部屋が広くなる? 屋根裏をリフォームするメリットや注意点

リフォーム工事の一つである屋根裏リフォーム。きっと、あなたも屋根裏のデッドスペースを有効活用したいと思ってこの記事をご覧になっていることでしょう。屋根裏に秘密基地のような部屋ができたらなんだかワクワクしますよね。でも、屋根裏リフォームのメリットは、居住スペースを増やせることだけではありません。今回は屋根裏をリフォームするメリットや注意点などについてご紹介していきます。

屋根裏とは

屋根裏以外にも「小屋裏」「天井裏」「グルニエ」といった言葉を聞いたことはありませんか?実は、全て天井と屋根の間にできているスペースのことを指しますので同じ意味になります(ちなみに、グルニエは屋根裏のフランス語です)。ただし2階建て以上の建物の場合、「天井裏」は1階部分の天井の裏のスペースを指すこともあります。今回は屋根裏に言葉を統一してご説明していきます。

屋根裏の構造は合掌、母屋、隅木といったパーツで構成されています。また、屋根裏に入れるような点検口が設けられている住宅もあります。
屋根裏をリフォームする際のポイントが屋根の勾配(屋根の角度)です。屋根の勾配には急勾配(角度がきつく、屋根の高低差が大きい)と緩勾配(角度が緩く、屋根の高低差が低い)がありますが、急勾配のほうが屋根裏のスペースが広くなるため、様々なシーンで屋根裏を利用しやすくなります。しかし、屋根裏内の天井高が1.5mを超えると床面積にカウントされてしまうので、これから住まいを建てる方で、屋根を急勾配にして屋根裏スペースを広くとろうと考えている場合は注意が必要となります。
緩勾配の場合は増床というリフォーム工事を行うことで、スペースを広くすることができます。リフォームを検討している段階では屋根の勾配は既に決まっていると思いますので、緩勾配の家屋をお持ちの方は必要であれば増床を検討するのもいいでしょう。

屋根裏をリフォームするメリット


それでは、屋根裏をリフォームすることによって得られるメリットについてご紹介していきます。ここでは代表的な二つのメリットについてご説明しましょう。

・収納部屋や子供部屋にするなど新しい空間ができる
やはり、大きなメリットとして挙げられるのが部屋を増やす事ができるという点です。屋根裏に子供部屋を作ったら、子供も大喜びしそうですね。また、普段なかなか使わない荷物を収納する収納部屋であれば、緩勾配であまり屋根裏にスペースがなくても有効活用できそうです。

・静かな空間を手に入れることができる
屋根裏は家の中でも一番上の空間になりますので、他の居住者の足音などが気になりません。また、リビングや道路からも距離が離れるので、静かな空間を手に入れることができます。例えば、集中したい書斎や勉強部屋などに活用してみるのも良いでしょう。

・増築よりも費用が安く済む
部屋を増やしたい場合は増築というリフォーム工事が必要になります。増築は新しい空間を作り出す必要があるため、屋根リフォームに比べて費用が多くかかってしまいます。屋根裏リフォームはすでに存在する空間に手を加える工事のため、増築より安く新しい空間を手に入れられるのは大きなメリットでしょう。

屋根裏をリフォームする時の注意点


メリットの多い屋根裏のリフォームですが、いくつか注意すべきポイントもあります。一つ目の注意点は、きちんと遮熱、断熱を行わないと外気の影響を大きく受けてしまうということです。例えば夏場の場合、瓦の熱がそのまま伝わってくると屋根裏内はとても暑くなりますし、冬の場合は寒さの影響を強く受けてしまいます。通常屋根裏の壁面は断熱材が入っていないことが多いので、心地よく過ごせるようなスペースにするには新たに断熱処理をする必要があります。

また、急勾配の注意点で簡単に触れましたが、天井高が1.5mを超えると、床面積としてカウントされてしまうという問題があります。床面積が増えることによって注意なければならない点は主に2点です。

・床面積が増えることで、固定資産税が増加してしまう可能性がある
・床面積が増えることで、容積率※が上限を超えてしまわないようにする

ご自分の固定資産税を知りたい場合は最寄りの役所の納税課、または資産税課に行くと教えてくれます。ご自宅の容積率を確かめたい場合は、役所の建築指導課に問い合わせてみましょう。
※容積率とは敷地面積に対する建物の総床面積のことです

屋根裏部屋は、自宅のデッドスペースであるものの、きちんと改装すれば、工夫次第で子供部屋や収納部屋、書斎などさまざまな用途に活用することができます。 しかし、ご紹介したとおり屋根裏の空間はそのほかの居住スペース以上に外気の影響を受けるため、断熱や遮熱についてはしっかりと対策する必要があります。屋根裏リフォームを検討する場合は、専門業者に相談することがおすすめです。

リフォームのおすすめ記事

  • 家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家は永遠じゃない? 家を購入したり、建てたりしたなら、いつまでも快適に暮らしたいものですね。とはいえ、新築から10年以上経てば、何かしらメンテナンスや修繕が必要になってきます。 また、エアコンや給湯器などの住宅設備の多く…

  • リフォームの流れについて把握しよう

    リフォームの流れについて把握しよう

    もっと広々としたキッチンが欲しい、一日の疲れがとれる快適なバスルームを設置したい、などリフォームへの期待に胸を膨らませている人も多いでしょう。具体的にリフォームを進めようとした時に、いったいどのような流れで進めていけば良…

  • 自分らしい個性的な家にしたい。リノベーションのきっかけとは?

    自分らしい個性的な家にしたい。リノベーションのきっかけとは?

    個性的な家作りはライフスタイルへのこだわりから 持ち家のリノベーションのきっかけは、世帯によりさまざまです。とはいえ、どの世帯でも、年月によって家族構成やライフスタイルが変わります。 自宅のリフォームが必要になったら、そ…

  • 防音対策でリフォームを行うときのポイント

    防音対策でリフォームを行うときのポイント

    家で楽器の練習をしたり、ペットの鳴き声が近所に漏れないようにしたりと、防音対策をすることはご近所トラブルを防ぐ意味でとても重要です。しかし、防音対策としてリフォームを行うにあたっては、費用の問題をはじめさまざまな注意点が…

  • リフォーム向け物件の探し方とは? そのポイントを紹介

    リフォーム向け物件の探し方とは? そのポイントを紹介

    価格帯の低い中古住宅を購入し、設備や内装、間取りを自分好みにリフォーム、リノベーションする方が増えています。家族構成やライフスタイルにあわせた自由な家づくりを、新築よりも低価格で実現できることに魅力を感じているようです。…

  • 断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    外壁のリフォームが必要になったら 外壁は屋根とともに雨風から住まいを守ってくれる大切な部分です。そのため、外壁にはいろんな性能が求められますが、なかでも、快適に暮らすために重要になるのが断熱性です。断熱性が高ければ、冷暖…

  • リフォームでリビングに小上がり和室を作るメリット

    リフォームでリビングに小上がり和室を作るメリット

    リビングに小上がりの和室を作りたいと思ったことはありませんか?リビングなどに小上がりの和室があると、リラックスできる空間になりそうですよね。ここでは小上がりの和室を作るメリットや、作る際のポイントなどについてご紹介したい…

  • 快適な寝室にしよう! 寝室リフォームを行うときのポイント

    快適な寝室にしよう! 寝室リフォームを行うときのポイント

    睡眠は1日の中でも多くの時間を占めるため、とても重要な時間です。日々を快適に過ごすためにも良質な睡眠をとることが重要で、そのためには快適な睡眠環境が必要でしょう。そこで、おすすめなのが寝室のリフォームです。ここでは寝室リ…

  • 「雨漏りがなければ大丈夫」は大間違い! 屋根のリフォームのタイミングと方法は?

    「雨漏りがなければ大丈夫」は大間違い! 屋根のリフォームのタイミングと方法は?

    雨漏りしてからでは遅すぎる 家を構成する部位の中でも、屋根は直接雨風から住まいを守ってくれる重要な部分です。しかしながら、日ごろはあまり屋根のことを気にしていない人が多いのではないでしょうか? また、新築から何年も経過し…

その他のおすすめ記事

  • 屋根材

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    金属瓦は現代の屋根材? 日本建築の屋根といえば、いぶし銀といわれる黒っぽいグレーの瓦屋根を思い浮かべる方も多いでしょう。一方で、最近は、和風の住宅の屋根にガルバリウム鋼板の金属瓦を使うケースが見られます。 ガルバリウム鋼…

  • 屋根材

    あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    歴史あるフシギなお寺 東京の中でも、とりわけ江戸情緒が残る街・築地。 その象徴ともいえる、にぎやかな場外市場から1本の通りをへだてた場所にそのお寺はあります。江戸時代から続く歴史と由緒ある寺院ながら、一歩その境内に踏み入…

  • 屋根材

    瓦屋根にもいろいろあるってホント? 瓦の種類を知ろう

    瓦屋根にもいろいろあるってホント? 瓦の種類を知ろう

    瓦屋根の材料はいろいろある? 瓦屋根は、文字通り瓦で葺いた屋根のことです。日本各地どこの住宅地でもよく見かけ、古くから神社仏閣やお城の屋根にも使われてきました。このように、瓦は、私たち日本人にとってとてもなじみ深い屋根材…

  • リフォーム

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    浴室の施工法の違いとは? 自宅の浴室をリフォームすることになったら、快適でくつろげる場所にしたいものですね。ところで、浴室づくりといえば、ユニットバスが主流ですが、在来工法という選択肢もあるのをご存知ですか? 既成のパー…

  • 屋根

    大阪城の美しい緑の屋根をよみがえらせた、驚きの屋根修理とは

    大阪城の美しい緑の屋根をよみがえらせた、驚きの屋根修理とは

    大阪城の屋根材は? 古くから、商都・大阪のランドマークであり続ける大阪城。美しい緑の屋根がそのシンボルになっていますが、この屋根は何でできているかご存知ですか?屋根材としては立派な本瓦の形状をしていますが、緑色の瓦を葺い…

  • メンテナンス

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    かつての主流だった和風住宅から、洋風住宅へ。日本の建築様式の移り変わりと共に高い需要が続いている 屋根材が「スレート屋根」です。薄くて軽い板状の素材「スレート」を使用したスレート屋根の寿命は約20年~25年と言われていま…

  • 屋根材

    洋風の瓦がある? 洋瓦の種類とメンテナンス方法

    洋風の瓦がある? 洋瓦の種類とメンテナンス方法

    瓦と聞くと古い木造住宅の屋根に使われている日本瓦をイメージするかもしれませんが、近年では洋瓦を採用した住宅が増えています。洋瓦とはどういったものなのでしょうか。ここでは瓦の一種である洋瓦の特徴や種類、メンテナンス方法など…

  • 屋根材

    ご存知ですか?あの歴史的建造物の瓦屋根のヒミツ

    ご存知ですか?あの歴史的建造物の瓦屋根のヒミツ

    お城やお寺の意外な瓦屋根 日本のお城や神社仏閣などの屋根には古くから瓦が使われてきました。伝統的な日本の瓦といえば、黒やグレーの陶器瓦が一般的です。そして、伝統的な建築物には、本葺瓦がよく用いられます。また、いぶし銀とい…

  • リフォーム

    在来工法じゃなくてもできる? こだわりの浴室づくり

    在来工法じゃなくてもできる? こだわりの浴室づくり

    こだわりの浴室づくりなら、在来工法? 住まいの中でも浴室は、日々の疲れをいやし明日に向けてリフレッシュするための大切な場所。家を建てたり、リフォームしたりするなら「ホテルや旅館のようなお風呂にしたい!」と思う人も少なくな…

  • 屋根材

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根のデザインと屋根材選び 住まいを守る上で屋根はとても重要なものであり、さらには住宅の外装の大部分を占めることから、外観イメージにも大きく影響します。したがって、家を建てるときに、どのような屋根にするかは大きな問題です…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ