屋根から伝わる熱を遮断できる? 屋根の遮熱方法

夏になると家の中はどうしても暑くなってしまいますよね。 でも、室内が暑いのは外の気温のせいだけではありません。実は、家の作りによって、室内がとても暑くなってしまう場合があります。ここでは夏に室内が暑くなってしまう原因や、室内の暑さ対策に有効な屋根の遮熱方法をご紹介します。

夏に室内が暑くなってしまう理由

日本の夏は世界の中でも湿度が高く、ジメジメとした不快な暑さになります。年々、最高気温も上昇傾向にあることから、昔と比べて「なんだか過ごしづらくなったな」と感じる方もいるかもしれません。

そもそも、どうして室内が暑くなってしまうのでしょうか。原因の一つは家の中の風通しにあります。風通しが悪い場合、熱気がこもりやすくなってしまうだけでなく、体感温度も上昇します。例えば、同じ温度でも、風がある場合とない場合とでは体感温度は2~3℃も違うと言われています。

また、もう一つの原因として屋根から熱が伝わることが挙げられます。真夏の暑い日の瓦 は、手で触れることができないほど熱くなっています。屋根が吸収した熱は次第に室内に伝わっていき、室温を上昇させてしまいます。

暑くなりやすい家の特徴とは?


室内温度が高くなりやすい家にはいくつかの特徴があります。例えば、屋根の色や屋根材が黒い場合、より太陽の熱を集めてしまうため、室内温度が高くなりやすいでしょう。また、リビングや階段が吹き抜け構造になっている家も、暑くなりやすい傾向があります。吹き抜け構造にすると天井高が高くなるため、家の中の温度を一定に保つことが難しく、部屋全体を涼しくするために時間とエネルギーが多く必要になってしまうからです。

室内の暑さ対策に効果的な屋根の遮熱方法


室内の温度を上げないようにするためには、屋根が熱を吸収しないように遮熱することが効果的です。ここでは屋根の遮熱方法について紹介します。

・屋根の上、もしくは屋根裏に遮熱シートを敷く
遮熱専用シートを屋根材の下に敷くことで、遮熱効果が得られます。遮熱専用シートが販売されてはいますが、自分では作業が難しいため、屋根のリフォーム時に専門業者に依頼するのがいいでしょう。

・屋根材を変更する
屋根材を変更することで遮熱効果を高めることも可能です。日本瓦は黒や紺色など濃紺色のものが多く、熱を吸収しやすい傾向があります。そのため濃紺色の瓦を避け、オレンジやベージュ系の洋瓦に変更することで、屋根材の熱吸収率を下げることができます。また、一部の金属屋根には遮熱機能を兼ね備えた遮熱機能搭載屋根材と言うものがあります。こちらも遮熱効果が高いため、思い切って張り替えを検討するのもいいでしょう。

・屋根を遮熱塗料で塗り替える
屋根用の塗料は日々進化おり、現在では遮熱用の塗装剤という遮熱に効果的な成分を含んでいる塗料があります。住宅リフォームだけではなく、屋根の塗り替えでも用いられており、塗装の塗り替えをするだけでも効果的に屋根の遮熱を行うことができます。

遮熱塗料の効果はどのくらい?

上記でご紹介した遮熱塗料ですが、果たしてどの程度の効果を得ることができるのでしょうか。
エスケー化研の汎用塗料と遮熱塗料における平均温度の比較実験によると、なんと汎用塗料よりも遮熱塗料のほうが、室内温度を4.6℃も下げたという結果が出ています。

室内温度が下がることで、まず恩恵を実感するのは空調などの光熱費でしょう。例えば、エアコンの光熱費は室内温度が1℃下がれば10%軽減できると言われており、遮熱塗料で室内温度を下げることができれば、塗装の塗り替えによるコストメリットは大きくなります。

室内温度を一定に保つのが難しい吹き抜け構造の家の場合、定期的に遮熱塗料の塗り替えメンテナンスを行うことが有効な室内温度対策となり得るでしょう。

屋根を遮熱して室温を下げる方法はいくつかあるものの、特におすすめできるのが遮熱塗料での塗り替えです。どの屋根材、どの構造でも手軽にできる室内の暑さ対策なので、暑さに悩んでいる人は遮熱塗料の塗り替えをぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

屋根のおすすめ記事

  • 賢く使おう! 屋根のリフォームで使える助成金・補助金について

    賢く使おう! 屋根のリフォームで使える助成金・補助金について

    日々、強い日差しや風雨に晒され続けている屋根。年月が経てば劣化や破損は避けられないものです。しかしながら、いざ「リフォームを」と考えてはみても、屋根の重ね葺きや葺き替えにかかる費用は100万円を超える場合もあり、とても手…

  • 火災保険が使えるって本当? 火災保険で屋根工事を行う方法とは

    火災保険が使えるって本当? 火災保険で屋根工事を行う方法とは

    住宅ローンを組む際に加入義務があったため火災保険に加入している、という方も多いでしょう。実はこの火災保険、火災が起きたときだけに利用できる保険ではないのです。場合によっては火災保険を使って屋根工事を行うこともできます。こ…

  • 台風前に対策しよう!強風で屋根が飛ぶ前にしておくべきこと

    台風前に対策しよう!強風で屋根が飛ぶ前にしておくべきこと

    強風が原因で屋根が飛ぶ、ということがあります。気象庁の「風の強さと吹き方」の定義によると平均風速が15m/s(風に向かって歩くのが困難な状態)を超えると屋根被害の可能性が現れ始めるとされています。また、平成3年の台風19…

  • 家がおしゃれになる! 屋根にドーマーをつけるメリットと注意点

    家がおしゃれになる! 屋根にドーマーをつけるメリットと注意点

    ドーマーとは屋根の上に突き出すように設置された「屋根窓」のことです。設置することで家の外観が欧米風のおしゃれなものに生まれ変わり、機能性も向上します。 その一方、ドーマーには注意点もあるため、導入にあたってはよく考慮する…

  • 屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の塗替えをする理由は? 日本の夏といえば、台風がつきもの。台風をはじめとする自然災害が多い日本の住宅においては、屋根メンテナンスをきちんとすることが家の寿命を伸ばす秘訣になります。屋根はつねに紫外線や風雨に直接さらさ…

  • 屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    東京駅の屋根に注目 日本の首都・東京の玄関といえる東京駅。保存復原プロジェクトにより、2012年に丸の内駅舎が創建当時の姿を取り戻しました。国の重要文化財でもある駅舎ですが、駅として日々機能しながら、観光スポットとしても…

  • 軒の出幅や屋根勾配ってなに? 新築の屋根工事で大切なこと

    軒の出幅や屋根勾配ってなに? 新築の屋根工事で大切なこと

    屋根は家づくりの重要ポイント 屋根は、住まいを直射日光や雨風から守ってくれる大切な部分です。屋根をどう作るかで、住宅の性能や外観のイメージにも大きく関係します。このように家づくりにおいて屋根は重要なポイントといえますが、…

  • 屋根の縦葺きと横葺きの違いって? それぞれの特徴

    屋根の縦葺きと横葺きの違いって? それぞれの特徴

    全国的に採用が伸びてきている金属屋根。建物に合った様々なデザインが楽しめるのが魅力のひとつですが、特に多く採用されている2大デザインは「縦葺き」「横葺き」です。 屋根の外観がストライプ(縦じま)に見えるものが「縦葺き」、…

  • 屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    姫路城の屋根の色は白? それともグレー? 国宝であり、日本で初めての世界遺産である姫路城は、白鷺城(はくろじょう、しらさぎじょう)とも呼ばれ親しまれてきました。そう呼ばれるゆえんは、天守群のシルエットが、まるで鳥のシラサ…

  • ウッドデッキと屋根で作る開放感あるライフスタイル

    ウッドデッキと屋根で作る開放感あるライフスタイル

    ライフスタイルを広げるスペースとは 断熱性の高い現代の住宅の室内は冷暖房がよく効き、季節を問わず暮らしやすくなっています。そうはいっても、気候の良い時期には、住まいの中に自然の風や光を取り入れたいもの。 屋内と外をつなぐ…

その他のおすすめ記事

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ