屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

ハイグレードな塗装鋼板とは

近年、住宅の外壁や屋根といった外装の材料として普及が進むガルバリウム鋼板をご存知でしょうか?

鋼板でありながら、サビに強く高い耐久性があり、金属特有の軽さから耐震性にもすぐれた建材です。このような特性のあるガルバリウム鋼板ですが、住宅の屋根材や外壁材としては、多くの場合、塗装されたものを使います。塗装によって鋼板の表面に塗膜をつくることで、よりサビや腐食に対し強くなっているのです。

ガルバリウムの塗装鋼板は塗装の種類によってグレードや性能が異なります。そのため、塗装鋼板を住宅に使用する場合、塗装の違いで暮らしやすさや美観の持続性が違ってきます。また、同じ塗装鋼板でも屋根用と外壁用で少し違った性能を持たせている場合もあります。

今回は、高い耐久性や耐候性に加え、遮熱や耐汚染といった機能を持つ、ハイグレードなガルバリウム鋼板についてお伝えます。

屋根の遮熱ってなに?断熱との違いは?

ガルバリウム鋼板の屋根材には、塗装により遮熱機能を持たせた商品があります。この遮熱機能が暮らしやすさに影響するのですが、ここで、「遮熱」について少し詳しく説明しましょう。

遮熱は、家の中で快適に過ごすための熱対策ということから、断熱と混同されがちですが、実は異なる機能です。その違いを知っておきましょう。
まず、住宅の断熱は、屋根裏や壁などに断熱材を入れることで内外に伝わる熱の量を減らします。断熱材は熱を吸収し保温効果を持ちますが、表面温度の上昇を抑える効果はありません。

これに対し、太陽光のエネルギーを反射させて熱を発生させにくくするのが遮熱です。つまり、遮熱塗装がされていれば、屋根の表面温度が上がりにくくなり、夏に室内の温度の上昇を抑える効果があります。

その効果からすると、「冬は寒くなるのでは?」と思われるかもしれません。しかし、冬は夏よりも太陽の高度が低くなり屋根への照りつけが少なくなるため、あまり遮熱の影響はありません。むしろ、太陽は夏に高い高度で屋根に照りつけるので、遮熱機能は夏に効果を発揮するのです。

ガルバリウムの塗装鋼板には、太陽光に含まれる熱線の約半分を反射させる性能を持つ商品も登場しています。省エネ効果が期待できますね。

外壁にも高機能な塗装鋼板を

同じ塗装鋼板でも、外壁用には耐汚染機能を備えた商品があります。これは、塗料の成分により、塗膜表面にホコリや汚れをつきにくくしたものです。また、雨水や水洗いによって汚れが落ちやすくなっています。耐汚染機能を備えた塗装鋼板は雨が降ると汚れが洗い流されやすくなり、掃除やメンテナンスがとてもラクですね。

ガルバリウムの塗装鋼板は、日光や気候の変化による変色や劣化を起こしにくく、本来耐候性にもすぐれています。これに耐汚染機能を加えることで、長年にわたり美観が維持できるのです。

ハイグレードな塗装鋼板で住宅の性能アップを

一般的なガルバリウムの塗装鋼板を使った屋根と外壁では、耐久性や美観を維持するために、10年を目安に塗り替えが必要とされています。しかし、以上のようなハイグレードな塗装鋼板の場合、20年間は塗り替え不要で機能を維持できる、塗膜保証のある商品もあります。

新築の際は、こうした高機能な塗装鋼板をお使いいただければ、いつまでも快適で美しい家が維持できますね。また、リフォームに取り入れれば、住宅の性能アップになります。新築や外装リフォームには、ぜひ高機能なガルバリウムの塗装鋼板をご検討ください。

屋根材のおすすめ記事

  • 世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の優れた屋根材とは この4月から電力の全面自由化がスタートします。自由化によって事業者間で競争になれば、電気料金は安くなると思いがちですが、そうとは限りません。発電用の燃料費の変動が電気料金に大きく影響するよう…

  • 塩害を防ぎたい! 海風に強い屋根・外壁材の選び方

    塩害を防ぎたい! 海風に強い屋根・外壁材の選び方

    まだ劣化するほど古くないのに、屋根の金属部分がサビたり、外壁の塗装が剥げたり。 海沿いの地域でよく見られるこの「塩害」は、海水の蒸発によって空気に混じった塩分が海風に運ばれ、建物や自動車に付着することで起こります。 海の…

  • 屋根の強風・台風対策って屋根材によって違うって、ホント?

    屋根の強風・台風対策って屋根材によって違うって、ホント?

    台風から家を守るには 近年、台風が大型化し北上することが多くなりました。そのため、これまであまり台風が来ないとされてきた地域にも被害が及ぶようになっています。日本中どこでも、台風の強風による被害を受ける可能性があるという…

  • 屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    ユニークな異人館 異国情緒ただよう神戸市北野地区の異人館街には、歴史ある美しい洋館が立ち並びます。これらの洋館が異人館と呼ばれるのは、幕末や明治時代以降に欧米人の住居として建てられたためです。北野の異人館には、贅を尽くし…

  • 歴史と現代に見る自然派の屋根材

    歴史と現代に見る自然派の屋根材

    日本で初めての屋根 飛騨高山の白川郷に代表される茅葺きの屋根の家並みは日本の原風景ともいわれます。そんな茅葺き屋根の材料「茅」ですが、これは特定の植物ではなく、ススキなどのイネ科の植物の総称です。この草で葺いた屋根を総じ…

  • どの素材がおすすめ? 台風に強い屋根材の選び方

    どの素材がおすすめ? 台風に強い屋根材の選び方

    建物の中でもっとも風雨の影響を受けるのは屋根です。台風が頻繁に上陸する地域にお住まいの方や、引越する予定がある方は、マイホームを守る要である屋根であり、それを構成する“屋根材”選びにも慎重にならなければいけません。台風に…

  • 世界遺産の大屋根は修理中 有名すぎるお寺の屋根材は?

    世界遺産の大屋根は修理中 有名すぎるお寺の屋根材は?

    京都・清水の舞台の高さは? 千年の都として栄えた古都・京都。二条城や平等院など「古都京都の文化財」として知られる17ヵ所の文化財は世界遺産にも指定されています。 そうした文化財群のなかでも、特に有名なのが清水寺です。この…

  • 災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

    災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

    東大に江戸時代の瓦屋根 日本を代表する最高学府、東京大学。その本郷キャンパスのシンボルとなっているのが、通称「赤門」です。江戸時代後期に建てられたものですが、もともとは何の門だったのか、ご存知ですか? 赤門は、旧加賀藩の…

  • 瓦屋根にもいろいろあるってホント? 瓦の種類を知ろう

    瓦屋根にもいろいろあるってホント? 瓦の種類を知ろう

    瓦屋根の材料はいろいろある? 瓦屋根は、文字通り瓦で葺いた屋根のことです。日本各地どこの住宅地でもよく見かけ、古くから神社仏閣やお城の屋根にも使われてきました。このように、瓦は、私たち日本人にとってとてもなじみ深い屋根材…

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    家を建てるときに知っておきたい! 住宅の屋根勾配の考え方

    家を建てるときに知っておきたい! 住宅の屋根勾配の考え方

    家を建てようとするとき、ぜひしっかりと考えてほしいのが屋根の勾配をどうするかという問題です。屋根づくりにおいては素材選びとともに、勾配の度合い、屋根の形が重要な意味を持ってきます。 勾配の違いによるメリットとデメリットな…

  • 屋根材

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根のデザインと屋根材選び 住まいを守る上で屋根はとても重要なものであり、さらには住宅の外装の大部分を占めることから、外観イメージにも大きく影響します。したがって、家を建てるときに、どのような屋根にするかは大きな問題です…

  • 屋根材

    ご存知ですか?あの歴史的建造物の瓦屋根のヒミツ

    ご存知ですか?あの歴史的建造物の瓦屋根のヒミツ

    お城やお寺の意外な瓦屋根 日本のお城や神社仏閣などの屋根には古くから瓦が使われてきました。伝統的な日本の瓦といえば、黒やグレーの陶器瓦が一般的です。そして、伝統的な建築物には、本葺瓦がよく用いられます。また、いぶし銀とい…

  • 屋根

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    住宅の外観デザインのポイントは これから家を建てることになったら、家の中も外も思い通りのデザインにしたいですね。このごろは、立地環境やライフスタイルにあわせて、住宅の外観にこだわる人が増えています。道行く人が感心するよう…

  • 屋根材

    今も国宝を守る日本最古の瓦屋根とは

    今も国宝を守る日本最古の瓦屋根とは

    瓦屋根はいつからあるの? 昔からこの国で住宅に最も多く使われてきた屋根材といえば、瓦ではないでしょうか。銅やガルバリウム鋼板でできた金属瓦、最近は樹脂製の瓦などもありますが、本来、瓦とは粘土を成形し焼いたものを指します。…

  • 屋根材

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    金属瓦は現代の屋根材? 日本建築の屋根といえば、いぶし銀といわれる黒っぽいグレーの瓦屋根を思い浮かべる方も多いでしょう。一方で、最近は、和風の住宅の屋根にガルバリウム鋼板の金属瓦を使うケースが見られます。 ガルバリウム鋼…

  • 屋根材

    日本最古の洋館は和洋折衷? その意外な屋根材とは

    日本最古の洋館は和洋折衷? その意外な屋根材とは

    明治以前からあった最古の木造洋風住宅 神戸や横浜など、旧居留地であった街には歴史ある洋館が立ち並びます。洋館と呼ばれる洋風の建物はいつごろから建てられるようになったのでしょうか。 それは、明治以降といいたいところですが、…

  • 屋根材

    洋風の瓦がある? 洋瓦の種類とメンテナンス方法

    洋風の瓦がある? 洋瓦の種類とメンテナンス方法

    瓦と聞くと古い木造住宅の屋根に使われている日本瓦をイメージするかもしれませんが、近年では洋瓦を採用した住宅が増えています。洋瓦とはどういったものなのでしょうか。ここでは瓦の一種である洋瓦の特徴や種類、メンテナンス方法など…

  • 屋根材

    瓦屋根にもいろいろあるってホント? 瓦の種類を知ろう

    瓦屋根にもいろいろあるってホント? 瓦の種類を知ろう

    瓦屋根の材料はいろいろある? 瓦屋根は、文字通り瓦で葺いた屋根のことです。日本各地どこの住宅地でもよく見かけ、古くから神社仏閣やお城の屋根にも使われてきました。このように、瓦は、私たち日本人にとってとてもなじみ深い屋根材…

  • 耐震

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    地震のとき、重い屋根は不安?それとも大丈夫? この数年間、日本列島では大きな地震が相次いでいます。わが家の耐震性はどうなのか気になっている戸建住宅のオーナーも多いのではないでしょうか。 木造住宅については、屋根が重いと地…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ