リフォームでリビングに小上がり和室を作るメリット

リビングに小上がりの和室を作りたいと思ったことはありませんか?リビングなどに小上がりの和室があると、リラックスできる空間になりそうですよね。ここでは小上がりの和室を作るメリットや、作る際のポイントなどについてご紹介したいと思います。

小上がりの和室とは?

まずは小上がりの和室についてご説明します。小上がりの和室とは少しだけ嵩の上がった和室のことを指しますが、現代ではほとんど高さをつけないリビング横などの和室も小上がりと呼ぶことがあります。

一般的な和室との違いですが、床が少し上がっていることから、より空間に奥行きを感じることが挙げられます。また、一般的な和室だと床柱や書院など凝った造りになっていることが多いのですが、小上がりの和室は簡素な造りになっている点も特徴です。畳も従来の畳ではなく、おしゃれな現代風の畳を使用しているケースも多くなってきています。

リフォームをする際にリビングに小上がり和室を作るメリット


小上がり和室を作るメリットの一つとして、収納スペースが増えることが挙げられます。小上がり和室では、段差部分に収納スペースを作ることができます。友人や知人などが突然自宅を訪れてくるときなども、リビングに散らかっている荷物をすぐ小上がりの和室の段差部分に一時的に収納することができるのです。

小上がりの和室は、その段差に気楽に腰掛けることができるのも魅力です。その場に滞在する時間が増え、腰を上げるのも地面に直接座っているときよりも楽になりますので、段差に座っての会話が増えるでしょう。このような形で、小上がり和室は家族のコミュニケーションの中心になるかもしれません。

また、小上がりにすると段差になっていることから、和室部分にリビングからのごみや埃などが入りにくいというメリットもあります。

リフォームをする際に小上がり和室を作るデメリット

小上がり和室を作るデメリットについてもご説明します。まず、ご自宅をバリアフリーにしたいと考えている人にとっては向いていません。

また、小上がり和室は小さな子どもの遊び場所になるかもしれませんので、ある程度の段差がある場合だとそこから落ちてしまう可能性があるので注意が必要でしょう。腰を掛けられるくらいの高さでも、小さな子どもだとケガをしてしまう恐れがあります。

小上がり和室があることで、 一般的な和室を設置した場合ほどではありませんが、間取りや作り方に工夫をすることで広さを演出することもできるので、専門業者に相談してみるのが良いかもしれません。

小上がり和室を作る際のポイント


小上がり和室を設置する場合は、どのようなものを収納するかを考えた上で段差の高さを決めることが大切です。段差部分に収納スペースを作る場合は30cm程度の高さは必要になるでしょう。段差部分に収納スペースを作らない場合でもある程度、小上がりには段差をつけたほうが良いでしょう。10cm程度の段差では小さな子どもは気づきにくく、頻繁につまずいてしまうかもしれません。

また、間仕切りをつけるかつけないかも検討ポイントとなってきます。小上がりをプライベートなスペースとして使用したければ間仕切りをつけたほうが良いですが、存在感が増してしまうので圧迫感が出てしまう恐れがあります。メリット・デメリットがあるので、ご自身のライフスタイルに合わせて選択されるのが良いと思います。

いかがでしょうか?リビングに小上がり和室を作るメリットはたくさんあります。小上がり和室ができれば、家族が団らんできる素敵な空間になるでしょう。ご紹介したポイントをご参考にリフォームの計画を進めてください。

リフォームのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    今どきのおしゃれな家に和室は不要?それとも必要?

    今どきのおしゃれな家に和室は不要?それとも必要?

    和室があれば、何かと便利? ライフスタイルの欧米化にともない、現代は和室のない家が増えています。これから家を建てるなら、欧米風のモダンな家にしたいと思う人も多いでしょう。そんなおしゃれな家には和室は不要かもしれません。 …

  • ライフスタイル

    見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    収納で個性的な住まいを演出? ライフスタイルにこだわった個性的な住まいにしたいと思う人は少なくないでしょう。特に戸建住宅なら、外観から内装まで、まるごと思い通りの家づくりができます。わが家の個性を演出するなら、内・外装の…

  • リフォーム

    リフォーム後のトラブルを避けるために、ライフスタイルとキッチンのタイプの関係を知っておこう

    リフォーム後のトラブルを避けるために、ライフスタイルとキッチンのタイプの関係を知っておこう

    キッチンのタイプ選びで大切なことは キッチンは家の中でも家事作業をする時間が長く、使い勝手によっては毎日の暮らしの快適さが違ってきます。それだけにリフォームのときには、何かとこだわりたい場所です。後から「こんなはずじゃな…

  • リフォーム

    リフォームのトラブルを少なくする「動線計画」って、なに?

    リフォームのトラブルを少なくする「動線計画」って、なに?

    リフォームトラブルと動線の関係 住宅のリフォームをする理由やきっかけは家庭によりさまざまですが、その目的は共通して、住宅の価値を向上させ、より暮らしやすくすることです。では、暮らしやすい住まいの条件とは、どのようなもので…

  • ライフスタイル

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールという考え方 家は快適に暮らすための場所であるのはもちろんですが、住む人のセンスやライフスタイルを表現できる場でもあります。おしゃれな家づくりをするなら、内装から外観までトータルにコーディネートしたいもので…

  • ライフスタイル

    使いやすい間取りでおしゃれな家に

    使いやすい間取りでおしゃれな家に

    おしゃれな家にするには間取りも重要? 家を新築したりリノベーションすることになったら、訪れた人がほめてくれるようなおしゃれな家にしたいですね。内外装のデザインはもちろん、壁紙や床材なども気になりますが、おしゃれな家づくり…

  • 耐震

    地震に強い家の条件とは

    地震に強い家の条件とは

    家に求められる耐震性能は? この国で住まいについて考えるとき、避けて通れないのが地震対策です。ここ数年でも、記憶に新しい大きな地震がありました。これから家を建てたり、購入するのなら、しっかりと耐震性能を見きわめたいもので…

  • リフォーム

    収納のリフォームトラブルを防ぐには

    収納のリフォームトラブルを防ぐには

    使いやすい収納をつくるには 何かとスペースが限られる日本の住宅事情では、収納に悩むご家庭は少なくないと思います。自宅をリフォームするのなら、後になって「収納が足りない」「なんとなくクローゼットが使いにくい」といったことは…

  • リフォーム

    初めてのリフォームを成功させるために

    初めてのリフォームを成功させるために

    リフォームって、どうするの? 気に入って購入したマイホームも、何年か暮らすうちに修繕や変更したい箇所が出てきます。そこで、リフォームを検討することになりますが、初めての場合は、どこ(誰)に依頼すればいいのか、どのように進…

  • ライフスタイル

    湿気やカビに悩まされない収納づくりのポイント

    湿気やカビに悩まされない収納づくりのポイント

    収納にはしっかりと湿気対策を 高温多湿の日本で快適な住まいをつくるには、湿気対策が重要になります。それは、居室だけではなく、収納についてもいえることです。家の中には、ふだんあまり開け閉めすることがない収納スペースもあるか…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ