屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

ユニークな異人館

異国情緒ただよう神戸市北野地区の異人館街には、歴史ある美しい洋館が立ち並びます。これらの洋館が異人館と呼ばれるのは、幕末や明治時代以降に欧米人の住居として建てられたためです。北野の異人館には、贅を尽くしたものや凝った造りのものも多く、異人館めぐりを目的に毎年多くの観光客が訪れます。

そうした数ある異人館の中でも、ひときわ目を引くのが、「うろこの家」です。その正式名称は、最後の住人の名前にちなんだ「旧ハンター邸」。外国人建築家の設計により、明治34年に建てられたといわれています。神戸で最初に公開された異人館で、国の登録有形文化財でもあり、そのユニークな外観からも神戸を代表する有名な洋風建築です。

この館がうろこの家といわれているのは、建物の外壁が魚のうろこのような形をしたものでおおわれているから。では、このうろこのようなものは何でできているのでしょう?

うろこの家の外壁に使っているのは

旧ハンター邸の外壁を包むうろこ状のものは天然スレートです。
天然スレートとは、粘板岩という天然石を薄い板状に加工したもので主に屋根材として使われます。とはいえ、屋根材としては高価なものなので、現在では一般住宅にはあまり使用されませんが、東京駅の赤レンガ駅舎や東京霞ヶ関の法務省旧本館などの屋根材に使われています。天然スレートはヨーロッパでは古来より伝わる屋根材ですが、日本では明治・大正期に洋風建築の屋根に多く用いられました。

旧ハンター邸の外壁にはそうした天然スレートをうろこ状にカットしたものが使われています。その枚数は3000枚近くあるとか。通常、天然スレートは四角い板状にカットしますが、カドを落として丸くすることで軽快で優雅な意匠をつくり出しています。

うろこの家は高性能住宅だった?

屋根材である天然スレートを外壁に使うとはユニークな発想に思えますが、天然スレートの性能や特長を考えると理にかなったものかもしれません。というのも、天然スレートは防火性や防水性にすぐれているからです。こうした特長のある材料で外壁をおおえば、火事や水害などの対策になります。また、断熱性が高いことから、室内では夏は涼しく冬は暖かく過ごせるのです。

うろこの家はデザイン性だけでなく、当時としては性能の高い住宅でもあったのです。旧ハンター邸の設計者は外国人ということがわかっているだけで、誰であったのかは不明ですが、天然スレートという建材の特性を知りつくした建築家だったのでしょう。

現代の個性的な家づくりはガルバリウム鋼板で

現代でも、屋根材を外壁に使ったうろこの家のような個性的な家づくりは可能でしょうか?

いまでは、一般の住宅に天然スレートを使うことはむずかしいですが、ガルバリウム鋼板を使えば、さまざまなデザインの家づくりができます。ガルバリウム鋼板は、サビに強く高い耐久性や防災性を持たせた金属素材で、屋根にも外壁にも使える外装材として注目されています。

金属特有の加工性の高さから、ガルバリウム鋼板には縦ラインや横ラインに加えさまざまな表面加工ができるので、うろこのようなエンボス加工を施し外壁をおおえば、現代のうろこの家をつくることもできるでしょう。

屋根材のおすすめ記事

  • 屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

    屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

    ハイグレードな塗装鋼板とは 近年、住宅の外壁や屋根といった外装の材料として普及が進むガルバリウム鋼板をご存知でしょうか? 鋼板でありながら、サビに強く高い耐久性があり、金属特有の軽さから耐震性にもすぐれた建材です。このよ…

  • スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

    スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

    広く普及しているスレート屋根材とは 青空に風光る季節、日本の住宅街の眺めといえば、青い空に瓦屋根の家並みでしたが、それも懐かしいものとなりましたね。いま、瓦屋根にかわって、広く普及している屋根材はスレートと呼ばれるもので…

  • ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    現代にも通じる洋館のスタイル 「家を建てるなら、おしゃれな洋館のような建物にしたい」そう思う人は少なくないでしょう。日本に洋風建築が入って来た明治以降から昭和初期にかけ、日本で暮らす外国人や裕福な日本人の住宅として、美し…

  • トタン屋根ってどんな屋根? メリットとデメリットとは

    トタン屋根ってどんな屋根? メリットとデメリットとは

    かつては日本全国の住宅で使われていた「トタン屋根」。現在ではスレートやガルバリウム鋼板を使った屋根が主流となり、その需要は減少傾向にありますが、まだまだ各地で活躍している姿を見ることができます。ここでは、そんなトタン屋根…

  • いろいろあります。 住まいを守る「屋根」の素材と特徴

    いろいろあります。 住まいを守る「屋根」の素材と特徴

    屋根は、熱い日差しや冷たい雨風から私たちの住まいを守ってくれる大切な存在です。 もしもあなたが新築やリフォームを考えているのであれば、その素材にもこだわってみませんか? 屋根材にはさまざまな種類があり、それぞれに異なる見…

  • 日本最古の洋館は和洋折衷? その意外な屋根材とは

    日本最古の洋館は和洋折衷? その意外な屋根材とは

    明治以前からあった最古の木造洋風住宅 神戸や横浜など、旧居留地であった街には歴史ある洋館が立ち並びます。洋館と呼ばれる洋風の建物はいつごろから建てられるようになったのでしょうか。 それは、明治以降といいたいところですが、…

  • ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    金属瓦は現代の屋根材? 日本建築の屋根といえば、いぶし銀といわれる黒っぽいグレーの瓦屋根を思い浮かべる方も多いでしょう。一方で、最近は、和風の住宅の屋根にガルバリウム鋼板の金属瓦を使うケースが見られます。 ガルバリウム鋼…

  • アルベロベッロと白川郷 異なる屋根材のとんがり屋根の意外な関係

    アルベロベッロと白川郷 異なる屋根材のとんがり屋根の意外な関係

    イタリアのユニークなとんがり屋根 世界には、いろいろな変わった屋根があり、ユニークで美しい屋根が世界遺産となる景観をつくり出している場所があります。そんな場所の1つ、イタリア南部のアルベロベッロという村をご存知ですか? …

  • オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    再注目される国立代々木競技場 2020年の2度目の東京オリンピック開催に向け、新国立競技場や選手村の建設が急ピッチで進んでいます。一方で、前回開催時の施設を今回も利用することが決まっています。そうした施設の中でも、特に有…

  • 日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    日本の住宅では昔から、屋根瓦を取り付けたタイプが主流となってきました。ひとくちに屋根瓦といってもいくつか種類があり、昔ながらの日本瓦の他に「セメント瓦」と言われる商品があります。ぱっと見たところの大きな違いはありませんが…

その他のおすすめ記事

  • リフォーム

    収納のリフォームトラブルを防ぐには

    収納のリフォームトラブルを防ぐには

    使いやすい収納をつくるには 何かとスペースが限られる日本の住宅事情では、収納に悩むご家庭は少なくないと思います。自宅をリフォームするのなら、後になって「収納が足りない」「なんとなくクローゼットが使いにくい」といったことは…

  • 屋根材

    あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    歴史あるフシギなお寺 東京の中でも、とりわけ江戸情緒が残る街・築地。 その象徴ともいえる、にぎやかな場外市場から1本の通りをへだてた場所にそのお寺はあります。江戸時代から続く歴史と由緒ある寺院ながら、一歩その境内に踏み入…

  • ライフスタイル

    知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    茅葺き屋根は日本だけじゃない? この5月に開催予定の伊勢志摩サミットで注目される伊勢神宮。その本殿の屋根は急な勾配がついた特徴的な形をしています。これは、板の上に草で葺かれた茅葺屋根であるためです。茅葺きの「茅」とは、ス…

  • リフォーム

    リノベーションの予算はどう考えればいい?

    リノベーションの予算はどう考えればいい?

    リノベーションは大きな買い物 既存の住宅の内外装や設備を一新し、新築同様かそれ以上の状態に改修するリノベーション。新築よりも割安な費用で済むこともあり、近年注目されています。「古くなってきたわが家を住みやすく手直ししたい…

  • メンテナンス

    チョーキング現象の原因と対処法とは? 予防法についてもお伝えします

    チョーキング現象の原因と対処法とは? 予防法についてもお伝えします

    最近自宅の外壁がなんだか古臭くなってきた、と感じることはあるでしょうか。もしかすると、それは塗装のチョーキング現象かもしれません。チョーキング現象という言葉は建築用語ですので、あまり聞きなじみがないという方も多いかもしれ…

  • 屋根材

    屋根の雨音がうるさい……屋根の雨音を軽減する方法とは?

    屋根の雨音がうるさい……屋根の雨音を軽減する方法とは?

    自宅の屋根の雨音がうるさくて気になる……というとき、何か雨音を軽減するための効果的な方法はあるのでしょうか?屋根材による雨音の違いとその理由、そして屋根を完全に葺き替えてしまう以外の、コストと手間を抑えた軽減のための対策…

  • メンテナンス

    外壁塗装後に塗り残しを発見してしまった場合の対処法

    外壁塗装後に塗り残しを発見してしまった場合の対処法

    外壁塗装を行なった時に起こるトラブルとして多いのが、色のムラや塗り残し。せっかく費用と手間をかけたのに、仕上がりが完璧でないとがっかりしてしまいますよね。ここでは塗り残しの原因や予防策について説明します。 外壁塗装工事で…

  • リフォーム

    在来工法じゃなくてもできる? こだわりの浴室づくり

    在来工法じゃなくてもできる? こだわりの浴室づくり

    こだわりの浴室づくりなら、在来工法? 住まいの中でも浴室は、日々の疲れをいやし明日に向けてリフレッシュするための大切な場所。家を建てたり、リフォームしたりするなら「ホテルや旅館のようなお風呂にしたい!」と思う人も少なくな…

  • 屋根材

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    再注目される国立代々木競技場 2020年の2度目の東京オリンピック開催に向け、新国立競技場や選手村の建設が急ピッチで進んでいます。一方で、前回開催時の施設を今回も利用することが決まっています。そうした施設の中でも、特に有…

  • メンテナンス

    外壁にカビができる原因と落とし方とは? 予防する方法も紹介

    外壁にカビができる原因と落とし方とは? 予防する方法も紹介

    家の外壁が汚れている、こすってみてもなかなかシミが落ちない……という場合、その汚れやシミの正体はカビかもしれません。そこで、そもそもなぜ外壁にカビができるのか、カビを落として再びカビができないようにするにはどうすればよい…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ