?

    ツーバイフォーの家づくりって、どんなもの?

    ツーバイフォーって、なに? 住宅を建てるにはいろいろな工法があります。日本で木造住宅を建てる場合、在来工法に次いで多く用いられているのが、ツーバイフォー工法です。通称「ツーバイフォー」や「2 x 4」とも呼ばれることが多…

  • 「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    わが家の耐震性を再確認 1981年に新耐震基準が施行されましたが、それ以前に建てられた木造住宅と以降のものでは、耐震性に大きな違いがあります。全国の多くの自治体では、新耐震基準以前に建てられた木造住宅などを対象に耐震診断…

  • 住宅の地震対策-耐震と制震と免震ってどう違うの?-

    住宅の地震対策-耐震と制震と免震ってどう違うの?-

    みなさんは住宅を購入するとき、どのようなポイントを重視しますか? 立地やデザイン、間取りなどさまざまなポイントがある中で、忘れてはならないのが「地震への備え」です。日本は地震大国であり、大地震がいつ、どこで起きてもおかし…

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    床から音が……床がきしむ原因と対策

    床から音が……床がきしむ原因と対策

    床がきしむ音は、音量自体は小さなものかもしれませんが、一度聞いてしまうとその後もずっと気になってしまうものです。家が古いから、木材だからといった理由だけでなく、新築でも起こりうるのはご存知ですか?床がきしむ原因は意外なこ…

  • 耐震

    在来工法の家づくりって、どんなもの?

    在来工法の家づくりって、どんなもの?

    日本で最も多い家づくりの工法 住宅を建てるにはいろんな構法がありますが、日本で最も多く用いられているのが木造軸組構法です。在来工法とも呼ばれ、木材が豊かなこの国に古くから伝わってきた家づくりの方法です。木の柱や梁(はり)…

  • 屋根

    家がおしゃれになる! 屋根にドーマーをつけるメリットと注意点

    家がおしゃれになる! 屋根にドーマーをつけるメリットと注意点

    ドーマーとは屋根の上に突き出すように設置された「屋根窓」のことです。設置することで家の外観が欧米風のおしゃれなものに生まれ変わり、機能性も向上します。 その一方、ドーマーには注意点もあるため、導入にあたってはよく考慮する…

  • リフォーム

    浴室のリフォーム成功のために抑えておきたいポイントとは

    浴室のリフォーム成功のために抑えておきたいポイントとは

    浴室は快適で安全であってほしい場所 日本人にとって浴室は単に体を洗うだけの場所ではありません。一日の疲れを取り、ゆったり体と心を癒すスペースでもあります。ただ、浴室は住宅の中でも事故が起きやすい場所ともいわれています。浴…

  • メンテナンス

    DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク

    DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク

    DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク 自宅の外壁塗装は道具を揃えることでDIYでも行うことができます。しかし、DIYにはメリット・デメリットがあり、これらを十分に理解しておかないと後で後悔する可能性があります…

  • リフォーム

    空き家をリフォーム、リノベーションして居住するメリット

    空き家をリフォーム、リノベーションして居住するメリット

    近年、全国的に増え続けている空き家。総務省が発表した平成25年度住宅・土地統計調査のデータでも、空き家率は過去最高の13.5%となっています(※1) 。なぜ、いま空き家が増えてきているのでしょうか。ここでは、空き家が増え…

  • メンテナンス

    住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるために大切なこと 春の花が咲き、過ごしやすい季節になりました。比較的気候が穏やかに安定しているこの時期に、ご自宅のお手入れについて考えてみてはいかがでしょう。いつまでも快適に暮らすために、マイホームは…

  • リフォーム

    リフォームやリノベーションの前に考えよう 使いやすいキッチンの条件とは

    リフォームやリノベーションの前に考えよう 使いやすいキッチンの条件とは

    使いやすいキッチンって、どんなもの? キッチンは家の中でも特にモノが多く、長い時間家事をする場所ですから、効率のよい空間であってほしいもの。リフォームやリノベーションをすることになった場合も、何かと要望が多くなる場所です…

  • 耐震

    在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    「ツーバイフォー(2×4)」は、19世紀に北米で生まれた住宅工法のひとつです。日本には1970年代に導入され、“耐震性の高い工法”として幅広く普及しました。実際、阪神淡路大震災や東日本大震災ではこの工法で建てられた住宅の…

  • メンテナンス

    しっかり計画をたてよう! 戸建住宅の修繕計画の立て方

    しっかり計画をたてよう! 戸建住宅の修繕計画の立て方

    新築で購入した憧れの戸建住宅。しかし、屋根や外壁、ピカピカのキッチンやバスルームも、長い年月を重ねれば劣化は避けられません。いつまでも快適に暮らし続けるにはどうしたら良いのでしょうか。 答えは、メンテナンスやリフォームと…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ