屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

和風建築と洋風建築、どちらの住宅にもなじむ形状と高いデザイン性が多くの方に評価され、今や日本で普及率No.1と言われているのが「スレート屋根」です。陶器の瓦とも金属とも違うスレートとは、一体どのような素材なのでしょうか?特徴や種類、形状の違いなどを学びながら、選ばれ続けるその魅力を一緒に探っていきましょう。

スレート屋根とは?

スレート屋根の“スレート”とは、セメントと繊維材料を主原料とする厚さ5mm~6mmほどの薄い屋根材のことです。軽量で耐震性に優れており、シンプルなデザインと、豊富なカラー展開で、どんな住宅にも無理なくフィットするのが最大の魅力と言えるでしょう。他の屋根材と比べて廉価であり、瓦屋根と比べると施工料金はおおよそ半分とリーズナブルであることも高く評価されています。

一般的な住宅や工場、倉庫などさまざまな建物に使われていますが、劣化しやすく割れやすいという弱点もあるため、メンテナンスは必要不可欠になります。10年を目安 に塗装を行うことで、約20年~25年は持たせることができます。

スレート屋根にもいろいろある?

上記で説明したように、スレート屋根はさまざまな場所で使われています。そこで、「わが家の屋根はスレートだと思っていたら屋根業者にカラーベストだといわれたけど、どう違うの?」「東京駅の赤レンガ駅舎もスレート屋根だと聞いたがうちと同じもの?」といった疑問を持ったことはないでしょうか。

実は、ひと言にスレート屋根といっても、原材料の違いによっていくつか種類があるのです。今回は、ポピュラーな屋根材であるスレートの種類とその特徴についてお伝えします。

スレートの種類を知っておこう

屋根材のスレートは主に下記の4つに分類されます。

天然スレート
粘板岩と呼ばれる天然石を薄く板状に加工したもの。天然石の独特な風合いがあり、屋根材としては希少で最高級品になり価格も高額です。日本では、東京駅の丸の内駅舎などの歴史的な建築物に使われており、住宅向けにはあまり普及していません。

石綿スレート
セメントに石綿(アスベスト)を混ぜることで強度を持たせて成型したスレート。アスベストによる人体の健康への懸念から、2004年以降は製造・使用が禁止されています。アスベストは飛散した粉塵を吸い込むことで人体に害をもたらしますが、スレートに含まれるアスベストは固められているので、既に屋根材として施工された状態では心配はありません。

無石綿スレート
先ほど紹介した石綿スレートに代わる製品として開発されました。石綿の代わりにパルプやビニロンを混ぜて製造します。

セメント系スレート
セメントを主原料として板状に成型して作られます。セメントを含む割合が高く表面を着色することにより、無石綿スレートとは区別されています。いわゆるカラーベストやコロニアルは、いずれもこのセメント系スレートの1つで、本来はメーカーによる商標名です。

これらのうち、天然スレート以外のものを総じて人工(化粧)スレートと呼びます。耐用年数については、天然スレートは半永久、人工スレートは通常20年から25年といわれています。また、人工スレートは耐水性を維持するために10年を目安に塗り替えメンテナンスが必要です。

化粧スレート屋根の種類

天然スレートに対して人工スレートとも呼ばれている化粧スレートには、「平形」「波形」という2種類の形があります。

平形は、薄くて平らな板状のスレートです。カラーバリエーションが24色以上と豊富で、一般住宅から工場まで幅広い種類の建物の屋根として使われています。
波形は、断面の形状が波のようになっているスレートです。主に工場や倉庫などの面積の大きな屋根に採用されており、住宅ではほとんど見られません。現在流通している波形スレートは、波のピッチ(幅)が130mmの「大波」と63.5mmの「小波」。
大波は屋根材にも壁材にも使われますが、小波は壁材としてのみ使われているようです。

このように、ひとくちにスレート屋根と言ってもいろいろな種類があります。とはいえ、素人目にはスレートの詳しい判別はつきにくいものです。わが家の屋根材の種類がわからない場合は、家を建てた工務店もしくは屋根の専門業者などに確認しましょう。

もし、わが家の屋根材が石綿スレートだった場合の履き替え方法

2004年より前のスレート屋根はアスベスト(石綿)を含んでいる可能性があります。もし、製造年が不明の場合には専門業者による調査が必要になります。先述の通り、施工済みの状態ではアスベスト飛散の心配はありませんが、石綿スレートの葺き替え時には注意が必要です。既存のスレートの撤去時にアスベストが飛散する恐れがあるため、飛散防止の特別な処置や古いスレートの処分をしなければならず、工事費用も割高になります。

そこで検討をおすすめしたいのが、カバー工法です。これは、老朽化したスレートを撤去せずに、その上から軽いガルバリウム鋼板などの金属屋根を重ねて葺く工法で、撤去や処分の費用を抑えることができます。カバー工法が可能かどうかは屋根の下地の状態などによりますが、石綿スレートに限らず、スレート屋根の葺き替えを考えているなら検討されてみてはいかがでしょう。

屋根材のおすすめ記事

  • 屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    ユニークな異人館 異国情緒ただよう神戸市北野地区の異人館街には、歴史ある美しい洋館が立ち並びます。これらの洋館が異人館と呼ばれるのは、幕末や明治時代以降に欧米人の住居として建てられたためです。北野の異人館には、贅を尽くし…

  • 日本最古の洋館は和洋折衷? その意外な屋根材とは

    日本最古の洋館は和洋折衷? その意外な屋根材とは

    明治以前からあった最古の木造洋風住宅 神戸や横浜など、旧居留地であった街には歴史ある洋館が立ち並びます。洋館と呼ばれる洋風の建物はいつごろから建てられるようになったのでしょうか。 それは、明治以降といいたいところですが、…

  • 塩害を防ぎたい! 海風に強い屋根・外壁材の選び方

    塩害を防ぎたい! 海風に強い屋根・外壁材の選び方

    まだ劣化するほど古くないのに、屋根の金属部分がサビたり、外壁の塗装が剥げたり。 海沿いの地域でよく見られるこの「塩害」は、海水の蒸発によって空気に混じった塩分が海風に運ばれ、建物や自動車に付着することで起こります。 海の…

  • 切妻屋根とドームを持つ図書館「中之島図書館」 その屋根材は?

    切妻屋根とドームを持つ図書館「中之島図書館」 その屋根材は?

      築100年を超えて現役の図書館 日本に西洋の建築技術が入ってきたのは、江戸時代末期の19世紀後半ごろ。明治時代以降には、国内外の建築家たちにより歴史に残る西洋風の名建築が数多く建てられるようになりました。そ…

  • 日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    日本の住宅では昔から、屋根瓦を取り付けたタイプが主流となってきました。ひとくちに屋根瓦といってもいくつか種類があり、昔ながらの日本瓦の他に「セメント瓦」と言われる商品があります。ぱっと見たところの大きな違いはありませんが…

  • シンプルモダン、それとも和風? ガルバリウム鋼板でデザインにこだわる家づくり

    シンプルモダン、それとも和風? ガルバリウム鋼板でデザインにこだわる家づくり

    人気の住宅スタイル、シンプルモダンとは 住宅の建築デザインには、さまざまなスタイルがあります。いつまでも暮らしやすく、飽きのこないおしゃれなデザインの家をつくりたいと思ったら、どのようなスタイルにすればいいのでしょう? …

  • 保険を適応できる場合もあり!瓦のひび割れの原因と修理費用の目安

    保険を適応できる場合もあり!瓦のひび割れの原因と修理費用の目安

    屋根の瓦にひび、割れが見つかったときは、早めの修理を心がけるべきです。放置していれば雨漏りや、ひどい場合は屋根の崩落などの危険性にもさらされます。瓦を修理するには業者に依頼するのが最善の策ですが、今回は自分で修理する方法…

  • 屋根の強風・台風対策って屋根材によって違うって、ホント?

    屋根の強風・台風対策って屋根材によって違うって、ホント?

    台風から家を守るには 近年、台風が大型化し北上することが多くなりました。そのため、これまであまり台風が来ないとされてきた地域にも被害が及ぶようになっています。日本中どこでも、台風の強風による被害を受ける可能性があるという…

  • 歴史と現代に見る自然派の屋根材

    歴史と現代に見る自然派の屋根材

    日本で初めての屋根 飛騨高山の白川郷に代表される茅葺きの屋根の家並みは日本の原風景ともいわれます。そんな茅葺き屋根の材料「茅」ですが、これは特定の植物ではなく、ススキなどのイネ科の植物の総称です。この草で葺いた屋根を総じ…

  • ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    金属瓦は現代の屋根材? 日本建築の屋根といえば、いぶし銀といわれる黒っぽいグレーの瓦屋根を思い浮かべる方も多いでしょう。一方で、最近は、和風の住宅の屋根にガルバリウム鋼板の金属瓦を使うケースが見られます。 ガルバリウム鋼…

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    モデル・香菜子さんインタビュー:使ってみて分かる本当に良いものの美しさ

    モデル・香菜子さんインタビュー:使ってみて分かる本当に良いものの美しさ

    モデル、イラストレーター、デザイナーと、いくつもの顔を持つ香菜子さん。二児の母でもある彼女は、本当に欲しいものを自分で作り、自然体のライフスタイルを実践することで、多くの女性からの支持を得ています。そんな彼女に、ご自身の…

  • 屋根材

    シンプルモダン、それとも和風? ガルバリウム鋼板でデザインにこだわる家づくり

    シンプルモダン、それとも和風? ガルバリウム鋼板でデザインにこだわる家づくり

    人気の住宅スタイル、シンプルモダンとは 住宅の建築デザインには、さまざまなスタイルがあります。いつまでも暮らしやすく、飽きのこないおしゃれなデザインの家をつくりたいと思ったら、どのようなスタイルにすればいいのでしょう? …

  • 屋根

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    住宅の外観デザインのポイントは これから家を建てることになったら、家の中も外も思い通りのデザインにしたいですね。このごろは、立地環境やライフスタイルにあわせて、住宅の外観にこだわる人が増えています。道行く人が感心するよう…

  • メンテナンス

    外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

    外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

    外壁の塗装メンテナンスが必要な理由 ご自宅の外壁が色あせてきたり、汚れが目立ってきたりすれば、それは塗替えメンテナンスが必要なサインかもしれません。外壁は、屋根とともに住まいを雨風や直射日光から守ってくれる大切な部分。外…

  • 耐震

    耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームの重要なポイントとは この春で東日本大震災から5年になりますが、マイホームの耐震性については、気に留めておきたいものです。戸建住宅の耐震性を考える上で、何に気をつければ良いのでしょう。 よく言われているポイ…

  • ライフスタイル

    景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    美しい街並を作り出すものとは ぬけるような青い空に映えるオレンジ色の屋根と白い壁の家並、??そんな南欧の街並にあこがれる人は少なくないでしょう。地中海の青い空と美しいコントラストを作り出している屋根はテラコッタと呼ばれる…

  • 屋根材

    今も国宝を守る日本最古の瓦屋根とは

    今も国宝を守る日本最古の瓦屋根とは

    瓦屋根はいつからあるの? 昔からこの国で住宅に最も多く使われてきた屋根材といえば、瓦ではないでしょうか。銅やガルバリウム鋼板でできた金属瓦、最近は樹脂製の瓦などもありますが、本来、瓦とは粘土を成形し焼いたものを指します。…

  • 耐震

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    地震のとき、重い屋根は不安?それとも大丈夫? この数年間、日本列島では大きな地震が相次いでいます。わが家の耐震性はどうなのか気になっている戸建住宅のオーナーも多いのではないでしょうか。 木造住宅については、屋根が重いと地…

  • 屋根材

    災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

    災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

    東大に江戸時代の瓦屋根 日本を代表する最高学府、東京大学。その本郷キャンパスのシンボルとなっているのが、通称「赤門」です。江戸時代後期に建てられたものですが、もともとは何の門だったのか、ご存知ですか? 赤門は、旧加賀藩の…

  • 屋根材

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    ユニークな異人館 異国情緒ただよう神戸市北野地区の異人館街には、歴史ある美しい洋館が立ち並びます。これらの洋館が異人館と呼ばれるのは、幕末や明治時代以降に欧米人の住居として建てられたためです。北野の異人館には、贅を尽くし…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ