空き家をリフォーム、リノベーションして居住するメリット

近年、全国的に増え続けている空き家。総務省が発表した平成25年度住宅・土地統計調査のデータでも、空き家率は過去最高の13.5%となっています(※1) 。なぜ、いま空き家が増えてきているのでしょうか。ここでは、空き家が増えている理由や空き家をリノベーションして居住するメリットなどについてご紹介します。

空き家が増えている理由

空き家が増えている要因として、まず考えられるのが日本全体の人口減少です。ただ、人口は減少している一方で世帯数は増加しており(※2) 、単純に人口減少が原因だとは言い切ることができません。

実は、もう一つの大きな要因としてあげられるのが、日本人の「新築信仰」です。日本は欧米諸国と比較して、販売戸数に対する中古物件の割合が低く、新築物件の人気が非常に高くなっています。石造りの住宅が多く、年月を経ている物件の方が価値が高くなる、という国もある欧米諸国では、中古物件を改良して長く住むという文化が根付いています。
一方、日本では古い物件であるほど評価額は低くなります。古くから木造建築が主流であった日本の住宅は、年月を経ている物件=経年劣化している物件というイメージが強く、実際、戦後から高度経済成長期頃の住宅不足時に建てられた住宅の質を考えると、あながち間違いとも言えません。
また、近年の日本人の欧米風のライフスタイルに古い物件が合っていないこともあり、「新築信仰」が高いと言われています。
さらに、取り壊すにしても建物の解体費用や整地費用が必要になる上に、日本の固定資産税は土地に家屋が建っている場合、建っていない場合と比べて、原則、税金が安くなります。そうなると、いっそのこと空き家のままにしておこう、と考えても不思議ではありません。
中古物件の購入を検討している方としても、その物件が1981年に施行された『建築基準法施行令改正』における新耐震基準を満たしていない場合、そのまま住むことは難しいので建て替えをすることになります。気に入った土地に自分たちに合った家を建てることができるものの、中古物件の購入費用に加えて建て替えの費用も必要になります。築浅の中古物件を購入する場合に比べ、新居に移るまでに時間もかかってしまいますので、どちらがより良いか慎重に検討した上でなければ、古い物件の購入にはなかなか踏み切れないというのも一因と言えるでしょう。

空き家を空き家のままで維持するデメリット

売りに出すのも取り壊すのも難しく、空き家のままにしておく場合、デメリットはあるのでしょうか。
空き家を放置した場合のデメリットとして、治安の悪化が挙げられるでしょう。不法侵入が簡単にできてしまう上に気づかれにくいため、不審者が身を潜めたり違法取引の場所に使われたりする等、犯罪の温床となってしまう可能性があります。空き家が放火の被害に遭ってしまい、周囲の住宅にも大きな損害を与えた場合は、所有者の責任が問われて損害賠償を求められる可能性もあります。
その他、災害や老朽化で瓦や外壁が崩れ、第三者に危害を与えるリスクも考えられます。ごみの不法投棄による衛生面の悪化や、野良犬や野良猫、鳥、虫が棲みつき、近隣の住民に迷惑を及ぼすケースも発生しています。空き家をそのまま放置してしまうと、想像以上に深刻な被害を生み出してしまう可能性があるのです。

日本政府も空き家問題に対し、「空き家対策特別措置法」を2015年に制定して、こういった状況の本格的な改善に乗り出しています。

空き家をリフォーム、リノベーションして居住するメリット


さまざまなデメリットがある空き家問題。可能であればリフォームやリノベーションをしたほうが良いでしょう。ここでは空き家をリフォーム、リノベーションして居住するメリットについてお伝えします。

まず、更地にするだけでも費用がかかることを考えると、空き家をリフォームやリノベーションして付加価値をつけ、建物の資産価値を高めたほうが良いでしょう。仮に自分で居住をしなくなった場合でも、賃貸物件として貸し出すこともできます。近年ではシェアハウスやテラスハウスなどが有名になり、リフォームやリノベーションした一戸建て住宅の人気が再燃しています。また、ペットと一緒に住みたい人の増加により、規則の厳しい集合住宅を敬遠する人も増えています。賃貸市場の規模が年々低下していく中、一戸建ての賃貸物件は高い稼働率で推移しているのです。

空き家のリノベーションにかかる費用


実際に空き家をリノベーションする場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。ここでは一つ事例を出してご紹介したいと思います。

完全な空き家になっている住宅をフルリノベーションする場合、1㎡あたり10~15万円が一般的なボリュームゾーンになりますが、既存の設備を活かすのか、こだわりポイントを入れるのか等で単価は変わってきます。40坪程度の住宅だと132㎡ですので、平均的相場の10万円で計算すると1,320万円になります。使える部分はそのまま使用したり、既製品を取り入れることで価格を抑えることも可能です。リノベーションは高すぎると感じる方は、リノベーション業者があらかじめ素材やデザインをパターン化した中から組み合わせる「セレクト型リノベーション」もありますので、こういった方法も検討をしてみると良いでしょう。

空き家を放置してしまうとさまざまなリスクがあります。そのまま放置するより、資産価値向上のためにもリフォーム・リノベーションを検討してみてはいかがでしょうか。まずはリノベーション業者のサイトで事例を探し、無料見積りを利用してみましょう。

※1平成25年住宅・土地統計調査(速報集計)結果の要約
http://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2013/pdf/yoyaku.pdf

※2世帯数と世帯人員の状況
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa16/dl/02.pdf

リフォームのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    スタイリッシュな住宅の外観作りのために

    スタイリッシュな住宅の外観作りのために

    外観イメージを決めるものとは 住宅の外観イメージは住まいの「顔」ともいえる大切なもの。家を新築したり、外装のリフォームをすることになったら、景観にほどよくマッチし、住む人はもちろん訪れる人にも好印象を与える外観にしたいで…

  • メンテナンス

    住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるために大切なこと 春の花が咲き、過ごしやすい季節になりました。比較的気候が穏やかに安定しているこの時期に、ご自宅のお手入れについて考えてみてはいかがでしょう。いつまでも快適に暮らすために、マイホームは…

  • ライフスタイル

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールという考え方 家は快適に暮らすための場所であるのはもちろんですが、住む人のセンスやライフスタイルを表現できる場でもあります。おしゃれな家づくりをするなら、内装から外観までトータルにコーディネートしたいもので…

  • リフォーム

    外装リフォームのときには防犯のことも考えよう

    外装リフォームのときには防犯のことも考えよう

    秋冬は空き巣が増える!? このところ、朝夕冷え込むようになってきましたね。衣類を入れ替えたり、暖房器具を出したり、冬への準備をされるご家庭も多いと思います。これに加え、この時期に気をつけていただきたいことがあります。 そ…

  • 屋根材

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    外壁サイディングってなに? 家を建てたり、外装のリフォームをすることになったら、屋根や外壁にどのような材料を使うかが大きなポイントになります。材料によって建物全体の外観イメージが大きく変わりますし、その後の維持メンテナン…

  • リフォーム

    外装リフォームのお得なタイミングの見極め方

    外装リフォームのお得なタイミングの見極め方

    修繕計画を立てて効率よいメンテナンスを 日銀のマイナス金利政策の影響で、預金利息がほぼ0%になっています。貯めて増やすのがむずかしい時代になりましたが、ご自宅の修繕資金は計画されていますか? うちは戸建てなので、マンショ…

  • リフォーム

    「在宅時」にも要注意!外装リフォームのときに考えたい今どきの防犯事情

    「在宅時」にも要注意!外装リフォームのときに考えたい今どきの防犯事情

    今どきの防犯事情は在宅時がポイント 建物全体で防犯対策をするマンションと違い、戸建住宅では個別の防犯対策が必要です。特に注意したいのが侵入や窃盗犯ですが、近年は防犯意識の高まりからか防犯設備やホームセキュリティを取り入れ…

  • 屋根材

    屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

    屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

    ハイグレードな塗装鋼板とは 近年、住宅の外壁や屋根といった外装の材料として普及が進むガルバリウム鋼板をご存知でしょうか? 鋼板でありながら、サビに強く高い耐久性があり、金属特有の軽さから耐震性にもすぐれた建材です。このよ…

  • メンテナンス

    現代の住宅の大敵、雨漏り・湿気はどう防ぐ?

    現代の住宅の大敵、雨漏り・湿気はどう防ぐ?

    雨漏りや湿気が家の大敵なのは、どうして? 梅雨の時期は、どうしても湿度が高くなります。 また、雨漏りも気になるもの。現代の住宅では、湿気や雨漏りは建物に大きなダメージを与える可能性がある大敵です。 その理由は、断熱と気密…

  • 屋根

    屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    外観イメージを左右する屋根の色 屋根の塗替えリフォームをすることになったら、どのように色を選べばいいのでしょう? 屋根は外壁とともに、住宅の外観イメージを構成する主要な部分。屋根の色選びによって、家の見た目は大きく変わり…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ