Supported by NIPPON STEEL 日鉄鋼板株式会社

屋根と暮らしのスタイルマガジンRoofstyle

フローリングにはどんな種類がある? 床材の種類と特徴

住宅リフォームで人気のプランと言えば、やはりフローリングの張替えではないでしょうか。フローリングを新しいものに変更するだけで、室内の印象を大きく変えることができます。ここでは、フローリングの種類やその他の床材、特徴などについてご紹介します。ぜひフローリングの張替えリフォームを検討する際に参考にしてみてください。

フローリングの種類


一口にフローリングといっても実際にはさまざまな種類があります。選ぶフローリング材によって見た目の印象も機能性も異なるため、自分が求めている部屋のイメージを具体化させた上で、フローリング材を選定するようにしましょう。ここでは、フローリングの代表的な種類とそれぞれの特徴についてご紹介します。

・無垢フローリング
無垢材を使用したフローリング材を、無垢フローリングと呼びます。無垢材というのは一つの木材から削り出した材料のことで、近年では無垢材を使用した住宅なども高い人気を誇っており、自然住宅を打ち出しているハウスメーカー、リフォーム会社の場合には無垢材をメインに使用していることが多くあります。無垢フローリングは木材が本来持つ木の風合いを感じることができ、高級感のある仕上がりになって、家に温かみがでるのが特徴です。

・複合フローリング
複合フローリングとは複数の木材を組み合わせることで造られたフローリング材です。広く普及しているタイプのフローリング材で、実にさまざまな製品が流通しています。基材と呼ばれる木材に化粧材を貼り合わして作られており、複数枚の層から成り立っていることが特徴と言えるでしょう。無垢材に比べて安価で、耐傷性や断熱性に優れています。

フローリング以外の床材

家庭内ではフローリング以外に、下記のような床材(フロア材)が使われることもあります。フローリングでは自分の望んでいる生活スタイルとマッチしないという場合には、以下のような床材も検討してみると良いでしょう。

・クッションフロア
2~3mm程度の厚みのクッション材を用いたフロア材です。防水性に優れていることが最大の特徴で、主に水回りに用いられることが多い素材です。洗面脱衣所やトイレなどに使用されることが多く、柄の種類も多いことが特徴と言えるでしょう。施工するときには合板下地に専用の接着剤を塗布し、その上にクッションフロアを貼ります。巾木との取り合い部分にはコーキングを使用して防水性を高めることもあります。

・コルク
近年床材として注目を集めているのがコルクです。コルクはコストがやや高いものの保温性に優れており、最近では浴室の床材に防水コルクが用いられることも増えています。小さなお子さんがいる家庭などでも、階下への騒音防止のためにコルクを採用することがあります。

・タイル
タイルも床材としてはメジャーです。もっとも多く用いられてきたのは浴室の床ですが、現在ではデザイナーズ住宅の内装床材として、大きなタイプのタイルフロアが用いられることもあります。防水性に優れているのはもちろん、高級感のある仕上がりになるという特徴があります。ただ、どうしても冬場などはフローリング材より足元が冷える傾向があります。

・天然繊維タイル
ココヤシや麻といった素材をタイルにした床材も近年普及しつつあります。天然の素材をタイル状にしていることが特徴で、自然住宅とのマッチングは良いでしょう。タイルといっても陶器製のタイルではないため保温性にも優れています。

フローリング材の選び方


フローリング材を選ぶときに何を基準にすれば良いのか、どんな目安があるのか知りたいという方もいるでしょう。フローリング材を選ぶときは以下のような観点から選ぶと、失敗も少ないのではないでしょうか。

・ライフスタイルや家族構成を考えて選ぶ
自分自身はもちろんですが、家族や同居する方のライフスタイルも考慮しましょう。例えば、小さいお子さんがいる家庭では、子供が床をひっかいたり、いたずらをしてしまう可能性があるので、無垢フローリングよりは複合フローリングのほうが適しているでしょう。また、お年寄りがいる家庭だとコルクや天然繊維タイルのフローリング材がおすすめです。比較的柔らかいフローリング材のため、転倒してしまったときに大事に至る可能性を軽減できるかもしれません。

・部屋の用途から選ぶ
使用する部屋の用途から選ぶことも大切です。例えば、洗面脱衣所など、水にぬれる危険がある場合には複合フローリングはあまり適しません。水がかかってしまったり、湿気が多くなる場合はクッションフロアや陶器タイルがおすすめです。

・部屋の雰囲気で選ぶ
機能性だけでなく部屋の雰囲気に合わせてフローリング材を選ぶのも良いでしょう。毎日過ごすことになるため、雰囲気や見た目も大事な要素です。

一言に床材といってもいろいろな種類がありますし、それぞれに特徴があります。住宅のリフォームやリノベーション、建て替えなどを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

記事についてお気軽に
お問い合わせください。

お問い合わせ

ライフスタイルのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

金属素材を使った建築をご紹介

快適な暮らしと美しい未来づくりへ

金属屋根を選ぶ3つの理由

Popular Keyword

PAGETOP